交通事故にあった時にまずすべき対応

公開日:2015年9月30日

万が一交通事故にあってしまった場合、多くの方がパニックになりやるべきことが分からなくなってしまいます。

事前に理解しておき、いざ事故に遭遇した時に冷静な対応がとれるように事故にあった時にまずやるべきことをまとめましたので参考にしてください。

交通事故にあった時の対応

交通事故にあった時に必要となる対応は以下の通りです。冷静に考えると当たり前のことですが、とにかくまずは以下のことをやるようにしましょう。

  1. けが人がいる場合は、何よりも救護を優先
  2. 警察へ連絡して事故の届出をする
  3. 相手方の身元を確認する
  4. 保険会社へ事故連絡する


1.けが人がいる場合は、何よりも救護を優先

交通事故の際に、けが人が出ている場合は何よりまずはけが人の救護をします。

救急車を呼び、必要に応じて応急処置をします。

応急処置は場合によっては逆効果となることもあるので、知識があやふやな場合は下手に触れずに救急車を待ちましょう。


2.警察へ連絡して事故の届出をする

次に警察へ連絡して事故の届出をしましょう。

軽微な事故の場合や相手が警察への連絡を渋ることもありますが、
警察へは些細な事故でも事故の届出をしましょう。

保険金の支払いに必要な「事故証明書」は警察に発行してもらう必要があるので、
警察に届け出をしていないと証明書が発行されず保険金が支払われるケースでも支払いができなくなる可能性があるからです。

ということで事故にあったら必ず警察に届け出ましょう。


3.相手方の身元を確認する

また相手方の身元や情報を確認することも忘れないようにしましょう。

同じように相手にとっては自分の情報を確認する必要があるので、事故にあった場合はお互いの氏名、住所、電話番号、生年月日、勤務先、車のナンバーなどを確認しておきましょう。

相手の保険会社(自賠責保険・任意保険)の情報がわかる場合は保険証券番号や連絡先を確認しておくと後の交渉などがスムーズになります。


4.保険会社へ事故連絡する

上記の確認がとれたら保険会社へ事故の連絡をしましょう。

自分の保険証券番号や事故の状況など必ず聞かれることは事前に整理しておくとスムーズです。

保険会社に連絡した後は保険会社の指示に従いましょう。
交通事故の時に保険会社がしてくれることは以下にまとめていますので参考にしてください。

何よりも人命やけが人が第一

当たり前ですが、突然の事故の時には抜けてしまうこともあるので、いざという時に守れるようきちんとインプットしておきましょう。”


自分にあった一番安い自動車保険を見つける

自動車保険に入る時に一括見積りを利用したら、同じ保障内容で、保険料が100,500円⇒65,050円と35,450円も安くなりました。

保険スクエアbang!では最大19社の見積もりを一括で取ることができ、自分にあった保険が安く見つかります。

申込は3分ほどで終わります。

自動車保険の一括見積り(無料)

一括見積もりできる保険会社

  • あいおいニッセイ同和損保
  • アクサダイレクト
  • 朝日火災
  • イーデザイン損保
  • AIU保険
  • SBI損保
  • 共栄火災
  • セコム損保
  • セゾン自動車火災保険株式会社
  • GENERALI(ゼネラリ)
  • ソニー損保
  • 損保ジャパン日本興亜損保
  • そんぽ24
  • ZURICH(チューリッヒ)
  • 東京海上日動
  • 富士火災
  • 三井住友海上
  • 三井ダイレクト
  • 全労済


車を高く売るには無料の一括査定がおすすめ

私がヴォクシーを一括査定で複数の買取会社に査定依頼したら、一番高い会社と一番低い会社で差が36万5000円もありました。(下取り価格との差は50万円以上)

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、査定サービスの中で最も高額査定になりました。運営会社は東証一部上場企業、参加買取店はJADRI加盟店のみ(有名店で固めている)で安心です。

1分ほどの入力ですぐに高額査定の会社が分かり、概算額も申込完了後すぐにわかります。

買取価格の一括査定(無料)

一括見積もりできる保険会社

  • ガリバー
  • カーセブン
  • アップル
  • TAX(タックス)
  • COWCOW(カウカウ)
  • 8710(ハナテン)
  • BIGMOTOR(ビッグモーター)
  • JUMP(ジャンプ)
  • CBOY(シーボーイ)
  • car-bb(カービービー)
  • Woodstock(ウッドストック)
  • AUTOMAX(オートマックス)

サブコンテンツ

このページの先頭へ