搭乗者傷害補償保険の特徴と補償範囲

公開日:2015年9月30日

自動車保険の搭乗者傷害補償保険は、事故によって運転者や同乗者が死傷した場合の損害を補償する保険です。

補償額はけがの種類によってあらかじめ決まった額の補償が受けられる定額補償の保険で、事故の過失割合に関係なく補償がされる保険です。

事故の相手が無保険だったり賠償額を満たす保険に入っておらず支払い能力がない場合も搭乗者障害補償保険の対象になるので、
自動車事故を起こした際の運転者および同乗者の損害を幅広く補償する保険であるといえます。

また、保険を利用しても等級が下がりません。

■搭乗者障害補償保険の補償内容

死傷内容 補償額
死亡 死亡者1名につきあらかじめ決められた死亡保険金が支払われる
後遺障害 障害の程度に応じて設定された保険金の一定割合が後遺障害保険金として支払われる
けが 入院日額やけがの症状・種類によってあらかじめ決められた医療保険金が支払われる

具体的な補償内容は保険商品によって異なるので各保険の内容を確認する必要があります。

自動車保険における「自分への補償」をするための保険の代表格で、幅広く補償が受けられるため、対人賠償保険、対物賠償保険と合わせて任意保険を検討する際にまず加入すべき保険であるといえます。

■搭乗者障害補償保険の特徴

  • 事故の際の運転者および同乗者のけがや死亡の損害を補償する
  • 事故の過失割合に関係なく補償が受けられる
  • 相手に支払い能力がない場合の損害も補償が受けられる
  • 保険を使用しても等級が下がらない


自分にあった一番安い自動車保険を見つける

自動車保険に入る時に一括見積りを利用したら、同じ保障内容で、保険料が100,500円⇒65,050円と35,450円も安くなりました。

保険スクエアbang!では最大19社の見積もりを一括で取ることができ、自分にあった保険が安く見つかります。

申込は3分ほどで終わります。

自動車保険の一括見積り(無料)

一括見積もりできる保険会社

  • あいおいニッセイ同和損保
  • アクサダイレクト
  • 朝日火災
  • イーデザイン損保
  • AIU保険
  • SBI損保
  • 共栄火災
  • セコム損保
  • セゾン自動車火災保険株式会社
  • GENERALI(ゼネラリ)
  • ソニー損保
  • 損保ジャパン日本興亜損保
  • そんぽ24
  • ZURICH(チューリッヒ)
  • 東京海上日動
  • 富士火災
  • 三井住友海上
  • 三井ダイレクト
  • 全労済


車を高く売るには無料の一括査定がおすすめ

私がヴォクシーを一括査定で複数の買取会社に査定依頼したら、一番高い会社と一番低い会社で差が36万5000円もありました。(下取り価格との差は50万円以上)

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、査定サービスの中で最も高額査定になりました。運営会社は東証一部上場企業、参加買取店はJADRI加盟店のみ(有名店で固めている)で安心です。

1分ほどの入力ですぐに高額査定の会社が分かり、概算額も申込完了後すぐにわかります。

買取価格の一括査定(無料)

一括見積もりできる保険会社

  • ガリバー
  • カーセブン
  • アップル
  • TAX(タックス)
  • COWCOW(カウカウ)
  • 8710(ハナテン)
  • BIGMOTOR(ビッグモーター)
  • JUMP(ジャンプ)
  • CBOY(シーボーイ)
  • car-bb(カービービー)
  • Woodstock(ウッドストック)
  • AUTOMAX(オートマックス)

サブコンテンツ

このページの先頭へ