バイク保険から自動車保険に等級に引き継ぐことはできるか

公開日:2015年10月18日
最終更新日: 2016年5月24日

バイクを売却や譲渡など処分して自動車を購入するという場合、加入しているバイク保険から自動車保険へ等級を引き継ぎたいと考える方もいます。

しかし、残念ながらバイク保険から自動車保険への等級は引き継げません。

バイク保険と自動車保険は別の保険という扱いになっていますので、等級の引継ぎはできません。

等級を引き継げない理由は「別の商品だから」ということで終わってしまうのかもしれませんが、自動車を運転する人とバイクを運転する人が同じ人であっても事故を起こす確率はまた異なるわけで、バイク保険で等級の高い人(事故を起こしていない人)が自動車でも同じ事故を起こさない人であると保険会社としては判断できないというのは理解できます。

等級が引き継がれないことで良いことも

逆説的ではありますが、等級が引き継がれないことによるメリットがある場合もあります。

それは1-5級の悪い等級も引き継がれないということです。

通常、自動車保険では悪い等級の場合解約してから13か月以内であれば悪い等級情報は引き継がれます。また等級情報は保険会社間で共有されているので悪い等級を逃れることもできません。

しかしバイク保険と自動車保険は別の保険ですので等級が引き継がれませんので、過去にバイク事故を起こして等級が下がっていた場合も6級から始めることができます。

保険料だけの観点で言えば、悪い等級となった場合にバイク保険から自動車保険に乗り換えるというのは得になる場合もあるのです。


バイクに今後乗る可能性がある場合は中断証明書の取得を

また、バイク保険同士であれば等級の引継ぎルールはできますので、今後バイクにまた乗る可能性があるという方は「中断証明書」を取得しておきましょう。

バイクを売却・譲渡・海外渡航の理由で手放しバイク保険を解約する場合、中断証明書を発行することができ、解約から10年内は等級を引き継いでバイク保険を再開できますので活用しましょう。

この辺りは自動車保険と同じですね。

  • バイク保険から自動車保険への等級は引き継げない
  • 自動車保険からバイク保険への等級も引き継げない
  • バイク保険同士での等級の引継ぎは可能


原付であればファミリーバイク特約を活用

125CC以下の原付という条件は付きますが、自動車保険に付帯させることができるファミリーバイク特約を活用することで保険料を劇的に下げる方法もあります。

ファミリーバイク特約は同居の親族および別居の子供が所有する125CC以下のバイクにバイク保険並の補償をつけることができる特約です。

■ファミリーバイク特約の条件

  • バイクの所有者が同居の親族および別居の子供
  • バイクの排気量が125CC以下

原付の場合、お金もないので任意保険に加入せずに公道を走っていることも多いですが、事故を起こした場合の補償は原付だからといって安くなるわけではなく、自動車と同じリスクがあります。

ですので、任意保険に無保険のまま走行するのはとても危険なことですが、予算的になかなか任意保険に原付単独で加入するのが難しいという方が多いと思います。

そのような時にファミリーバイク特約を活用すれば、任意保険に加入する10分の1程度の保険料で任意保険並みの補償を受けることができます。

ファミリーバイク特約の補償は対人賠償、対物賠償が無制限で、無保険車傷害や自損事故の補償もつくことが一般的です。保険料を追加すれば人身傷害補償保険にも加入ができ、バイク保険の補償とそん色ない補償を格安の保険料で受けることができます。

別居の子供にも適用をすることができるので、一人暮らしをしている子供が原付に乗っているという場合にはぜひつけておきたい特約ですね。

バイクの排気量によっては、バイク保険からファミリーバイク特約への切り替えも検討されると保険料を節約することができるのでおすすめです。

お得なバイク保険の見積もりはこちらからできます。

バイク保険の一括見積り(無料)


自分にあった一番安い自動車保険を見つける

自動車保険に入る時に一括見積りを利用したら、同じ保障内容で、保険料が100,500円⇒65,050円と35,450円も安くなりました。

保険スクエアbang!では最大19社の見積もりを一括で取ることができ、自分にあった保険が安く見つかります。

申込は3分ほどで終わります。

自動車保険の一括見積り(無料)

一括見積もりできる保険会社

  • あいおいニッセイ同和損保
  • アクサダイレクト
  • 朝日火災
  • イーデザイン損保
  • AIU保険
  • SBI損保
  • 共栄火災
  • セコム損保
  • セゾン自動車火災保険株式会社
  • GENERALI(ゼネラリ)
  • ソニー損保
  • 損保ジャパン日本興亜損保
  • そんぽ24
  • ZURICH(チューリッヒ)
  • 東京海上日動
  • 富士火災
  • 三井住友海上
  • 三井ダイレクト
  • 全労済


車を高く売るには無料の一括査定がおすすめ

私がヴォクシーを一括査定で複数の買取会社に査定依頼したら、一番高い会社と一番低い会社で差が36万5000円もありました。(下取り価格との差は50万円以上)

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、査定サービスの中で最も高額査定になりました。運営会社は東証一部上場企業、参加買取店はJADRI加盟店のみ(有名店で固めている)で安心です。

1分ほどの入力ですぐに高額査定の会社が分かり、概算額も申込完了後すぐにわかります。

買取価格の一括査定(無料)

一括見積もりできる保険会社

  • ガリバー
  • カーセブン
  • アップル
  • TAX(タックス)
  • COWCOW(カウカウ)
  • 8710(ハナテン)
  • BIGMOTOR(ビッグモーター)
  • JUMP(ジャンプ)
  • CBOY(シーボーイ)
  • car-bb(カービービー)
  • Woodstock(ウッドストック)
  • AUTOMAX(オートマックス)

サブコンテンツ

このページの先頭へ