友人に車を貸した時に起こされた事故で任意保険の等級は下がるのか

公開日:2015年10月15日

友人に自動車を貸すことがあるという方もいると思いますが、自動車を貸していた時に友人が事故を起こした場合、保険を使うことができるのか?また保険を使用した場合に等級は下がるのかということが気になりますよね。

結論から言うと、事故を起こしたのが友人であろうと自分であろうと保険を使用した場合は基本等級は下がります。

ただし、そもそも友人が事故を起こしても保険が使えない場合もありますし、使わなくてすむ可能性もあります。

本記事では友人に貸した車で事故を起こされた場合に保険が使える条件と保険を使用した場合の等級についてみていきます。

友人が起こした事故に保険が使えるか

友人が事故を起こしてしまった場合、保険が使えるかどうかは加入している保険の補償範囲によります。

補償の範囲を「記名被保険者のみ」や「記名被保険者とその配偶者」「家族限定」としている場合、親戚でない友人は補償の対象外となり保険金は支払われません。

保険の対象運転手が「すべての運転者」であれば、保険料は補償を絞った場合より高くなるものの補償の対象になります。

車を貸すことが多い方は補償を絞っていると、友人ひいては自分の車が実質無保険で走っていることになってしまうので、自動車を貸す可能性がある方は運転手の補償を絞らない、また運転手の補償を絞っているという場合は自動車を貸さないというのが大原則になります。

「貸すなら補償は削らない、補償を削ったら貸さない」ですね。


他車運転危険担保特約の有無を確認

自分の自動車保険で補償されていなくても、貸す友人が自動車保険に加入していると特約やドライバー保険で補償されている場合もあります。

他車運転危険担保特約とは、自動車保険の被保険者が対象車両以外の自動車の運転で事故を起こした場合も賠償金を補償するという内容の特約です。

つまり事故を起こした友人が自動車保険に加入していて他車運転危険担保特約が付帯している場合、事故で起きた賠償は友人の自動車保険から保険金が支払われます。

ドライバー保険は人につく自動車保険ですので、これも事故の賠償は友人の自動車保険(ドライバー保険)から優先的に支払われることになります。

自分の自動車保険で友人が補償できない場合はもちろん、補償できる場合も事故を起こされて保険を使用した場合は次年度以降の保険料が上がることになるので、この辺は自動車を貸す前に確認しておいた方が良い項目です。


等級が下がるのは自分の保険を使用した場合

ここまで見てくるとわかりますが、友人に事故を起こされて等級が上がるのは自分の保険を使用して保険金を支払った場合です。

そもそも保険の対象になるのか、また自分の自動車保険以外に事故を補償する保険に友人が加入しているのかは事前に確認しておきましょう。

  • 自分の保険の運転手の補償を絞っていると友人が補償対象外となることも
  • 他車運転危険担保特約やドライバー保険など自分の自動車以外の運転時の事故を補償する保険もある


車を借りる際に気を付けること

友人などに車を貸す場合の自動車保険の取り扱いや注意点を見てきました。

補償がされるかどうかは自分の自動車保険の契約次第という面があるので、車を貸す際にはよく注意する必要があります。

一方で自分が車を借りる場合にも気を付けることもあります。

まず第一に自分が借りる側の時には、万が一事故を起こした場合に補償がされるのかを確認する必要があります。

貸す側の時と同じような観点で運転する車の自動車保険の補償範囲はチェックするようにしましょう。

また、上述した通り、もし保険を使うことになるとその後の保険料は大きく上がることになります。その場合、保険料を負担することになるのは友人です。

保険料の負担増は合計で10万円を超えることもあるので、気にしないとはいっても友情にひびが入る可能性は高いです。

そうならないためにも友人の車を借りる場合、友人の自動車保険で自身が補償されていたとしても自分で補償を準備しておくのがドライバーの常識といえます。

自分が車を持っていて自動車保険に加入している場合は他車運転特約など、記名被保険者が契約車以外で起こした事故を補償してくれる特約もありますし、ドライバーズ保険という人につける保険もあります。

これらの補償を準備しておくと、他人の車を運転することになっても安心ですし、万が一事故を起こしてしまっても車の持ち主に負担を少なくすることができます。

友達同士で旅行に行くと交代で運転するなど、あまり意識していない状態で他人の車を借りて運転することもあります。こんなはずではなかったということがないように車を借りそうな人は他人の車を運転する際の補償を準備しておくことをおすすめします。


自分にあった一番安い自動車保険を見つける

自動車保険に入る時に一括見積りを利用したら、同じ保障内容で、保険料が100,500円⇒65,050円と35,450円も安くなりました。

保険スクエアbang!では最大19社の見積もりを一括で取ることができ、自分にあった保険が安く見つかります。

申込は3分ほどで終わります。

自動車保険の一括見積り(無料)

一括見積もりできる保険会社

  • あいおいニッセイ同和損保
  • アクサダイレクト
  • 朝日火災
  • イーデザイン損保
  • AIU保険
  • SBI損保
  • 共栄火災
  • セコム損保
  • セゾン自動車火災保険株式会社
  • GENERALI(ゼネラリ)
  • ソニー損保
  • 損保ジャパン日本興亜損保
  • そんぽ24
  • ZURICH(チューリッヒ)
  • 東京海上日動
  • 富士火災
  • 三井住友海上
  • 三井ダイレクト
  • 全労済


車を高く売るには無料の一括査定がおすすめ

私がヴォクシーを一括査定で複数の買取会社に査定依頼したら、一番高い会社と一番低い会社で差が36万5000円もありました。(下取り価格との差は50万円以上)

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、査定サービスの中で最も高額査定になりました。運営会社は東証一部上場企業、参加買取店はJADRI加盟店のみ(有名店で固めている)で安心です。

1分ほどの入力ですぐに高額査定の会社が分かり、概算額も申込完了後すぐにわかります。

買取価格の一括査定(無料)

一括見積もりできる保険会社

  • ガリバー
  • カーセブン
  • アップル
  • TAX(タックス)
  • COWCOW(カウカウ)
  • 8710(ハナテン)
  • BIGMOTOR(ビッグモーター)
  • JUMP(ジャンプ)
  • CBOY(シーボーイ)
  • car-bb(カービービー)
  • Woodstock(ウッドストック)
  • AUTOMAX(オートマックス)

サブコンテンツ

このページの先頭へ