保険を使用して等級が下がる事故とノーカウント事故

公開日:2015年10月15日

自動車保険を使用した場合、基本的には3等級ダウンしますが、必ず等級が下がるかというとそうではなく、一部事故の原因や使用した保険によって等級が下がる事故と下がらない事故があります。

「等級が下がらないからよかった」というものではありませんが、等級が下がった場合の保険料への影響は大きいですしルールとしても把握しておきましょう。

自動車保険における事故の分類は大きく3種類

自動車保険を使用した場合の等級の扱いは大きく3種類あります。

保険を使用した場合に「3等級ダウンする事故」と「1等級ダウンする事故」、そして保険を使用しても等級が下がらず翌年度の更新時に等級も上がるいわゆる「ノーカウント事故」と呼ばれるものです。

自動車保険を使用すると基本的には3等級ダウンします。その上で自分に過失がなかったり天災による車両保険の補償など一部の事故が1等級ダウン事故として定められています。

それぞれの詳細な条件を順に見ていきましょう。


3等級ダウン事故となる条件

3等級ダウン事故となる条件は以下の通りです。

■3等級ダウン事故となる条件

以下の条件を両方満たす場合、3等級ダウンとなる。

  • 自分に過失がある事故の場合
  • 使用した保険に対人賠償保険・対物賠償保険・車両保険が含まれる

基本的に自分に過失があり、対人賠償保険・対物賠償保険・車両保険を使用した場合は3等級下がると覚えておきましょう。

3等級ダウン事故で保険を使用すると、次回更新時に等級が3等級下がり、3年間の自己有等級となります。


1等級ダウン事故となる条件

1等級ダウン事故となる条件は以下の通りです。

■1等級ダウン事故となる条件

以下の1と2の両方に当てはまる場合1等級ダウン事故となる

  1. 使用した保険が車両保険単独または車両保険と以下の保険の組み合わせのみの場合
    • 無保険車傷害保険
    • 搭乗者傷害保険
  2. 事故原因が以下の場合
    • 火災、爆発
    • 盗難
    • 騒じょうまたは労働争議に伴う暴力行為、破壊行為
    • 台風、竜巻、洪水、高潮
    • いたずら、落書き、窓ガラスの破損
    • 飛来物、落下物との衝突
    • 偶然の事故によって生じた損害

条件を見ると事故原因で自分に過失がなく、使用した保険が車両保険及び無保険車傷害保険、搭乗者傷害保険の組み合わせのみの場合ですね。

契約車両を盗まれたりいたずらされた場合の車両保険での補償や、火事や天災で車が破損した場合の車両保険の補償が1等級ダウン事故の例であるといえます。

1等級ダウン事故で保険を使用すると、次回更新時に等級が1等級下がり、1年間の自己有等級となります。


ノーカウント事故となる条件

ノーカウント事故となる条件は以下の通りです。

■ノーカウント事故となる条件

「契約者の危険度を直接的に及ぼさない」事故で、適用は保険会社により異なるが、対人・対物賠償保険や車両保険以外の以下の保険のみを使用した場合はノーカウントとなることが多い。

  • 搭乗者傷害保険
  • 人身傷害保険
  • 無保険車傷害特約
  • 弁護士費用補償特約
  • ファミリーバイク特約
  • ファミリー傷害特約

自動車保険での主な補償である対人・対物賠償保険、または車両保険でもない保険のみを使用した場合はノーカウント事故となることが多いようです。

特約により上記の保険の場合等級を下げないようにしているなど、保険会社によって対応・対象が異なりますので、自分が加入中の保険会社へ確認しておくと万が一の時にもスムーズに手続きができます。

ノーカウント事故となった場合は、無事故と同じ扱いとなり、他に事故を起こしていなければ次回更新時に1等級上がり無事故等級となるので保険料上のデメリットはありません。


対人・対物賠償保険、車両保険を使うと等級がダウンする

等級がダウンする事故とノーカウントとなる事故を見てきました。

内容を見ていくとわかりますが、基本的に等級ダウンの対象となるのは対人・対物賠償保険と車両保険を使用した場合です。

逆に対人・対物賠償保険、車両保険以外の保険のみを使用した場合はノーカウント事故としてくれる保険会社が多いようです。

つまり、対人・対物賠償保険、車両保険を使用する場合は次から保険料があがります。

等級が下がる事故かどうかを判断しているのは補償額の多少ではなく使用する保険が何かという点や事故原因です。そのため事故によっては損害額を自己負担して等級はそのままで保険料を安くした方が経済的メリットがある場合があります。

この辺りは保険会社と相談しつつ保険を使用するかどうかを判断されるとよいと思います。

  • 自分に過失がある事故は3等級ダウン
  • 自分に過失がない事故で車両保険を使用した場合は1等級ダウン
  • 対人・対物・車両保険以外の保険を使用した場合は保険会社によってノーカウント事故になることもある

自分にあった一番安い自動車保険を見つける

自動車保険に入る時に一括見積りを利用したら、同じ保障内容で、保険料が100,500円⇒65,050円と35,450円も安くなりました。

保険スクエアbang!では最大19社の見積もりを一括で取ることができ、自分にあった保険が安く見つかります。

申込は3分ほどで終わります。

自動車保険の一括見積り(無料)

一括見積もりできる保険会社

  • あいおいニッセイ同和損保
  • アクサダイレクト
  • 朝日火災
  • イーデザイン損保
  • AIU保険
  • SBI損保
  • 共栄火災
  • セコム損保
  • セゾン自動車火災保険株式会社
  • GENERALI(ゼネラリ)
  • ソニー損保
  • 損保ジャパン日本興亜損保
  • そんぽ24
  • ZURICH(チューリッヒ)
  • 東京海上日動
  • 富士火災
  • 三井住友海上
  • 三井ダイレクト
  • 全労済


車を高く売るには無料の一括査定がおすすめ

私がヴォクシーを一括査定で複数の買取会社に査定依頼したら、一番高い会社と一番低い会社で差が36万5000円もありました。(下取り価格との差は50万円以上)

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、査定サービスの中で最も高額査定になりました。運営会社は東証一部上場企業、参加買取店はJADRI加盟店のみ(有名店で固めている)で安心です。

1分ほどの入力ですぐに高額査定の会社が分かり、概算額も申込完了後すぐにわかります。

買取価格の一括査定(無料)

一括見積もりできる保険会社

  • ガリバー
  • カーセブン
  • アップル
  • TAX(タックス)
  • COWCOW(カウカウ)
  • 8710(ハナテン)
  • BIGMOTOR(ビッグモーター)
  • JUMP(ジャンプ)
  • CBOY(シーボーイ)
  • car-bb(カービービー)
  • Woodstock(ウッドストック)
  • AUTOMAX(オートマックス)

サブコンテンツ

このページの先頭へ