保険金の請求に必要な「交通事故証明書」を交付する方法

公開日:2015年10月5日

自動車保険に加入した後、万が一事故を起こしてしまった場合は賠償額に対して保険金を保険会社に請求することになります。

保険金の請求手続きは保険会社の人の案内に従って進めていくことになりますが、どんな保険会社でも保険金を請求するための必要書類として「交通事故証明書」という書類が必要です。

本記事では交通事故証明書とはどんな書類か、また入手方法について紹介したいと思います。

交通事故証明書とは

  • 「交通事故が間違いなく発生した」ことの証明書類
  • 自動車保険の保険金の請求に必要
  • 申請をすることで取得できるが、事故時に警察に届けている必要がある

交通事故証明書とは交通事故が発生したということを警察が証明する書類です。保険会社への保険金請求などの際に必要になります。

自動車安全運転センターによって発行され、発生した交通事故の日時、発生場所、状況、事故車両のナンバー、強制保険への加入状況などが記載されています。

警察が証明するということなので交通事故を警察に届けていないと発行できません。

つまり事故が発生した時に警察に届け出ていないと「交通事故証明書」は作りようがなく、それが必要になる保険金の支払いもできないということを意味します。

そのため交通事故を起こした際は、軽微なものでも必ず警察に届け出るようにしましょう。


「交通事故証明書」の交付方法

「交通事故証明書」の交付を受けるには自動車安全運転センターに交付手続きを依頼する必要がありますが、手続き方法は以下の3種類があります。

■「交通事故証明書」の交付手続き方法

  • 自動車安全運転センターの窓口で申請する
  • 交番、保険会社に備え付けの申請用紙から郵便振替で申請する
  • 自動車安全運転センターのWEBサイトで申請する

自動車安全運転センターの窓口

最寄りの自動車安全運転センターの窓口から交付依頼を行います。

申請用紙に必要事項を記入することで申請ができます。必要情報や事故書類が揃っていれば原則当日交付が可能です。事故書類が揃っていない場合は後日登録住所に郵送されます。

なお、手数料として交通事故証明書1通につき540円の手数料がかかります。

最寄りの自動車安全運転センターがわからないという方は、以下のページから最寄りの自動車安全運転センターを探して窓口に行きましょう。


郵便振替

直接窓口に行かなくても郵便で依頼をすることもできます。

郵便振替は、交番や保険会社に置いてある交通事故証明書の郵便振替用申請用紙で依頼をすることができます。

申請用紙に必要事項を記入して依頼をすると後日交通事故証明書が郵送されてきます。

郵便振替の場合も証明書発行費用として540円がかかります。また、郵便費用は実費になりますので、交通事故証明書の郵便振替用申請用紙の郵送費用がかかります。


自動車安全運転センターのWEBサイト

WEBサイトからの申込の場合は自動車安全運転センターの事故証明書の申請用ページで必要事項を入力して申請します。

交付申請をしたらコンビニ払いや銀行振込で証明書交付手数料540円を支払うと交通事故証明書が郵送されます。

540円の手数料以外は特にかかるコストもなく、自宅で申請をしてコンビニ等で支払いをするだけなので、手間も最も少ない方法です。

どの方法で申請をしても良いですが、「安く、手間なく」申請をしたいという人はWEBから申請をするのがおすすめです。


事故が起きたら警察と保険会社には必ず連絡する

新生の手続きなどがあって面倒に感じる人もいると思いますが、交通事故証明書は任意保険の保険金を請求するための大切な書類です。

事故にあった時にはやることがたくさんあり、軽いパニック状態にもなっていると思うので、多くのことを覚えていたり対応することは難しいと思います。

自分が忘れていても保険会社に連絡をしていれば事故証明書の取得を促してくれますし、細かい手続きについてもいざ取得するときに調べれば良いので覚えておく必要はありません。

「事故が起きたら警察と保険会社には必ず連絡する」ということを私たちは理解しておきましょう。

  • 保険金の支払請求には「交通事故証明書」が必要
  • 「交通事故証明書」をもらうには必ず事故を警察に届ける必要がある
  • 「交通事故証明書」の申請方法は窓口・郵便振替・WEBの3種類


自分にあった一番安い自動車保険を見つける

自動車保険に入る時に一括見積りを利用したら、同じ保障内容で、保険料が100,500円⇒65,050円と35,450円も安くなりました。

保険スクエアbang!では最大19社の見積もりを一括で取ることができ、自分にあった保険が安く見つかります。

申込は3分ほどで終わります。

自動車保険の一括見積り(無料)

一括見積もりできる保険会社

  • あいおいニッセイ同和損保
  • アクサダイレクト
  • 朝日火災
  • イーデザイン損保
  • AIU保険
  • SBI損保
  • 共栄火災
  • セコム損保
  • セゾン自動車火災保険株式会社
  • GENERALI(ゼネラリ)
  • ソニー損保
  • 損保ジャパン日本興亜損保
  • そんぽ24
  • ZURICH(チューリッヒ)
  • 東京海上日動
  • 富士火災
  • 三井住友海上
  • 三井ダイレクト
  • 全労済


車を高く売るには無料の一括査定がおすすめ

私がヴォクシーを一括査定で複数の買取会社に査定依頼したら、一番高い会社と一番低い会社で差が36万5000円もありました。(下取り価格との差は50万円以上)

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、査定サービスの中で最も高額査定になりました。運営会社は東証一部上場企業、参加買取店はJADRI加盟店のみ(有名店で固めている)で安心です。

1分ほどの入力ですぐに高額査定の会社が分かり、概算額も申込完了後すぐにわかります。

買取価格の一括査定(無料)

一括見積もりできる保険会社

  • ガリバー
  • カーセブン
  • アップル
  • TAX(タックス)
  • COWCOW(カウカウ)
  • 8710(ハナテン)
  • BIGMOTOR(ビッグモーター)
  • JUMP(ジャンプ)
  • CBOY(シーボーイ)
  • car-bb(カービービー)
  • Woodstock(ウッドストック)
  • AUTOMAX(オートマックス)

サブコンテンツ

このページの先頭へ