万が一の時に安心のトラブルオプションの種類と補償内容

公開日:2015年10月20日

特約には補償を充実させるものや保険料を安くするためのものなど色々ありますが、中でも万が一のトラブルに対応する特約をトラブルオプションといいます。

補償に穴を出さないためにもトラブルオプションには主にどのようなものがあるか見ていきましょう。

主なトラブルオプション

トラブルオプションはリスクに備えるという意味では自動車保険そのものとも言えますが、自動車保険で通常補償される相手を死傷させた場合の損害やものの損害、自分のけがや車の損害以外にも自動車事故を起こした場合にはお金が必要となるケースがあります。

そのようなシンプルな自動車保険では補償ができないリスクを特約などで補償するのがトラブルオプションといえます。

主なトラブルオプションには以下のようなものがあります。

■主なトラブルオプションと補償内容

特約 補償内容
人身傷害補償特約 過失割合に関係なく人身傷害補償(自分のけがの補償)を受けることができる
他者運転危険補償特約 契約車両以外の他人の車で事故を起こした時の損害を補償する
オールリスク免責ゼロ特約 車両保険等のすべての免責金額を0円とする特約(期間中1度のみ使用可能)
臨時運転者特約 他人が運転して事故を起こした場合の補償する
代車費用補償特約 車の修理中のレンタカー費用を補償する
弁護士費用補償特約 もらい事故の場合の弁護士費用を補償する

過失割合に関係なく自分のけがの補償を受けることができたり、契約車両以外の車で事故を起こした場合も補償の対象とすることができたり、他人が運転して起こした事故の費用を補償してくれたりする補償の範囲を広げる特約が多くなっています。

また代車費用や弁護士費用など交通事故を起こした際にかかる諸費用を補償してくれるものもありますね。

このようにトラブルオプションは事故時に必要となる費用やイレギュラーなケースでの損害を補償する内容になっています。

ただ、基本的には補償範囲・内容を充実させると保険料は割高になります。また他人を補償する特約などはその人の自動車保険の補償と重複していることも多く無駄になりがちです。

あれば便利なのは間違いありませんが補償は最低限とすることをおすすめします。

本記事であげた特約は一例ですので、他の記事も参考にしていただけると自分に必要な特約が見つかったり、必要だと思っていた特約が実は不要ということがわかったりするかもしれませんので、ぜひご覧ください。

なお、特約は保険会社によって名称や補償内容に若干の違いがあるため、詳細は各保険会社で確認をするようにしましょう。


必要な補償と保険料とのバランスを考えて検討する

トラブルオプションに限らず、自動車保険で補償や便利なサービスを追加する場合は、常に保険料とのバランスを考えて検討する必要があります。

自動車保険に加入する目的は補償を得ることですので、必要な補償がないと意味がありませんが、一方で多額な保険料を支払っていてはもったいなく、これもまた目的を達成しているとは言えないでしょう。

保険料を安くするには、補償を削るか、割引を活用するか、同じ補償の中で安い保険会社を探すしかありません。

そのため、まずは自分に必要な補償を見極めて、その上で割引を活用して一番安い保険料の会社を探すようにしましょう。

トラブルオプションは便利ですが必要な補償と保険料のバランスを考えて、追加するかを決めるようにしましょう。

補償が決まったら複数の保険会社に一括見積をとるなどして、なるべく多くの保険会社から見積もりを取って一番お得な保険会社を選ぶようにしましょう。


自分にあった一番安い自動車保険を見つける

自動車保険に入る時に一括見積りを利用したら、同じ保障内容で、保険料が100,500円⇒65,050円と35,450円も安くなりました。

保険スクエアbang!では最大19社の見積もりを一括で取ることができ、自分にあった保険が安く見つかります。

申込は3分ほどで終わります。

自動車保険の一括見積り(無料)

一括見積もりできる保険会社

  • あいおいニッセイ同和損保
  • アクサダイレクト
  • 朝日火災
  • イーデザイン損保
  • AIU保険
  • SBI損保
  • 共栄火災
  • セコム損保
  • セゾン自動車火災保険株式会社
  • GENERALI(ゼネラリ)
  • ソニー損保
  • 損保ジャパン日本興亜損保
  • そんぽ24
  • ZURICH(チューリッヒ)
  • 東京海上日動
  • 富士火災
  • 三井住友海上
  • 三井ダイレクト
  • 全労済


車を高く売るには無料の一括査定がおすすめ

私がヴォクシーを一括査定で複数の買取会社に査定依頼したら、一番高い会社と一番低い会社で差が36万5000円もありました。(下取り価格との差は50万円以上)

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、査定サービスの中で最も高額査定になりました。運営会社は東証一部上場企業、参加買取店はJADRI加盟店のみ(有名店で固めている)で安心です。

1分ほどの入力ですぐに高額査定の会社が分かり、概算額も申込完了後すぐにわかります。

買取価格の一括査定(無料)

一括見積もりできる保険会社

  • ガリバー
  • カーセブン
  • アップル
  • TAX(タックス)
  • COWCOW(カウカウ)
  • 8710(ハナテン)
  • BIGMOTOR(ビッグモーター)
  • JUMP(ジャンプ)
  • CBOY(シーボーイ)
  • car-bb(カービービー)
  • Woodstock(ウッドストック)
  • AUTOMAX(オートマックス)

サブコンテンツ

このページの先頭へ