年間走行距離が自動車保険の保険料に与える影響

公開日:2015年10月19日
最終更新日: 2016年2月16日

保険料を決める要素として、年間走行距離に合わせて保険料を設定している保険会社もあります。

ソニー損保などのCMで「保険料は走った分だけ」というフレーズを聞いたことのある方も多いと思います。本記事では年間走行距離が保険料に与える影響について見ていきたいと思います。

走行距離に合わせた保険料の割引

いくつかの保険会社では走行距離に合わせた保険料の設定をしています。

保険は事故率に基づいて決まってきます。走行距離と事故率には相関関係があり、走行距離が長い人ほど事故にあう確率は高いと考えられ、走行距離が少ないドライバーには保険料の割引がされるという考え方なんですね。

走行距離は前年の走行実績あるいはその年の予定走行距離から走行距離を、保険会社によって区分された「○○○○km以下」という形で申告をすることで、区分にあった割引を受けることができます。

例えばソニー損保の場合は以下のように、「3,000km以下」「5,000km以下」「7,000km以下」「9,000km以下」「11,000km以下」「16,000km以下」「無制限」という区分で保険料が減少していきます。

■ソニー損保の走行距離による保険料の割引イメージ
sonysonpo-soukoukyoriwari02

サンデードライバーや日常利用くらいしかない走行距離の少ないドライバーにとっては、走行距離別の割引がある保険会社の方が保険料はお得になる可能性が高いといえます。


走行距離による割引は保険会社に確認

走行距離による割引は実施している保険会社も限られ、割引額や走行距離の考え方についても保険会社によって大きく異なります。

そのため、走行距離による割引を受けたいという方は、必ず保険会社に直接確認をして走行距離によってどのような割引があるかどうかを確認しましょう。

■走行距離による保険料の割引を採用している保険会社

  • ソニー損保
  • アクサダイレクト
  • セゾン自動車保険
  • そんぽ24
  • イーデザイン損保

また、申告している走行距離をオーバーしてしまった時の対応については以下の記事を参考にしてください。

あまり走行しないのに、走行距離のとても長い人たちと同じ保険料では不公平と思うのは当然ですので、そのような方は走行距離別の保険料を採用している会社をうまく活用して最適な保険料の保険会社を見つけましょう。


保険会社による走行距離の考え方の違い

保険会社によって、走行距離の考え方が違う場合もあるので注意が必要です。

例えば、ソニー損保は契約期間中に走行する予定の距離を申告して、その距離に応じた割引や保険料が適用されます。

一方で、イーデザイン損保では、前年に走行した距離を申告して、その距離に応じた割引や保険料を適用します。

  • 走行距離は、保険会社によって、「前年の走行距離」をもとにするか「今年の予定走行距離」をもとにするかの違いがある

どちらが良いというわけではありませんが、今年の予定走行距離を申告している場合、その距離をオーバーした場合には、保険会社に連絡をして保険料の修正をする必要があります。

「言わなければばれないのでは?」と考える人もいますが、走行距離が予定距離を超えた状態で事故を起こすと、最悪の場合補償がされないこともあるので、正直に申告をしないと万が一の時に大変なことになります。

各社の走行距離の考え方については、見積もり時や契約時に聞かれる走行距離が、前年の実績か、今年の予定かでわかりますので、もしもの時のために頭に入れておくようにしましょう。


自分にあった一番安い自動車保険を見つける

自動車保険に入る時に一括見積りを利用したら、同じ保障内容で、保険料が100,500円⇒65,050円と35,450円も安くなりました。

保険スクエアbang!では最大19社の見積もりを一括で取ることができ、自分にあった保険が安く見つかります。

申込は3分ほどで終わります。

自動車保険の一括見積り(無料)

一括見積もりできる保険会社

  • あいおいニッセイ同和損保
  • アクサダイレクト
  • 朝日火災
  • イーデザイン損保
  • AIU保険
  • SBI損保
  • 共栄火災
  • セコム損保
  • セゾン自動車火災保険株式会社
  • GENERALI(ゼネラリ)
  • ソニー損保
  • 損保ジャパン日本興亜損保
  • そんぽ24
  • ZURICH(チューリッヒ)
  • 東京海上日動
  • 富士火災
  • 三井住友海上
  • 三井ダイレクト
  • 全労済


車を高く売るには無料の一括査定がおすすめ

私がヴォクシーを一括査定で複数の買取会社に査定依頼したら、一番高い会社と一番低い会社で差が36万5000円もありました。(下取り価格との差は50万円以上)

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、査定サービスの中で最も高額査定になりました。運営会社は東証一部上場企業、参加買取店はJADRI加盟店のみ(有名店で固めている)で安心です。

1分ほどの入力ですぐに高額査定の会社が分かり、概算額も申込完了後すぐにわかります。

買取価格の一括査定(無料)

一括見積もりできる保険会社

  • ガリバー
  • カーセブン
  • アップル
  • TAX(タックス)
  • COWCOW(カウカウ)
  • 8710(ハナテン)
  • BIGMOTOR(ビッグモーター)
  • JUMP(ジャンプ)
  • CBOY(シーボーイ)
  • car-bb(カービービー)
  • Woodstock(ウッドストック)
  • AUTOMAX(オートマックス)

サブコンテンツ

このページの先頭へ