相手の過失分の金額は車両保険で支払われるか?自己負担か?

公開日:2015年10月12日
最終更新日: 2015年10月15日

車対車の事故の場合、損害額のうち相手の過失分については、相手に損害賠償請求をして、相手が保険に加入している場合は相手の保険金から支払われます。

それでは相手に過失があって賠償責任がある車の損害が発生した場合、自分が加入している車両保険の保険金はどのように支払われるでしょうか?

結論から言うと、相手の過失分も含めて車両保険から支払われることになります。

相手の過失分の車両保険の補償

車両保険は相手の過失分も含めて、保険金額内の保険金が支払われます。

相手に賠償責任がある場合でも実際に支払いを受けるのは示談成立後になり、通常はかなりのタイムラグがあることになります。

その間、修理費用は立て替えることになりますが、金額が大きい場合は自己負担も重く、人によっては示談成立まで修理費用が払えないなんてことにもなりかねません。

車両保険ではそのようなことがないように、相手の過失分も含めて一度車両保険の保険金額内で支払いを行うようになっているのですね。


相手の賠償責任が消えるわけではない

相手の過失分も車両保険から支払われるというと、加害者側からすると損害賠償を代りに保険会社が支払ってくれたら賠償責任がなくなると思う方もいるかもしれませんがそんなことはありません。

車両保険から保険金が支払われた場合、本来相手が支払うべきだった損害賠償金を保険会社が立て替えて支払ったにすぎませんので、相手に損害賠償責任がある場合はなくなることはなく、相手方は賠償金相当額を保険会社に支払う必要があります。

そのため相手が保険金を支払わなくてもよいことにはならず、また自分が保険会社からも相手からも修理費用をダブルでもらえるというわけでもありません。

損害額が100万円加害者の過失が50%であった場合

  • 被害者の負担額  :100万円が必要(車両保険で50万円、加害者から50万円)
  • 加害者の損害賠償額:50万円を被害者へ支払い



車両保険を使用すると・・

  • 被害者の自己負担額:100万円を受け取る
  • 保険会社     :100万円を被害者へ支払い、加害者から50万円を受け取る
  • 加害者の損害賠償額:50万円を保険会社へ支払い

このように車両保険では契約者(被害者)の自己負担額が一時的にでも重くなりすぎることがないようい過失割合に関係なく保険金の支払いがされるようになっています。


人身傷害補償保険も過失割合に関係なく保険金が支払われる

車両保険と同じく、事故によって自分がけがをした場合の費用を補償してくれる「人身傷害補償保険」や「搭乗者傷害保険」も相手の過失割合に関係なく、損害額に対して補償上限まで保険金が支払われます。

相手の支払い能力の有無に関わらず、治療費などの損害額をもらえるので、当面の治療費を払えるだけの手持ちがない場合などには重宝しますね。

車両保険と同じく、加害者側の賠償責任がなくなるわけではなく、加害者の賠償責任額については保険会社から加害者へ請求が行われますので、加害者に何のおとがめもないのはおかしいと考える方にとっても納得のいく仕組みになっています。

車両保険も人身傷害補償保険も保険料が割高なため敬遠する人もいますが、万が一の時には安心の手厚い補償になっているのですね。

保険料の関係もあるので、当サイトとして車両保険、人身傷害補償保険を強くおすすめしているわけではありませんが、事故の時にすぐお金が手元にもらえるのは頼もしい話ですので、不安な方はその点も考慮して検討をされると良いと思います。


自分にあった一番安い自動車保険を見つける

自動車保険に入る時に一括見積りを利用したら、同じ保障内容で、保険料が100,500円⇒65,050円と35,450円も安くなりました。

保険スクエアbang!では最大19社の見積もりを一括で取ることができ、自分にあった保険が安く見つかります。

申込は3分ほどで終わります。

自動車保険の一括見積り(無料)

一括見積もりできる保険会社

  • あいおいニッセイ同和損保
  • アクサダイレクト
  • 朝日火災
  • イーデザイン損保
  • AIU保険
  • SBI損保
  • 共栄火災
  • セコム損保
  • セゾン自動車火災保険株式会社
  • GENERALI(ゼネラリ)
  • ソニー損保
  • 損保ジャパン日本興亜損保
  • そんぽ24
  • ZURICH(チューリッヒ)
  • 東京海上日動
  • 富士火災
  • 三井住友海上
  • 三井ダイレクト
  • 全労済


車を高く売るには無料の一括査定がおすすめ

私がヴォクシーを一括査定で複数の買取会社に査定依頼したら、一番高い会社と一番低い会社で差が36万5000円もありました。(下取り価格との差は50万円以上)

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、査定サービスの中で最も高額査定になりました。運営会社は東証一部上場企業、参加買取店はJADRI加盟店のみ(有名店で固めている)で安心です。

1分ほどの入力ですぐに高額査定の会社が分かり、概算額も申込完了後すぐにわかります。

買取価格の一括査定(無料)

一括見積もりできる保険会社

  • ガリバー
  • カーセブン
  • アップル
  • TAX(タックス)
  • COWCOW(カウカウ)
  • 8710(ハナテン)
  • BIGMOTOR(ビッグモーター)
  • JUMP(ジャンプ)
  • CBOY(シーボーイ)
  • car-bb(カービービー)
  • Woodstock(ウッドストック)
  • AUTOMAX(オートマックス)

サブコンテンツ

このページの先頭へ