通販型と代理店型はメリット・デメリットを比較して選ぶ

公開日:2015年10月31日

自動車保険の加入方法は大きく分けて代理店型と通販型(ダイレクト型)があります。

代理店型とは、従来からある対面で保険を販売するタイプの保険会社で、保険のプロやディーラー、修理店などが保険会社の代理店となって保険勧誘をするタイプですね。

一方、ダイレクト型とはインターネット、電話、郵送などを介して契約者が直接申し込みをするタイプの保険会社で安い保険料で近年人気が高まっています。

それぞれには特徴があるので、ネット上でも色々な立場の人がおすすめを語っていますが、長所・短所があり結局は人それぞれ何を優先するかでどちらを選べばよいかが見えてくるので当サイトでは代理店型、通販型のそれぞれの特徴をまとめて置きたいと思います。

代理店型の特徴

代理店型の特徴は対面でサービスを受けられること。これにつきます。

担当者がついて対面で保険についての相談に乗ってくれたり、補償内容を見てくれるので安心です。また手続きを担当者がやってくれるので手間がなく楽です。

一方で、保険料については通販型の保険よりも割高になることが多いです。

また、代理店と言っても様々ですのですべての代理店が「保険のプロ」と考えて良いかというとちょっと「?」であるといえるでしょう。

上述した通り、代理店には保険専門の代理店からカーディーラーなどいわゆる「兼業代理店」があります。

カーディーラーはもちろん車を売ることが専門ですので保険の専門家ではありません。もちろん販売のための資格は取得しているのでしょうが人によってかなりばらつきがあるということは覚悟しないといけないでしょう。

代理店型のメリット、デメリットをまとめると以下のようになります。

■代理店型のメリット

  • 対面で説明してもらえるので安心
  • 手続きは担当者がやってくれるので楽
  • 代理店によっては事故の際に現場に来てくれる

■代理店型のデメリット

  • 通販型よりも保険料が高い
  • 無理な営業をされることがある
  • 解約などをする際に気が引ける


通販型(ダイレクト型)の特徴

通販型は代理店型とは逆でサービスがすべてインターネットなど「非対面」で行われる点が特徴です。

インターネットや電話などで自分で申し込み、手続きも自分でする必要がありますが、自分で調べるのも申込するのも基本24時間いつでも自宅でできますので自分のペースで保険選びや手続きができます。

また、代理店型のように人がいないことで保険料が安くなります。

その差は大きくダイレクト型の保険が伸びているのは保険料によるところが大きいでしょう。

通販型のメリット、デメリットをまとめると以下のようになります。

■通販型(ダイレクト型)のメリット

  • 保険料が代理店型よりも安い
  • インターネット割引がありさらに割引がある
  • 申込も手続きも自宅で自由に24時間可能
  • ロードサービスが充実している

■通販型(ダイレクト型)のデメリット

  • 事故の際、現場へかけつけることはない
  • 対面で説明を受けることができない


結局どちらが良いか

結局どちらが良いかはその人が求めるサービスによって変わってくるでしょう。

端的に言うと、「安心」を求めるなら代理店型、「価格」を求めるならダイレクト型という感じですね。

ちなみに当サイトでおすすめしているのはダイレクト型です。

やはり保険料の安さに勝るものはありません。

代理店型の対面サービスは「安心」と「わずらわしさ」の両面を持っており、担当者の当たり外れもあり、ダイレクト型の保険料の安さを補って余りある魅力にはなりえませんので。

あくまで個人的見解ですので、皆さんも自分が求めるサービスを考えてどちらがよいか判断されると良いと思います。

  • 対面サービスの「安心」を重視するなら代理店型
  • インターネット割引など「価格」を重視するなら通販型


自分にあった一番安い自動車保険を見つける

自動車保険に入る時に一括見積りを利用したら、同じ保障内容で、保険料が100,500円⇒65,050円と35,450円も安くなりました。

保険スクエアbang!では最大19社の見積もりを一括で取ることができ、自分にあった保険が安く見つかります。

申込は3分ほどで終わります。

自動車保険の一括見積り(無料)

一括見積もりできる保険会社

  • あいおいニッセイ同和損保
  • アクサダイレクト
  • 朝日火災
  • イーデザイン損保
  • AIU保険
  • SBI損保
  • 共栄火災
  • セコム損保
  • セゾン自動車火災保険株式会社
  • GENERALI(ゼネラリ)
  • ソニー損保
  • 損保ジャパン日本興亜損保
  • そんぽ24
  • ZURICH(チューリッヒ)
  • 東京海上日動
  • 富士火災
  • 三井住友海上
  • 三井ダイレクト
  • 全労済


車を高く売るには無料の一括査定がおすすめ

私がヴォクシーを一括査定で複数の買取会社に査定依頼したら、一番高い会社と一番低い会社で差が36万5000円もありました。(下取り価格との差は50万円以上)

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、査定サービスの中で最も高額査定になりました。運営会社は東証一部上場企業、参加買取店はJADRI加盟店のみ(有名店で固めている)で安心です。

1分ほどの入力ですぐに高額査定の会社が分かり、概算額も申込完了後すぐにわかります。

買取価格の一括査定(無料)

一括見積もりできる保険会社

  • ガリバー
  • カーセブン
  • アップル
  • TAX(タックス)
  • COWCOW(カウカウ)
  • 8710(ハナテン)
  • BIGMOTOR(ビッグモーター)
  • JUMP(ジャンプ)
  • CBOY(シーボーイ)
  • car-bb(カービービー)
  • Woodstock(ウッドストック)
  • AUTOMAX(オートマックス)

サブコンテンツ

このページの先頭へ