事故有係数を抜け出し無事故係数にして保険料を安くする方法

公開日:2015年10月18日

一度保険を使用すると、通常は事故有等級となり保険料が上がります。

事故有係数は過去に事故を起こした人と無事故の人を区別するものなので、同じ等級であっても事故有係数の方が保険料が高くなります。事故有係数の7級と無事故係数の7級であれば事故有係数7級の人の方が保険料が高くなるということですね。

そのため事故有係数となってしまったら誰もが抜け出して無事故係数となりたいでしょう。本記事では、事故有等級から抜け出して、無事故の係数が適用されるための方法を紹介します。


一度保険を使用してから、事故有等級でなくなる方法

一度事故有係数になった人が事故有の等級でなくなるには、無事故を続けることだけです。

急がばまわれではないですが、無事故を続けるしかありません。

事故有係数は起こした事故に応じて加算される仕組みになっていて、3等級ダウン事故なら「3」、1等級ダウン事故であれば「1」が加算されます。

  • 等級がダウンした分の年数だけ無事故を続けると、事故有等級を抜けることができる

事故有係数は無事故実績に戻るまで何年無事故を続ければよいかを表しているので、事故有係数が3であれば無事故係数に戻るためには3年かかることになります。

ですので、1年経過ごとに無事故であれば事故有係数は1下がり、事故有係数が0になった後に自動車保険に契約すると無事故係数に戻ることができます。

そのため無事故係数に戻るためには無事故実績を積んでいくしかありません。

事故有係数の基本については別の記事で紹介していますのでそちらを参考にしてください。


事故有係数の上限は「6」

事故有等級を抜けるためには事故有係数の年数分だけ無事故を続ける必要がなります。

事故有係数は、等級がダウンした分加算され、複数回事故を起こした場合には加算がされます。

ただし、事故有係数の上限は6になっているので、例えば3等級ダウン事故を3回起こしても、事故有係数は3×3回分で9とはならず上限の6となります。

そのためどんな人でも、最長で6年間無事故を続ければ事故有等級を抜けて無事故等級に戻ることができるといえます。


解約してから新規契約した場合の等級の考え方

事故有係数によって事故を起こした人への保険料の負担はますます大きくなり、かつ何年間も続くとなると、何とかデメリット逃れをしようと考える人がいます。

真っ先に思いつくのは、悪い等級になった自動車保険を一度解約して、すぐに再度新規契約をすると、新規の6等級から始められるのではないかということです。

結論から言うと、一度解約をしてすぐに再度自動車保険を契約しても悪い等級は引き継がれます。

自動車保険は解約をして8日以上経過した場合、等級が引き継げない仕組みになっていますが、これは良い等級の話で、5等級以下の悪い等級の場合は8日経過していたとしても等級は引き継がれます。

  • 良い等級は、前契約解除後7日以内に新たな契約をしないと引き継ぎができないが、悪い等級は引き継がれる

悪い等級の場合は、前契約の契約満了後、1年間引き継がれることになっているので、1年間待たないといけません。

当然その1年間は自動車保険を契約しないと無保険で走行することになるので、非常にリスクが高まります。

悪い等級をリセットするには無事故を数年続けるか、1年間無保険の状態で待つかのどちらかということになりますが、日常的に自動車を使用する方は無保険で1年間自動車を使用するのは非常に危険です。

悪い等級でも無事故を続けるというのが一番賢明で安全な方法であるといえます。


自分にあった一番安い自動車保険を見つける

自動車保険に入る時に一括見積りを利用したら、同じ保障内容で、保険料が100,500円⇒65,050円と35,450円も安くなりました。

保険スクエアbang!では最大19社の見積もりを一括で取ることができ、自分にあった保険が安く見つかります。

申込は3分ほどで終わります。

自動車保険の一括見積り(無料)

一括見積もりできる保険会社

  • あいおいニッセイ同和損保
  • アクサダイレクト
  • 朝日火災
  • イーデザイン損保
  • AIU保険
  • SBI損保
  • 共栄火災
  • セコム損保
  • セゾン自動車火災保険株式会社
  • GENERALI(ゼネラリ)
  • ソニー損保
  • 損保ジャパン日本興亜損保
  • そんぽ24
  • ZURICH(チューリッヒ)
  • 東京海上日動
  • 富士火災
  • 三井住友海上
  • 三井ダイレクト
  • 全労済


車を高く売るには無料の一括査定がおすすめ

私がヴォクシーを一括査定で複数の買取会社に査定依頼したら、一番高い会社と一番低い会社で差が36万5000円もありました。(下取り価格との差は50万円以上)

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、査定サービスの中で最も高額査定になりました。運営会社は東証一部上場企業、参加買取店はJADRI加盟店のみ(有名店で固めている)で安心です。

1分ほどの入力ですぐに高額査定の会社が分かり、概算額も申込完了後すぐにわかります。

買取価格の一括査定(無料)

一括見積もりできる保険会社

  • ガリバー
  • カーセブン
  • アップル
  • TAX(タックス)
  • COWCOW(カウカウ)
  • 8710(ハナテン)
  • BIGMOTOR(ビッグモーター)
  • JUMP(ジャンプ)
  • CBOY(シーボーイ)
  • car-bb(カービービー)
  • Woodstock(ウッドストック)
  • AUTOMAX(オートマックス)

サブコンテンツ

このページの先頭へ