自動車保険の補償内容に悩んだ時の標準的な補償内容を紹介

公開日:2015年10月31日

自動車保険を選ぶ際に補償内容を明確にする必要がありますが、補償内容は複雑でどのような補償にすればよいかというのはなかなかわからないですよね。

そこで当サイトでもおすすめの標準的な補償内容を紹介したいと思います。

特に特別な事情やこだわりがない方は、以下の標準的な補償内容から特約や補償の追加をしていただければと思います。

標準的な補償内容とは

■自動車保険の標準的な補償内容

補償 補償内容
相手への補償 対人賠償保険 無制限
対物賠償保険 無制限
対物超過修理費用 あり
自分への補償 人身傷害保険 3,000万円
車両保険 必要に応じて
自動車事故弁護士費用特約 あり

対人賠償保険、対物賠償保険は無制限が常識

対人賠償保険は人を死傷させた時の賠償で高額になるので「無制限」としましょう。

対物賠償は相手のものへの損害を賠償するものですが「無制限」としておきましょう。

1,000万円~3,000万円程度あれば十分と言われていますが、対物と言えども高額賠償があり、なにより無制限としても保険料は大きく変わりませんので対物も「無制限」がおすすめです。

また、対物賠償保険は無制限であっても、対象物の時価と同額までしか補償されません。相手の車の修理代が時価を超えるケースはありますので、対物賠償保険の補償額を超えた額を補償する対物超過修理費用も付帯させておくことでスムーズに事故解決に至ります。


人身傷害保険

自分方の損害についても補償が必要です。

自分の車に乗っている人への補償については人身傷害保険と搭乗者傷害保険という2種類がありますが、人身傷害保険に加入しておけば間違いないでしょう。

2つの保険の違いは人身傷害保険が発生した損害額全額を補償するのに対して、搭乗者傷害保険はけがの種類などに応じて決められた保険金が支払われるという点です。

その分人身傷害保険の方が保険料は高いですが、実際損害額を受け取れる方が安心ですので人身傷害保険が良いでしょう。

また人身傷害保険に加入するなら搭乗者傷害保険は不要です。

人身傷害保険の最低補償額は3,000万円ですが、十分だと思います。

治療費として考えると十分な額ですし、自分や配偶者が死亡した場合には生命保険の保険金もありますので人身傷害保険でカバーする必要はないと思います。

他人を同乗させて死亡させてしまった場合には対人賠償保険の対象となりますので人身傷害保険の額としては3,000万円で十分と考えます。

もちろん、3,000万円で不十分であるということであれば、人身傷害保険の補償額を上げるか、人身傷害保険とは別に保険金を受け取ることができる搭乗者傷害保険に加入することで補償を手厚くすることができます。

  • 人身傷害保険が発生した損害額全額を補償する
  • 搭乗者傷害保険はけがの種類に応じて決まった定額保険金が支払われる


車両保険は予算に応じて

車両保険は自分の車への補償がされる保険です。自分の車が新車や高い車の場合はつけたいですが、保険料が割高な点に注意が必要です。

中古車などの場合は車両保険はつけない、あるいはエコノミー+A型という選択がおすすめです。

保険金が支払われる場合も一定額を自己負担する免責金額を設定すると保険料が安くなりますので、予算に応じて車両保険を検討するのがよいでしょう。


もしもの時の自動車事故弁護士費用特約も付帯させておこう

自分に過失のない事故の場合、保険会社が示談交渉してくれないので、もらい事故などの時に示談交渉をしてくれる「自動車事故弁護士費用特約」もつけておくのが安心です。

もらい事故は事故全体の30%以上の割合で発生していますので、ないとは言えない事故で、自分で示談交渉したり弁護士費用を自己負担したりということは避けたいので付帯させておくのが一般的です。

■自動車保険の標準的な補償内容

補償 補償内容
相手への補償 対人賠償保険 無制限
対物賠償保険 無制限
対物超過修理費用 あり
自分への補償 人身傷害保険 3,000万円
車両保険 必要に応じて
自動車事故弁護士費用特約 あり

自分にあった補償内容がわかったら、複数の保険会社に見積もりをとって保険料を比較することで、保険料を節約することができます。


自分にあった一番安い自動車保険を見つける

自動車保険に入る時に一括見積りを利用したら、同じ保障内容で、保険料が100,500円⇒65,050円と35,450円も安くなりました。

保険スクエアbang!では最大19社の見積もりを一括で取ることができ、自分にあった保険が安く見つかります。

申込は3分ほどで終わります。

自動車保険の一括見積り(無料)

一括見積もりできる保険会社

  • あいおいニッセイ同和損保
  • アクサダイレクト
  • 朝日火災
  • イーデザイン損保
  • AIU保険
  • SBI損保
  • 共栄火災
  • セコム損保
  • セゾン自動車火災保険株式会社
  • GENERALI(ゼネラリ)
  • ソニー損保
  • 損保ジャパン日本興亜損保
  • そんぽ24
  • ZURICH(チューリッヒ)
  • 東京海上日動
  • 富士火災
  • 三井住友海上
  • 三井ダイレクト
  • 全労済


車を高く売るには無料の一括査定がおすすめ

私がヴォクシーを一括査定で複数の買取会社に査定依頼したら、一番高い会社と一番低い会社で差が36万5000円もありました。(下取り価格との差は50万円以上)

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、査定サービスの中で最も高額査定になりました。運営会社は東証一部上場企業、参加買取店はJADRI加盟店のみ(有名店で固めている)で安心です。

1分ほどの入力ですぐに高額査定の会社が分かり、概算額も申込完了後すぐにわかります。

買取価格の一括査定(無料)

一括見積もりできる保険会社

  • ガリバー
  • カーセブン
  • アップル
  • TAX(タックス)
  • COWCOW(カウカウ)
  • 8710(ハナテン)
  • BIGMOTOR(ビッグモーター)
  • JUMP(ジャンプ)
  • CBOY(シーボーイ)
  • car-bb(カービービー)
  • Woodstock(ウッドストック)
  • AUTOMAX(オートマックス)

サブコンテンツ

このページの先頭へ