自動車事故の加害者になった場合の正しい対応と保険会社への連絡

公開日:2015年10月23日

自動車事故を起こしてしまった時はパニックになります。

特に自分が加害者になった場合は、この後のことや起こしたことの重大さから逃げたくなる気持ちが出てくる人もいるでしょう。

そのような時にパニックにならないように自動車事故の加害者となった場合の正しい対応について理解しておきましょう。

まずは安全第一

自動車事故を起こしてしまった場合に最優先で取り組むべきことは以下のことです。

  1. けが人がいる場合は、何よりも救護を優先
  2. 二次災害の防止
  3. 警察へ連絡して事故の届出をする
  4. 相手方の身元を確認する
  5. 保険会社へ事故連絡する

事故によってけが人がいる場合は何よりも人命救護を優先しましょう。救急車を呼び、場合によっては応急処置が必要であったりしますので臨機応変に対応しましょう。

意識がない場合など重傷の場合は基本あまり動かさないのが賢明ですが、事故を起こして倒れているのが道路上など危険な場所である場合は安全な場所へ移動させましょう。

けが人の救護が完了したら二次的な事故・災害を防ぐために安全措置を取ります。

後続車の追突などを防ぐために車を移動したり、発煙筒や停止表示板を利用して事故を周りのドライバーに伝えましょう。

その後警察に連絡をしましょう。保険金の支払には警察の事故証明が必要になるので、小さな事故であっても必ず警察を呼ぶようにしましょう。

また、今後のやり取りのため、相手方の氏名、連絡先、車の登録番号等を聞いておきます。その他に事故の目撃者などがいる場合は今後の協力を約束してもらい、同じように氏名、連絡先等を確認するようにしておきましょう。

そこまで完了したら保険会社に連絡をしましょう。保険会社の社員が事故現場にかけつけるということはありません。

ですので、不明点や今後の対応について質問をしておくと安心です。


事故翌日以降に必要な対応

  • お見舞い
  • 証拠の保管
  • 示談交渉

事故の加害者となっている場合は、事故の実況見分が終了したタイミングで被害者の方の状況を確認して、差支えなければお見舞いに行くようにしましょう。

お見舞いはマニュアル的に行うものではありませんが、被害者の方には大変な迷惑をかけているので、少し落ち着けば自然とそのような気持ちがわいてくると思います。

また証拠を保管しておくことも重要です。今後、事故の過失割合等を検証していくうえで事故の証拠は重要になってきますので、自分の状況がわかるような証拠はなおさら大事に保管しましょう。

なお、示談交渉は自分が加害者であれば保険会社が示談交渉してくれますので、お任せしつつ状況を定期的に報告してもらうようにしましょう。


その他の注意点

事故の加害者となった場合のその他の注意点は以下の点です。

  • 安易に示談に応じない
  • 自分の車も勝手に修理に出したりしない

まず、事故の当日に安易に示談に応じてはいけません。示談交渉は今後、保険会社がやってくれてある程度適切な過失割合、損害賠償に落ち着くことになります。

自分が加害者でも100%悪いわけではないので変に卑屈にならずにいましょう。本人たちだけで示談交渉をすると感情的になることもあるので、警察の実況見分後、保険会社に交渉を任せましょう。

変に示談に応じていたりすると保険会社から保険金が支払われなくなることにもなりかねませんので、要注意です。

また、自分の車でも勝手に修理に出したりはせず、必ず保険会社に確認をとってから行動するようにしましょう。

  • 安全確保が第一
  • 保険金の支払等、その後の手続きに必要な情報を集める
  • 安易に示談には応じない


自分にあった一番安い自動車保険を見つける

自動車保険に入る時に一括見積りを利用したら、同じ保障内容で、保険料が100,500円⇒65,050円と35,450円も安くなりました。

保険スクエアbang!では最大19社の見積もりを一括で取ることができ、自分にあった保険が安く見つかります。

申込は3分ほどで終わります。

自動車保険の一括見積り(無料)

一括見積もりできる保険会社

  • あいおいニッセイ同和損保
  • アクサダイレクト
  • 朝日火災
  • イーデザイン損保
  • AIU保険
  • SBI損保
  • 共栄火災
  • セコム損保
  • セゾン自動車火災保険株式会社
  • GENERALI(ゼネラリ)
  • ソニー損保
  • 損保ジャパン日本興亜損保
  • そんぽ24
  • ZURICH(チューリッヒ)
  • 東京海上日動
  • 富士火災
  • 三井住友海上
  • 三井ダイレクト
  • 全労済


車を高く売るには無料の一括査定がおすすめ

私がヴォクシーを一括査定で複数の買取会社に査定依頼したら、一番高い会社と一番低い会社で差が36万5000円もありました。(下取り価格との差は50万円以上)

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、査定サービスの中で最も高額査定になりました。運営会社は東証一部上場企業、参加買取店はJADRI加盟店のみ(有名店で固めている)で安心です。

1分ほどの入力ですぐに高額査定の会社が分かり、概算額も申込完了後すぐにわかります。

買取価格の一括査定(無料)

一括見積もりできる保険会社

  • ガリバー
  • カーセブン
  • アップル
  • TAX(タックス)
  • COWCOW(カウカウ)
  • 8710(ハナテン)
  • BIGMOTOR(ビッグモーター)
  • JUMP(ジャンプ)
  • CBOY(シーボーイ)
  • car-bb(カービービー)
  • Woodstock(ウッドストック)
  • AUTOMAX(オートマックス)

サブコンテンツ

このページの先頭へ