損害保険会社間の情報交換制度の内容とチェック項目

公開日:2015年10月18日

自動車保険を提供する損害保険会社は情報交換制度を活用して情報を共有しています。

自動車保険の保険料はノンフリート等級を利用して過去の保険事故の実績を保険料の割増引率に反映させて保険料を決めています。

結果として各契約者ごとの事故率にあわせた保険料負担を実現しているのですが、保険会社の乗り換えの際にそういった過去の情報を各社で共有していないと等級の引継ぎができませんし、虚偽の申告を発見することもできません。

そのため損害保険各社ではネットワークを作って情報を共有して、契約者の過去の保険事故実績をすべての保険会社が把握できるようにしています。

特に通販型(ダイレクト型)の保険会社は保険申込時に前契約の保険証券を確認することができないので、保険契約から1か月程度で前契約の情報等必要な情報を確認します。

確認した結果、申込時に申告された情報と異なる場合は契約者に確認を行い、誤りであれば保険料を再計算します。

再計算結果の保険料が払い込み済みの保険料と比較して多い場合は追加で保険料の支払いが必要になります。逆に再計算した保険料が払い込み済みの保険料より少なければ、保険料の返還があります。

各保険会社は具体的には以下のような情報をチェックしているようです。

■保険会社が情報交換制度を使って確認する項目

  • 引受保険会社名、保険種類、証券番号
  • 保険契約者の名前、住所
  • 記名被保険者の名前
  • 車両所有者の名前
  • 車両登録番号、車台番号、用途車種
  • 保険期間
  • 解約、解除の有無
  • 適用等級(事故有係数適用期間)
  • 保険事故の件数、事故年月日


等級情報はうそをつけない

ということで、等級情報など保険会社への申込情報はうそをついてもばれます。

上記を見てみてもらえればわかりますが、保険料に関係する項目の多くは保険会社間で共有されています。

当然保険料は安い方が良いので、自分の保険料を計算する上で不利な情報がある場合には隠したり偽りたくなる気持ちもわからなくはないですが、ばれるのでやめましょう。

保険会社にうその申告をした場合に損をすることは別の記事でも紹介していますのでご興味のある方はご覧ください。


保険会社を乗り換える時に等級をリセットする方法

保険会社を乗り換える際に等級をリセットする方法は基本的にはありません。

自動車保険の契約が満期を迎えてから、7日以内に次の保険の契約をしないと等級のリセットがされてしまうということがありますが、それは良い等級の場合だけで5等級以下の悪い等級については、8日を経過しても新たな契約に等級が引き継がれます。

悪い等級の引き継ぎをしないようにわざと自動車保険を解約して、等級が引き継がれない8日待ってから契約をするデメリット逃れは許されないということですね、

悪い等級については、1年間前契約の等級が引き継がれることになっています。

そのため、自動車保険を解約して1年間待てば、新規契約をした時に6等級からスタートすることができます。

ただ、1年間は保険に加入できないので、日常的に自動車を利用する人にとっては現実的な方法とは言えないでしょう。

デメリット逃れは結局つかまって罰が課せられますし、万が一保険金が受け取れないということにもなりかねないので、無事故を続けることで等級を元に戻すというのが一番安全で確実な等級の戻し方であるといえます。


自分にあった一番安い自動車保険を見つける

自動車保険に入る時に一括見積りを利用したら、同じ保障内容で、保険料が100,500円⇒65,050円と35,450円も安くなりました。

保険スクエアbang!では最大19社の見積もりを一括で取ることができ、自分にあった保険が安く見つかります。

申込は3分ほどで終わります。

自動車保険の一括見積り(無料)

一括見積もりできる保険会社

  • あいおいニッセイ同和損保
  • アクサダイレクト
  • 朝日火災
  • イーデザイン損保
  • AIU保険
  • SBI損保
  • 共栄火災
  • セコム損保
  • セゾン自動車火災保険株式会社
  • GENERALI(ゼネラリ)
  • ソニー損保
  • 損保ジャパン日本興亜損保
  • そんぽ24
  • ZURICH(チューリッヒ)
  • 東京海上日動
  • 富士火災
  • 三井住友海上
  • 三井ダイレクト
  • 全労済


車を高く売るには無料の一括査定がおすすめ

私がヴォクシーを一括査定で複数の買取会社に査定依頼したら、一番高い会社と一番低い会社で差が36万5000円もありました。(下取り価格との差は50万円以上)

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、査定サービスの中で最も高額査定になりました。運営会社は東証一部上場企業、参加買取店はJADRI加盟店のみ(有名店で固めている)で安心です。

1分ほどの入力ですぐに高額査定の会社が分かり、概算額も申込完了後すぐにわかります。

買取価格の一括査定(無料)

一括見積もりできる保険会社

  • ガリバー
  • カーセブン
  • アップル
  • TAX(タックス)
  • COWCOW(カウカウ)
  • 8710(ハナテン)
  • BIGMOTOR(ビッグモーター)
  • JUMP(ジャンプ)
  • CBOY(シーボーイ)
  • car-bb(カービービー)
  • Woodstock(ウッドストック)
  • AUTOMAX(オートマックス)

サブコンテンツ

このページの先頭へ