車両保険は必要だけど割高なので補償内容を限定して保険料を節約

公開日:2015年9月30日

車両保険とは、事故で自分の車が破損した場合などの損害を補償してくれる保険です。

補償金額は修理が発生した場合はその修理費用、全損や盗難にあった場合には保険金額が全額支払われます。また、保険金額は車種や登録年月によって決まるしくみになっています。

一般的に車両保険の保険料は割高になっていることが多いため、補償内容を絞って保険料を節約する方が多く、そのために色々な種類の車両保険が提供されています。

また車両保険には免責金額という考え方があります。

車両保険に免責金額が設定されていると免責金額以上の補償が発生した場合に免責金額を超えた部分の補償がされます。
(免責金額が10万円、損害額50万円の事故が発生した場合、補償金額は40万円)

免責金額は少ない方が保険者としては0円が有利で一番良いですが、その分保険料も高くなるため注意が必要です。

一定以上の損害にのみ備えるという考え方で車両保険に免責金額を設定して保険料を節約しているという方もいます。

■車両保険の特徴

  • 事故により自動車に発生した損害を補償する
  • 修理の場合は修理費用、全損・盗難の場合は保険金額全額が補償される
  • 保険金額は車種や登録年月によりあらかじめ決まっている
  • 一般的に保険料が割高
  • 補償内容を限定した保険料が安いタイプの車両保険もある

なお、他の保険と同様に以下の場合には保険金が支払われません。

  • 被保険者本人の故意による事故で生じた損害
  • 無免許、飲酒、麻薬、シンナー等による事故で生じた損害
  • 地震、噴火、津波など自然災害による事故で生じた損害


車両保険は補償内容を絞って保険料を節約

車両保険は保険料が割高であることが多く、補償内容を絞った様々な種類の保険があります。

代表的なものでは車同士の事故のみを補償する「エコノミー」タイプや、自動車走行していない時のみを補償の範囲とする「限定A」というタイプがあります。

保険料を節約することは重要ですが、補償をけちっていざという時に保険金が下りない・足りないということでは元も子もないので、ご自分の必要な補償を見極めて車両保険を選ぶことが重要です。

■各車両保険の補償範囲

事故内容 一般 エコノミー 限定A
単独事故 × ×
他車との衝突事故 ×
当て逃げ × ×
盗難 ×
台風・洪水 ×
火災 ×
落書き ×
いたずら ×

保険料の高さから車両保険を加入していない方もいますが、万が一の時の損害額はやはり大きいです。

補償を限定するか免責金額を設定するかしても何かしらの形で事故への備えが必要であることは間違いありません。

車両保険に付帯させることができる特約

車両保険に加入していると、保障を厚くしたりする特約を付帯させることができます。

付帯させることのできる特約は保険会社によって異なりますが、主な特約としては車両新価特約、車両地震特約、車両価額協定保険特約などがあります。

■車両保険に付帯させることができる主な特約

  • 車両新価特約
  • 車両地震特約
  • 車両価額協定保険特約

車両新価特約は事故によって車が全損して買い替えをする場合にその買い替え費用をすべて補償してくれる特約で「新車特約」とも呼ばれます。

車両保険は全損の場合、その車の時価相当額の保険金が支払われることになるので、新車など購入から時価が大きく下がっている場合、時価で評価されて買い替えるための費用までは保険から出ないこともあります。

そのような場合に車両新価特約を付帯していると買い替え費用すべてが保険金で支払われることになります。

初度登録年月から25ヶ月以内の「新しい車」しか付帯させることのできない特約になりますが、時価と買い替え費用に差がある自動車を保有している人は付帯を検討されると良いと思います。

車両地震特約は、地震や津波を原因として発生した自分の車の損害を補償してくれる特約です。

車両保険では通常地震や津波が原因で損害が発生したとしても修理費用など損害金額は補償されませんので、地震や津波などの被害を補償することができます。

保険料は割高なことも多いですが、東日本大震災が発生してからは地震に対する備えをしている人が多くいるようです。

車両価額協定保険特約は車両保険の補償上限額を、契約時の車両の時価(市場販売相当額)であらかじめ補償することを決めておく特約です。

一般的に車両保険では「事故時の車両の時価」を補償することになりますが、事故が起きるまで補償される金額がわからないというのを不安に思う人もいますし、事故時に思った以上に評価額が低く保険金があまり下りないという思わぬ落とし穴を防ぐことができます。

通常の車両保険では自動的に付帯することが多くなっています。


自分にあった一番安い自動車保険を見つける

自動車保険に入る時に一括見積りを利用したら、同じ保障内容で、保険料が100,500円⇒65,050円と35,450円も安くなりました。

保険スクエアbang!では最大19社の見積もりを一括で取ることができ、自分にあった保険が安く見つかります。

申込は3分ほどで終わります。

自動車保険の一括見積り(無料)

一括見積もりできる保険会社

  • あいおいニッセイ同和損保
  • アクサダイレクト
  • 朝日火災
  • イーデザイン損保
  • AIU保険
  • SBI損保
  • 共栄火災
  • セコム損保
  • セゾン自動車火災保険株式会社
  • GENERALI(ゼネラリ)
  • ソニー損保
  • 損保ジャパン日本興亜損保
  • そんぽ24
  • ZURICH(チューリッヒ)
  • 東京海上日動
  • 富士火災
  • 三井住友海上
  • 三井ダイレクト
  • 全労済


車を高く売るには無料の一括査定がおすすめ

私がヴォクシーを一括査定で複数の買取会社に査定依頼したら、一番高い会社と一番低い会社で差が36万5000円もありました。(下取り価格との差は50万円以上)

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、査定サービスの中で最も高額査定になりました。運営会社は東証一部上場企業、参加買取店はJADRI加盟店のみ(有名店で固めている)で安心です。

1分ほどの入力ですぐに高額査定の会社が分かり、概算額も申込完了後すぐにわかります。

買取価格の一括査定(無料)

一括見積もりできる保険会社

  • ガリバー
  • カーセブン
  • アップル
  • TAX(タックス)
  • COWCOW(カウカウ)
  • 8710(ハナテン)
  • BIGMOTOR(ビッグモーター)
  • JUMP(ジャンプ)
  • CBOY(シーボーイ)
  • car-bb(カービービー)
  • Woodstock(ウッドストック)
  • AUTOMAX(オートマックス)

サブコンテンツ

このページの先頭へ