約款にある「記名被保険者」の意味と各割引との関係

公開日:2015年10月3日

「記名被保険者」とは保険証券に記載される被保険者で、自動車保険を契約する車両を主に運転する人を指します。

「記名」というのは「保険証券に記載がされますよ」という意味で、被保険者は契約車両を運転する保険の補償を受けられる人ですので、保険証券に記載がされる保険の補償を受けられる人ということになります。

自動車保険には「契約者」、「車両所有者」など、ほかに人を指す名義が出てきます。

それぞれの意味の違いは「「契約者」「記名被保険者」「車両所有者」の意味と違い」で紹介しています。

補償の範囲における記名被保険者の存在

  • 自動車保険の補償範囲は記名被保険者を中心に決められる

自動車保険における記名被保険者の存在は重要で、補償範囲を定める上で中心的存在になります。

基本的に自動車保険で補償されるのは記名被保険者とその同居親族で、契約者や車両所有者は関係ありません。また、各種割引で補償範囲を制限することもできますが、その際も記名被保険者を中心に補償を考えることになります。

例えば補償範囲を定める場合に、補償の範囲を「家族限定」とする場合、それは記名被保険者の家族を意味します。

「記名被保険者本人」、「記名被保険者の配偶者」、「記名被保険者と同居の親族」、「記名被保険者の別居で未婚の子」などすべて被保険者からの関係で補償範囲が決まります。

自動車保険における補償は記名被保険者を起点として定められるのです。


保険料における記名被保険者の存在

  • 保険料の割引や等級も記名被保険者によって変わる

保険料においても記名被保険者の存在は重要です。

保険料を決める際に自動車保険会社は「ノンフリート等級」「年齢」「性別」「地域」「免許証の色」など様々な項目からリスク・事故率を想定して保険料を決定しています。(このような保険料の決め方をリスク細分型の保険といいます)

この場合の各項目の事故率の判定は記名被保険者の年齢などの情報をもとに決まります。記名被保険者は「契約車両を主に運転する人」なので当然ですが、記名被保険者の自動車保険における重要性がわかると思います。

割引についても同様に重要で、例えばゴールド免許を持っている時に保険料の割引を受けられる「ゴールド免許割引」は、記名被保険者がゴールド免許であることが条件になって割引を受けることができます。

記名被保険者の保険料、割引への影響を知っても記名被保険者を変更することは通常できないと思いますが、約款を確認する際にはよく出てきますのでその重要性を理解しておきましょう。

自動車保険の名義には「契約者」「記名被保険者」「車両所有者」がありますが、保険に縁がない人だと「契約者」が重要に感じる人が多いと思います。

しかし契約者は保険料を支払う人ですので、補償の対象となるのは記名被保険者であるという点は理解しておく必要はありますね。


年齢条件における記名被保険者と補償の関係

家族限定補償と似ているため勘違いしやすいのが、年齢条件による保険料の割引です。

年齢条件による保険料の割引は、主に運転する人の年齢を「20歳以上」「25歳以上」と制限することで、保険料の割引を受けることができます。

注意が必要なのは、年齢を制限する対象が「主に運転する人」である点です。つまり運転するすべての人が年齢条件内である必要はないということです。

  • 年齢条件割引は、「主に運転する人」の年齢を制限するものなので、運転するすべての人が年齢条件内である必要はない

例えば車を貸した時に事故を起こしてしまって、その運転手が年齢条件以下(年齢条件が25歳以上で運転手が20歳など)であっても自動車保険の補償を受けることができます。

「主に運転する人」の定義は、保険会社によって若干異なりますが、記名被保険者とその同居家族とされていることが一般的です。

年齢条件というと、その車を運転する可能性のある人をすべて考慮して設定してしまいがちですが、それは誤解で、記名被保険者とその同居家族の年齢に合わせた年齢条件を設定すれば補償は受けることができます。

多くの人が誤解している内容ですので、年齢条件割引が適切でない契約は意外に多くあります。

逆に言うと、年齢条件を見直すことで保険料は安くなることがあります。また、年齢は年月の経過とともに変わっていくものですので、家族構成の変化とともに定期的に年齢条件について見直しをすると、保険料を最適な状態に保つことができます。

  • 年齢条件割引を見直すことで保険料を安くすることができることが多い
  • 年齢は時間の経過とともに変化していくので、定期的な見直しで保険料が安くなる

このように記名被保険者はとても重要な存在ですので、意識する必要がありますが、自動車保険は契約なので、記名被保険者に限らず、その内容や範囲や定義をきちんと確認して、最適な保険契約をしていく必要があります。

ダイレクト型を利用している人であれば特に自己責任の面が強くなりますので、面倒がらずに契約内容をきちんと確認するようにしましょう。


自分にあった一番安い自動車保険を見つける

自動車保険に入る時に一括見積りを利用したら、同じ保障内容で、保険料が100,500円⇒65,050円と35,450円も安くなりました。

保険スクエアbang!では最大19社の見積もりを一括で取ることができ、自分にあった保険が安く見つかります。

申込は3分ほどで終わります。

自動車保険の一括見積り(無料)

一括見積もりできる保険会社

  • あいおいニッセイ同和損保
  • アクサダイレクト
  • 朝日火災
  • イーデザイン損保
  • AIU保険
  • SBI損保
  • 共栄火災
  • セコム損保
  • セゾン自動車火災保険株式会社
  • GENERALI(ゼネラリ)
  • ソニー損保
  • 損保ジャパン日本興亜損保
  • そんぽ24
  • ZURICH(チューリッヒ)
  • 東京海上日動
  • 富士火災
  • 三井住友海上
  • 三井ダイレクト
  • 全労済


車を高く売るには無料の一括査定がおすすめ

私がヴォクシーを一括査定で複数の買取会社に査定依頼したら、一番高い会社と一番低い会社で差が36万5000円もありました。(下取り価格との差は50万円以上)

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、査定サービスの中で最も高額査定になりました。運営会社は東証一部上場企業、参加買取店はJADRI加盟店のみ(有名店で固めている)で安心です。

1分ほどの入力ですぐに高額査定の会社が分かり、概算額も申込完了後すぐにわかります。

買取価格の一括査定(無料)

一括見積もりできる保険会社

  • ガリバー
  • カーセブン
  • アップル
  • TAX(タックス)
  • COWCOW(カウカウ)
  • 8710(ハナテン)
  • BIGMOTOR(ビッグモーター)
  • JUMP(ジャンプ)
  • CBOY(シーボーイ)
  • car-bb(カービービー)
  • Woodstock(ウッドストック)
  • AUTOMAX(オートマックス)

サブコンテンツ

このページの先頭へ