暴力団員が自動車保険に加入できる理由と暴力団排除条例

公開日:2015年11月28日

2014年9月に損保各社はこれまで反社会勢力との契約を見送っていた方針を見直し、自動車保険に限り契約を認めるという方針となりました。これにより暴力団員も自動車保険に加入することができるようになりました。

全国的に暴力団排除条例が強化されるなど、暴力団排除の流れが進む中でなぜこのような方針転換となったのでしょうか。


暴力団員が自動車保険に加入することができるようになった理由

  • 暴力団の自動車保険加入を認めたのは被害者を救うため

暴力団の自動車保険加入を認めたのは被害者救済の観点からです。

暴力団員の人が自動車保険に加入していないと困るのは事故の被害者です。任意保険未加入だと暴力団員による事故の被害者となった場合保険から損害賠償金額を支払われません。

自動車保険は契約者本人というよりも事故にあった被害者を救済するためのものですので、暴力団の人が運転する車との事故でけがや死亡した人やその遺族に十分な補償がされないということはあってはなりません。そのため被害者救済の観点から暴力団の人でも例外的に自動車保険については加入を認めるようになったのです。


暴力団排除条例の基本理念

■暴力団排除条例の基本理念

  • 暴力団を恐れない
  • 暴力団に金を出さない
  • 暴力団を利用しない
  • 暴力団と交際しない

全国で出ている暴力団排除条例は都道府県により異なりますが、基本理念は共通で「暴力団を恐れない」「暴力団に金を出さない」「暴力団を利用しない」「暴力団と交際しない」というものです。

特に2010年以降から強化されているのは最後の「暴力団と交際しない」というもので、各事業者は暴力団と契約をする際に反社会的勢力かどうかを確認して暴力団員である場合契約してはいけないことになっています。

銀行、不動産賃貸契約からゴルフ場まで契約してはいけないことになっているので、暴力団員は何もできない世の中になっています。

これくらい厳しい世の中なのに自動車保険の契約が認めるようにしたというのは異例という感じがしますね。

ということで、暴力団員の運転する車に事故を起こされた場合も「暴力団員だから自動車保険に加入していない」ということはなくなりました。しかし、結局自動車保険に加入するかどうかは暴力団員次第です。

暴力団員にもなる方が律儀に自動車保険に加入するかは疑問ですので、自動車保険に加入出来るからと言って、暴力団員が自動車に加入していると考えるのは早計です。

昔から言われるように暴力団風の車には近寄らないというのが一番の自衛の方法であることには変わりなさそうです。。


自分にあった一番安い自動車保険を見つける

自動車保険に入る時に一括見積りを利用したら、同じ保障内容で、保険料が100,500円⇒65,050円と35,450円も安くなりました。

保険スクエアbang!では最大19社の見積もりを一括で取ることができ、自分にあった保険が安く見つかります。

申込は3分ほどで終わります。

自動車保険の一括見積り(無料)

一括見積もりできる保険会社

  • あいおいニッセイ同和損保
  • アクサダイレクト
  • 朝日火災
  • イーデザイン損保
  • AIU保険
  • SBI損保
  • 共栄火災
  • セコム損保
  • セゾン自動車火災保険株式会社
  • GENERALI(ゼネラリ)
  • ソニー損保
  • 損保ジャパン日本興亜損保
  • そんぽ24
  • ZURICH(チューリッヒ)
  • 東京海上日動
  • 富士火災
  • 三井住友海上
  • 三井ダイレクト
  • 全労済


車を高く売るには無料の一括査定がおすすめ

私がヴォクシーを一括査定で複数の買取会社に査定依頼したら、一番高い会社と一番低い会社で差が36万5000円もありました。(下取り価格との差は50万円以上)

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、査定サービスの中で最も高額査定になりました。運営会社は東証一部上場企業、参加買取店はJADRI加盟店のみ(有名店で固めている)で安心です。

1分ほどの入力ですぐに高額査定の会社が分かり、概算額も申込完了後すぐにわかります。

買取価格の一括査定(無料)

一括見積もりできる保険会社

  • ガリバー
  • カーセブン
  • アップル
  • TAX(タックス)
  • COWCOW(カウカウ)
  • 8710(ハナテン)
  • BIGMOTOR(ビッグモーター)
  • JUMP(ジャンプ)
  • CBOY(シーボーイ)
  • car-bb(カービービー)
  • Woodstock(ウッドストック)
  • AUTOMAX(オートマックス)

サブコンテンツ

このページの先頭へ