1年に保険を2回使った時の事故有係数の上がり方の原則と例外

公開日:2015年10月18日

1年の間に複数回事故を起こしてしまった場合、等級は事故の回数分下がります。

例えば、同じ年に単独事故で車両保険を2回使用した場合、単独事故で車両保険を使用する場合は3等級ダウン事故となりますので1度の事故で3等級、このケースではそれを2度ですので6等級下がることになります。

それでは同じケースの場合、事故有係数はどうなるでしょうか?

1年に保険を2回使った時の事故有係数の上がり方

正解は、事故有係数も「6」になるです。

事故有係数も等級と同じく、同じ年に起こした事故で保険を利用した場合でも、事故有係数は加算・上積みされます。

これは3等級ダウン事故でも1等級ダウン事故でも同じで、例えば同じ年に3等級ダウン事故と1等級ダウン事故を起こした場合、等級も事故有係数も「4」上がります。


事故有係数が加算されないケース

事故有係数の加算には例外があります。

それは「事故有係数」の上限が「6」であるということです。

そのため事故有係数がすでに「3」の人が3等級ダウン事故を2度起こしても次回更新時の事故有係数は「6」となり、その年の2度の事故では「3」しか加算されないことになります。

この場合も等級は6下がることになります。

ただ、等級も1級が最低でそれ以上は下がらないので、事故有係数は上限が「6」であるということだけで同じですね。

  • 事故有係数は同じ契約年内の事故であっても、事故の分だけ加算される
  • 事故有係数の上限は「6」でそれ以上は加算されない



なお、新等級制度の改正のポイントや事故有係数の詳細な扱いは別に記事を書いていますのでこちらを参考にしてください。


保険を使用しない方が得する場合

事故有係数が導入されたことにより、過去に事故を起こした人の保険料の負担が増えることになりました。

言い換えると、保険を使用することによる保険料の増額が増すことになり、保険を使用しない方が良い場合も増えたということです。

保険を使用しない方が得をするのは、保険を使用することによる保険料の増額分よりも支払われる保険金が少ない場合です。

■保険を使用しない方が得する場合

  • 保険を使用することによる保険料の増額分よりも支払われる保険金が少ない場合

等級や支払い保険料にもよりますが、保険を使用して3等級ダウンとなると、年間で数万円保険料が上がるということも珍しくありません。

3等級ダウンで事故有係数を3年間適用されると、その後無事故を続けたとしても3年間その差が出ることになります。

補償額の大きい対人賠償保険や対物賠償保険は別ですが、比較的補償金額の少ない車両保険などで保険を使用すると、増額する保険料の方が大きくなる場合があります。

保険を使用する際に保険会社に相談をするのはもちろんですが、保険加入時に「事故時に使うと損をする保険」になっていないかをチェックして無駄な補償は省くということが、これまで以上に必要になってきます。


保険の乗り換え契約後、開始までに事故を起こした場合

保険の乗り換えなどをする場合、今の自動車保険の契約中に新しい自動車保険の契約をすることになります。その場合、新しい自動車保険の保険料はその時点の事故歴や等級をもとに計算されることになります。

新しい自動車保険の契約をした後、保険の補償開始日までの間に事故を起こして保険を使用した場合、等級は下がってしまい、すでに契約済みの新しい自動車保険においても下がった等級などをもとに保険料が再計算されます。

保険料は増額され、足りない保険料については追加で請求されます。

これまで無事故だった人が事故を起こすと、割増率も事故有のものとしてこれまでよりずっと不利な値が適用されることになり、事故有係数についても加算されることになります。

つまり契約前であっても契約後であっても事故を起こして保険を使用したことによる保険料の値上がりは変わらず受けることになりますので、新しい自動車保険を契約しても安心せずに安全運転を続ける必要があります。

新しい等級制度になって事故歴のある人の保険料負担はぐっと重くなりました。無事故の人からすると当たり前のことだと思うかもしれませんが、自分がいつ事故を起こすかはわからないので、これまで以上に気をつけて運転をしていく必要がありますね。


自分にあった一番安い自動車保険を見つける

自動車保険に入る時に一括見積りを利用したら、同じ保障内容で、保険料が100,500円⇒65,050円と35,450円も安くなりました。

保険スクエアbang!では最大19社の見積もりを一括で取ることができ、自分にあった保険が安く見つかります。

申込は3分ほどで終わります。

自動車保険の一括見積り(無料)

一括見積もりできる保険会社

  • あいおいニッセイ同和損保
  • アクサダイレクト
  • 朝日火災
  • イーデザイン損保
  • AIU保険
  • SBI損保
  • 共栄火災
  • セコム損保
  • セゾン自動車火災保険株式会社
  • GENERALI(ゼネラリ)
  • ソニー損保
  • 損保ジャパン日本興亜損保
  • そんぽ24
  • ZURICH(チューリッヒ)
  • 東京海上日動
  • 富士火災
  • 三井住友海上
  • 三井ダイレクト
  • 全労済


車を高く売るには無料の一括査定がおすすめ

私がヴォクシーを一括査定で複数の買取会社に査定依頼したら、一番高い会社と一番低い会社で差が36万5000円もありました。(下取り価格との差は50万円以上)

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、査定サービスの中で最も高額査定になりました。運営会社は東証一部上場企業、参加買取店はJADRI加盟店のみ(有名店で固めている)で安心です。

1分ほどの入力ですぐに高額査定の会社が分かり、概算額も申込完了後すぐにわかります。

買取価格の一括査定(無料)

一括見積もりできる保険会社

  • ガリバー
  • カーセブン
  • アップル
  • TAX(タックス)
  • COWCOW(カウカウ)
  • 8710(ハナテン)
  • BIGMOTOR(ビッグモーター)
  • JUMP(ジャンプ)
  • CBOY(シーボーイ)
  • car-bb(カービービー)
  • Woodstock(ウッドストック)
  • AUTOMAX(オートマックス)

サブコンテンツ

このページの先頭へ