インターネット割引の適用条件と割引額

公開日:2015年10月22日

ダイレクト型の保険会社はインターネット経由で自動車保険の申込を受け付けており、インターネット経由の申込の場合には保険料を割り引くインターネット割引を用意しています。

ただでさえ保険料の安いダイレクト型の保険会社ですが、インターネット割引では5,000円~1万円程度割引がされますので、保険料の安さを重視する方にとっては必須の割引といえます。

インターネット割引の特徴

■インターネット割引の特徴

  • インターネット経由で保険の申込をした場合、保険料が割引になる

インターネット割引はインターネット経由で自動車保険を申し込んだ場合に受けられる割引で、条件はインターネットから申し込みをして保険を成約することしかないので、ネット環境のあるPCなどを持っている方であれば誰でも受けられる割引です。

他の割引と比較しても割引額が大きいので、保険料重視派はぜひ活用したい割引です。

インターネット経由で申し込むと割引がされる理由は保険会社の事務コストが安くなるからです。

保険会社のコストは広く薄く保険契約者全体で負担をしています。対面や郵送の申込の場合は営業マンなどのコストがかかっており、インターネット経由の契約者は言い方は悪いですが「勝手に」申し込んでくるお客なのであまりコストがかかりません。

コストが安い分、保険料も安くするためにインターネット経由の契約者には割引がされているのですね。


インターネット割引の割引額

インターネット割引の割引額は保険会社によって異なります。

主なダイレクト型保険会社のインターネット割引の割引額は以下のようになっています。

■主なダイレクト型保険会社のインターネット割引

  • ソニー損保:8,000円
  • アクサダイレクト:10,000円
  • 三井ダイレクト:4,500円
  • アメリカンホームダイレクト:20,000円
  • SBI損保:5,500円
  • チューリッヒ:12,000円
  • イーデザイン損保:10,000円
  • おとなの自動車保険:10,000円

金額を見ると、各社まちまちですが5,000円~10,000円程度の割引が多いことがわかります。アメリカンホームダイレクトが20,000円割引と最も割引額が大きくなっています。

金額を記載しておきながら何ですが、実際に自動車保険を選ぶ場合はインターネット割引の割引額の大小は参考程度にして、最終的な保険料で比較するようにしましょう。

同じ補償の保険料が10万円の保険会社Aと5万円の保険会社Bがあったとして、インターネット割引がAは1万円、Bは5千円という場合、どちらの会社の保険料がお得かは明白ですね。

このようにインターネット割引の割引額は保険料の中の1要素に過ぎませんので、保険を比較する場合は同じ補償内容における保険料がいくらになるかという観点で比較するように心がけたいですね。


自動車保険の保険料を安くする方法

インターネット割引は、5,000円から20,000円程度割引になるので、自動車保険の保険料を安くする上では重要な要素です。

自動車保険の保険料を安くするには、このような割引を最大限活用することが重要ですが、それ以前に保険料計算のもととなった補償で無駄なものを省くことが重要です。

その上で、複数の保険会社の保険料を比較することで保険料を安くすることができます。

■自動車保険の保険料を安くする方法

  • 割引を最大限活用する
  • 無駄な補償を省いてシンプルにする
  • 複数の保険会社の保険料を比較する

保険を考えるときは万が一に備えようとしているので、冷静に考えれば不要と思われる補償を特約などでついつけてしまいます。

無駄とは言いませんが、割高な場合も多いので、補償はなるべく必要なものだけに絞って、シンプルで無駄のない補償を心掛ける必要があります。

自分に必要な補償が見極められたら、複数の保険会社の保険料を比較して安い保険会社を選択することも、保険料を安くするためのポイントの一つです。

複数の保険会社から見積もりをとるのは面倒ですが、一括見積もりサービスを使えば、見積に必要な情報を一度入力すれば、20社くらいから見積もりをとることができますので、簡単です。

  • 複数の保険会社に見積もりをする場合は、一括見積取得サービスが便利

入力は5分程度で終わるので、面倒がらずに複数の保険会社から見積もりをとって最適な保険会社を見逃さないようにしましょう。


自分にあった一番安い自動車保険を見つける

自動車保険に入る時に一括見積りを利用したら、同じ保障内容で、保険料が100,500円⇒65,050円と35,450円も安くなりました。

保険スクエアbang!では最大19社の見積もりを一括で取ることができ、自分にあった保険が安く見つかります。

申込は3分ほどで終わります。

自動車保険の一括見積り(無料)

一括見積もりできる保険会社

  • あいおいニッセイ同和損保
  • アクサダイレクト
  • 朝日火災
  • イーデザイン損保
  • AIU保険
  • SBI損保
  • 共栄火災
  • セコム損保
  • セゾン自動車火災保険株式会社
  • GENERALI(ゼネラリ)
  • ソニー損保
  • 損保ジャパン日本興亜損保
  • そんぽ24
  • ZURICH(チューリッヒ)
  • 東京海上日動
  • 富士火災
  • 三井住友海上
  • 三井ダイレクト
  • 全労済


車を高く売るには無料の一括査定がおすすめ

私がヴォクシーを一括査定で複数の買取会社に査定依頼したら、一番高い会社と一番低い会社で差が36万5000円もありました。(下取り価格との差は50万円以上)

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、査定サービスの中で最も高額査定になりました。運営会社は東証一部上場企業、参加買取店はJADRI加盟店のみ(有名店で固めている)で安心です。

1分ほどの入力ですぐに高額査定の会社が分かり、概算額も申込完了後すぐにわかります。

買取価格の一括査定(無料)

一括見積もりできる保険会社

  • ガリバー
  • カーセブン
  • アップル
  • TAX(タックス)
  • COWCOW(カウカウ)
  • 8710(ハナテン)
  • BIGMOTOR(ビッグモーター)
  • JUMP(ジャンプ)
  • CBOY(シーボーイ)
  • car-bb(カービービー)
  • Woodstock(ウッドストック)
  • AUTOMAX(オートマックス)

サブコンテンツ

このページの先頭へ