事故付随費用補償特約の補償範囲と提供会社がほぼない理由

公開日:2015年10月20日




  • 本記事では事故付随費用補償特約について説明していますが、現在はほとんどの保険会社で提供されていない特約です。

事故付随費用補償特約とは事故が起きてしまったことによって、帰れなくなり宿泊した際のホテル代や、車の代わりにタクシーを使った際のタクシー代など事故が起きたことで発生する細かな費用も補償するという特約です。

現在ではロードサービスが充実してきたため、単独の特約として提供する保険会社はほとんどなくなりました。

事故付随費用補償特約で補償される事故付随費用

事故付随費用補償特約で補償される事故付随費用には以下の費用があります。

費用 内容
宿泊費用 事故や故障で契約車両が自力走行不能になった際、現場近辺に宿泊した場合の費用
帰宅費用 事故や故障で契約車両が自力走行不能になった際、タクシーなどでの帰宅にかかった費用
搬送費用 修理が終わった後の車を自宅まで搬送する費用
キャンセル費用 事故や故障が原因でキャンセルすることになった旅行等のキャンセル費用


事故付随費用補償特約を提供する保険会社がほとんどいない理由

  • 自動車保険のロードサービスが進化した結果、事故付随費用補償特約を提供する保険会社はほとんどいなくなった

事故付随費用補償特約で補償する内容を見ているとわかりますが、これらはすべてロードサービスで提供されていたり補償されている金額です。

事故時の宿泊費用、帰宅の交通費、搬送費用や旅行のキャンセル費用など、レッカー移動があればまるまるロードサービスの内容と同じになります。

事故付随費用補償特約が積極的に提供されていた時代には、こういったサービスを無料のロードサービスとして提供している保険会社がおらず、有料の特約として提供されていました。

しかし、保険会社のロードサービスが進化した結果、サービスの重複を起こして特約として事故付随費用補償特約をわざわざ販売する保険会社がなくなったんですね。

今後、事故付随費用補償特約のようにサービスが進化すると、現在有料で行われている弁護士費用特約なども見なくなる日が来るかもしれません。

参考:「事故・故障損害等に関する付随費用補償特約」とロードサービスとの違いは何ですか?(SBI損保のWEBサイト)


ロードサービスは自動車保険以外にも、JAFやクレジットカードで提供されている

ロードサービスは自動車保険以外にも、JAFやクレジットカードに付帯して提供されていることもあります。

どれも付随サービスなので、知らず知らずのうちに加入していることも多いですが、サービスとしては重複していることがほとんどなので、年会費が発生している場合は見直すことで節約になります。

  • ロードサービスは、自動車保険以外にもJAFやクレジットカードでサービス提供されており、年会費が発生している場合は見直すことで節約になる

すべて無料の場合は放置しても問題ありませんが、ロードサービスを有料で付帯させている場合はサービスを比較して、レッカーサービスや事故時の交通費、宿泊費用など費用対効果で最も良いサービスを選択しましょう。

それ以外のサービスについては解約をしても問題ないでしょう。

JAFは加入することで安心感を得られている方も多いと思いますが、自動車保険でロードサービスが付帯していれば、年会費を払ってまで会員である必要性は低いです。

ダイレクト型の自動車保険に加入している人は、ロードサービスが充実していて、無料で付帯している場合がほとんどだと思いますので、自動車保険のロードサービスを活用した方が得することが多いでしょう。

クレジットカードは、ガソリン元売業者やガソリンスタンド運営会社が提供しているクレジットカードにロードサービスが付帯している場合があります。

ガソリン系の会社が提供しているクレジットカードは、ガソリン代がお得になるので持っているドライバーの方が多いと思います。

ロードサービスは無料であれば付帯させておいて良いですが、有料で付帯させる場合は自動車保険のサービス内容を考慮に入れて検討をするようにしましょう。

ロードサービスを提供しているクレジットカードは別のサイトで紹介していますので、気になる方はご覧ください。


自動車事故の時にかかる費用

自動車事故を起こしてしまうと、被害者への損害賠償以外にも事故時に交通費や宿泊費用などがかかったり、事故後に被害者の人へお見舞いに行ったり、示談交渉を弁護士に依頼する場合には弁護士費用がかかることになります。また自分がけがをした場合や自分の車の修理費用もかかることになります。

損害賠償費用には自賠責保険や任意保険の対人賠償保険や対物賠償保険から支払われることになり、自分がけがをした場合の治療費用は人身傷害補償保険、車の修理費用については車両保険から保険金が支払われることになります。

示談交渉を弁護士に依頼する時の弁護士費用については、任意保険に弁護士費用特約を付帯させていると、一定の金額を保険から支払ってくれます。

お見舞いの交通費や手土産の費用などは保険から支払われることはないので、自腹で負担するしかありませんが、金額的に大きくはなりづらい費用ですしお見舞いは気持ちですので、必要に応じて自分で負担をするようにしましょう。

このように交通事故を起こすと様々なお金が必要になることになります。

中でも事故時の交通費、宿泊費は意外にかかるものですし、その他の費用負担があることを考えると負担せずにすむのであればできるだけ節約したいものです。

事故付随費用補償特約は最近ではあまり提供されていませんので、自動車保険のロードサービスをうまく活用して事故時の費用負担を減らしたいですね。

そういう意味で自動車保険を事故時のサービス内容で比較して選択するというのも一つの手ですので、当サイトで紹介している事故時のサービス内容の比較をぜひ参考にしてください。


自分にあった一番安い自動車保険を見つける

自動車保険に入る時に一括見積りを利用したら、同じ保障内容で、保険料が100,500円⇒65,050円と35,450円も安くなりました。

保険スクエアbang!では最大19社の見積もりを一括で取ることができ、自分にあった保険が安く見つかります。

申込は3分ほどで終わります。

自動車保険の一括見積り(無料)

一括見積もりできる保険会社

  • あいおいニッセイ同和損保
  • アクサダイレクト
  • 朝日火災
  • イーデザイン損保
  • AIU保険
  • SBI損保
  • 共栄火災
  • セコム損保
  • セゾン自動車火災保険株式会社
  • GENERALI(ゼネラリ)
  • ソニー損保
  • 損保ジャパン日本興亜損保
  • そんぽ24
  • ZURICH(チューリッヒ)
  • 東京海上日動
  • 富士火災
  • 三井住友海上
  • 三井ダイレクト
  • 全労済


車を高く売るには無料の一括査定がおすすめ

私がヴォクシーを一括査定で複数の買取会社に査定依頼したら、一番高い会社と一番低い会社で差が36万5000円もありました。(下取り価格との差は50万円以上)

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、査定サービスの中で最も高額査定になりました。運営会社は東証一部上場企業、参加買取店はJADRI加盟店のみ(有名店で固めている)で安心です。

1分ほどの入力ですぐに高額査定の会社が分かり、概算額も申込完了後すぐにわかります。

買取価格の一括査定(無料)

一括見積もりできる保険会社

  • ガリバー
  • カーセブン
  • アップル
  • TAX(タックス)
  • COWCOW(カウカウ)
  • 8710(ハナテン)
  • BIGMOTOR(ビッグモーター)
  • JUMP(ジャンプ)
  • CBOY(シーボーイ)
  • car-bb(カービービー)
  • Woodstock(ウッドストック)
  • AUTOMAX(オートマックス)

サブコンテンツ

このページの先頭へ