その他の割引の条件や割引額

公開日:2015年10月22日

当サイトでは自動車保険でよくある割引については個別の記事で紹介していますが、紹介している以外にも自動車保険には保険会社によって様々な割引があります。

本記事では、個別に紹介しきれなかったその他の割引について簡単に紹介していきます。

個別に紹介している記事については以下からご覧ください。

複数台契約割引

  • 1つの保険会社で複数の契約をする場合に受けられる割引
  • 割引は1%または500円~1,000円程度

複数台契約割引は1つの保険会社で同じ人が複数の契約をする場合に受けられる割引です。

2台目以降の車の保険の保険料が1%程度割引になります。

代理店型に多くある割引で、損保ジャパン、三井住友海上、日本興亜損保、東京海上日動など多くの代理店型の保険会社で採用されています。

ダイレクト型の保険会社ではソニー損保が「マイページ新規申込割引」や「継続時複数契約割引」という形で提供していたり、おとなの自動車保険で「おとなの二台目割引」という名前で割引をしています。「ノンフリート多数契約」などと呼ばれることもあります。

割引は損保ジャパンのように1%割引など定率の割引をしている保険会社もあれば、ソニー損保が1,000円割引、おとなの自動車保険600円割引としているなど定額で割引をしている保険会社もあり、大体どの会社も上記のような水準であるといえます。

なお、2台目の車への割引としてはセカンドカー割引がありますが、セカンドカー割引と複数台契約割引は似て非なるものです。

セカンドカー割引は保険会社に関係なく11等級以上の保険契約をしている車がある場合に、2台目以降の新規契約時に7等級からスタートすることができるという割引です。

セカンドカー割引の詳細は別の記事を参照してください。


早期契約割引

  • 保険開始日から一定日数より前に申込をした場合受けられる割引
  • 割引額は500円程度
  • 新規・継続ともに対象になる場合、継続のみ対象になる場合がある

早期契約割引はいわゆる「早割」です。

保険開始日から一定日数より前に申込をした場合受けられる割引です。45日前というのが多く、イーデザイン損保では45日前に申し込みをすると保険料が500円割引になります。

保険会社によって、新規契約・継続契約ともに対象となる場合と継続契約のみ対象となる場合があり、おとなの自動車保険は継続契約のみが対象となります。(割引額は400円)


継続割引

  • 同一保険会社で2年以上続けて契約をした場合に受けられる割引
  • 割引は1-3%程度

継続契約割引は同一保険会社で2年以上続けて契約をした場合に受けられる割引です。

継続契約割引を提供している保険会社にはソニー損保、そんぽ24などがあり、割引率は保険会社や継続年数によって異なり1-3%程度の割引がされます。


紹介割引

  • 既存契約者が新たに契約者を紹介した場合の割引
  • 紹介した人は500円分のクオカードがもらえる
  • 紹介された人は初年度のみ保険料を1,000円割引

紹介割引は既存契約者が新たに契約する人を紹介すると、紹介者、被紹介者ともにメリットがある制度です。

ソニー損保が提供していて、ソニー損保の場合、紹介者は500円のクオカードがもらえて、紹介された人は初年度のみ保険料から1,000円の割引を受けることができます。

インターネット割引等、他の割引と併用することもできるので、ソニー損保に契約したい方で、すでに契約している人を知っていたら紹介してもらうと紹介した人された人の双方が得することができます。


福祉車両割引

  • 契約車両が福祉車両の場合に受けられる割引
  • 割引額は保険料の3%程度

福祉車両割引は契約する車両が、消費税が非課税となる所定の福祉車両と認められる場合に受けられる割引。

割引額は保険会社により異なりますが、損保ジャパンの場合は保険料から3%割引されます。

また一般的にエコカー割引とは併用ができません。


口座振替割引

  • 保険料の支払方法を口座振替とした場合に受けられる割引
  • 割引額は保険料の1%程度

口座振替割引は保険料の支払方法を口座振替としている場合に受けられる割引制度です。

口座振替は代理店型の保険会社に多い支払方法で、ダイレクト型の保険会社で対応しているところは限られます。一般的に割引額は保険料の1%程度のところが多いようです。

口座振替は一般的に分割払いをしたい場合に選択する支払い方法ですが、クレジットカード払いに対応している保険会社であれば、クレジットカードのポイント還元も受けられるのでカードによっては口座振替よりもお得になります。


自分にあった一番安い自動車保険を見つける

自動車保険に入る時に一括見積りを利用したら、同じ保障内容で、保険料が100,500円⇒65,050円と35,450円も安くなりました。

保険スクエアbang!では最大19社の見積もりを一括で取ることができ、自分にあった保険が安く見つかります。

申込は3分ほどで終わります。

自動車保険の一括見積り(無料)

一括見積もりできる保険会社

  • あいおいニッセイ同和損保
  • アクサダイレクト
  • 朝日火災
  • イーデザイン損保
  • AIU保険
  • SBI損保
  • 共栄火災
  • セコム損保
  • セゾン自動車火災保険株式会社
  • GENERALI(ゼネラリ)
  • ソニー損保
  • 損保ジャパン日本興亜損保
  • そんぽ24
  • ZURICH(チューリッヒ)
  • 東京海上日動
  • 富士火災
  • 三井住友海上
  • 三井ダイレクト
  • 全労済


車を高く売るには無料の一括査定がおすすめ

私がヴォクシーを一括査定で複数の買取会社に査定依頼したら、一番高い会社と一番低い会社で差が36万5000円もありました。(下取り価格との差は50万円以上)

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、査定サービスの中で最も高額査定になりました。運営会社は東証一部上場企業、参加買取店はJADRI加盟店のみ(有名店で固めている)で安心です。

1分ほどの入力ですぐに高額査定の会社が分かり、概算額も申込完了後すぐにわかります。

買取価格の一括査定(無料)

一括見積もりできる保険会社

  • ガリバー
  • カーセブン
  • アップル
  • TAX(タックス)
  • COWCOW(カウカウ)
  • 8710(ハナテン)
  • BIGMOTOR(ビッグモーター)
  • JUMP(ジャンプ)
  • CBOY(シーボーイ)
  • car-bb(カービービー)
  • Woodstock(ウッドストック)
  • AUTOMAX(オートマックス)

サブコンテンツ

このページの先頭へ