搭乗中のみ補償特約を活用して保険料を安くする方法と注意点

公開日:2015年10月20日

搭乗中のみ補償特約は人身傷害補償保険など契約車両に搭乗中以外のけがも補償する保険の補償範囲を「搭乗中のみ」とすることで保険料を安くすることができる特約です。

単純に補償範囲が狭くなるので利用は慎重にする必要がありますが、複数台車を所有していて補償が重複している場合などに活用することで保険料を安くすることができ、うまく活用することで保険料を最適化できるメリットがあります。

搭乗中のみ補償特約の特徴

  • 人身傷害保険等に付帯させることができる特約
  • 契約車両に搭乗中以外にも補償する保険の補償を「搭乗中のみ」とする
  • 保険料が安くなる

搭乗中のみ補償特約は人身傷害保険等に付帯させることができる特約で、補償範囲を契約車両に搭乗中のみとする代わりに保険料を安くすることができる特約です。

人身傷害保険に契約していると、契約車両に搭乗中のみだけでなく、他の車の搭乗中や歩行中の事故によって自分がけがをした場合も補償がされます。

補償があると便利ではありますが、保険料が割高であったり、他の保険と補償が重複しているようなケースもあります。

そのような場合に搭乗中のみ補償特約で補償を限定することで保険料を安くすることができます。


搭乗中のみ補償特約の注意点

搭乗中のみ補償特約は補償を限定することで保険料を安くする特約ですので、本当に補償を削っても問題ないか注意する必要があります。

特に補償が重複しているわけでもなく単純に保険料を節約したいという方は歩行中の事故や他車に搭乗中の事故に対する補償はなくてよいかを検討する必要があります。

不安をあおるわけではありませんが、事故の時に「こんなはずではなかった」とならないように補償内容は慎重に検討しましょう。


搭乗中のみ補償特約の活用方法

搭乗中のみ補償特約をうまく活用できるのは2台以上車を所有している場合です。

人身傷害補償保険などの車外でのけがなどを補償している保険を1台目、2台目で複数加入していると補償が重複していることになります。

それを2台目の保険のみ搭乗中のみ補償特約をつけることで自動車に乗っていない間の補償は1台目の保険のみで補償することになり、2台目以降の保険は保険料を安く抑えることができます。

  • 搭乗中のみ補償特約は補償を契約車両の搭乗中のみと限定してその分保険料を安くする特約
  • 補償が不要かは慎重に検討する
  • 2台以上車を所有しているときに搭乗中のみ補償特約を活用して補償の重複をなくすことができる


自動車に乗車していない時の事故を補償する特約

  • 自動車運転中以外の事故を補償する特約もある

なお、搭乗中のみ補償特約は人身傷害補償保険の補償範囲を搭乗中のみに限定する特約ですが、逆に運転中以外の事故を補償する「交通事故傷害特約」や「おりても特約」という特約もあります。

人身障害補償保険や搭乗者傷害保険など、自分のけがの損害を補償する保険に加入していなくてもこれらの特約に加入をすることで自動車に乗っていない時の事故を補償することができます。

交通事故傷害特約は交通事故全般を広く補償する特約で、おりても特約はソニー損保独自の車で外出中で車を運転していない時に起きた事故の補償をする特約です。

自動車保険は自動車事故の補償をすることが多くの人の主な目的ですので、運転中以外の事故の補償を単独で付帯させるということは考えづらいですが、特約があることで運転している時していない時あるいはその両方のケースでも補償することができます。

特約はつけすぎると保険料が高くなるもとになりますが、自分の補償したいケースにあわせて保険を用意できるので、うまく活用して自分にあった保険を準備することができます。


自分にあった一番安い自動車保険を見つける

自動車保険に入る時に一括見積りを利用したら、同じ保障内容で、保険料が100,500円⇒65,050円と35,450円も安くなりました。

保険スクエアbang!では最大19社の見積もりを一括で取ることができ、自分にあった保険が安く見つかります。

申込は3分ほどで終わります。

自動車保険の一括見積り(無料)

一括見積もりできる保険会社

  • あいおいニッセイ同和損保
  • アクサダイレクト
  • 朝日火災
  • イーデザイン損保
  • AIU保険
  • SBI損保
  • 共栄火災
  • セコム損保
  • セゾン自動車火災保険株式会社
  • GENERALI(ゼネラリ)
  • ソニー損保
  • 損保ジャパン日本興亜損保
  • そんぽ24
  • ZURICH(チューリッヒ)
  • 東京海上日動
  • 富士火災
  • 三井住友海上
  • 三井ダイレクト
  • 全労済


車を高く売るには無料の一括査定がおすすめ

私がヴォクシーを一括査定で複数の買取会社に査定依頼したら、一番高い会社と一番低い会社で差が36万5000円もありました。(下取り価格との差は50万円以上)

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、査定サービスの中で最も高額査定になりました。運営会社は東証一部上場企業、参加買取店はJADRI加盟店のみ(有名店で固めている)で安心です。

1分ほどの入力ですぐに高額査定の会社が分かり、概算額も申込完了後すぐにわかります。

買取価格の一括査定(無料)

一括見積もりできる保険会社

  • ガリバー
  • カーセブン
  • アップル
  • TAX(タックス)
  • COWCOW(カウカウ)
  • 8710(ハナテン)
  • BIGMOTOR(ビッグモーター)
  • JUMP(ジャンプ)
  • CBOY(シーボーイ)
  • car-bb(カービービー)
  • Woodstock(ウッドストック)
  • AUTOMAX(オートマックス)

サブコンテンツ

このページの先頭へ