自動車を所有するとかかる費用の種類と少しでも安くする方法

公開日:2015年10月28日

自動車は便利なものですが、自動車を購入するにはお金がかかりますし、保有しているだけでも様々な費用がかかります。

憧れだけで車を購入すると、購入後に思った以上にお金がかかり、肝心のレジャー費用が減ってしまう人もいて、こんなはずではなかったと感じる人もいますので、購入前に自動車を持つことでかかる費用を把握しておきましょう。


自動車を所有するとかかるお金

■自動車を所有するとかかるお金

  • ガソリン代
  • 駐車場代
  • 車検費用
  • 修理費用
  • 自動車保険料
  • 税金

自動車を所有するとかかるお金でまっさきに浮かぶのがガソリン代でしょう。車が走行する際に不可欠なガソリン代は近年高騰が続いており、多くのドライバーを苦しめる要因となりました。

レギュラー価格でリッター130円も超えることが珍しくなくなってきていますので、普通に走行しているだけでも結構な金額の負担になります。燃費がリッター15kmの車の場合、月に500km走行しているとすると、単純計算で4,300円くらいはかかることになります。

走行距離や燃費で実際にかかる費用は大きく変わってきますが、相応の負担になりますね。

駐車場代は車を駐車するスペースを借りるための費用です。住んでいる場所によって大きく異なりますが、駐車場代は車を所有する上で大きな費用負担となります。

東京だと月に数万円とかかるところも珍しくなく、都内で自動車を持つ人が少なくなっている大きな理由となっています。持ち家の人の場合は気にする必要がない人もいますが、多くの人が頭を悩ませる問題と言えるでしょう。

2年に一度必要な車検時にもお金がかかりますので、車検費用も自動車を持っていると必ずかかる費用といえます。

車検費用の内訳には大きく2つあって、法定費用と呼ばれる重量税や自賠責保険料、検査手数料と、個々のお店によって異なる点検整備料や車検代行料などの料金です。

法定費用のうち重量税は税金ですし、自賠責保険料は自動車保険料として他の費用と重複することになりますが、車検時には数万円の費用負担がありますので、2年に一度とはいえ大きな費用となります。

車に傷がついたり不具合を起こした時には修理費用もかかることになります。事故を起こした場合には保険を使用することもできますが、事故を起こさなくても普通に故障することもありますし、傷がつくこともあります。

その場合には修理費用は自腹で支払うことになりますので、いついくらかかるというのはわかりませんが、まず必要になる費用と言えるでしょう。

自動車保険の保険料も必ず必要になる費用です。車検で更新することの多い自賠責保険は強制保険と呼ばれるもので加入が義務付けられていますが、その他にも任意保険には必ず入っておかないといけません。

自賠責保険は対人賠償のみで、最低限の相手のけがの治療費くらいしか補償してくれません。けがの治療費が足りない場合は自分で残りを負担しないといけませんし、相手の車の修理費用や自分の治療費や車の修理代を考えると任意保険に入っておかないと一度の自己で人生が終わってしまうこともあるでしょう。

自動車保険はダイレクト型の自動車保険であれば安い保険料で加入することができますし、複数社から見積もりをとれば一番安い保険に加入することもできます。経済的に苦しい人でも最低限の任意保険には加入しておくべきですので、自動車で走行する際には必須のものと理解しておくのが良いでしょう。

自動車は所有しているだけで自動車税という税金が毎年かかります。

自動車税は地方税ですので、居住している都道府県や所有する自動車の種類によって税額が異なりますが、東京都の場合は排気量1リットル以下で29,500円、6リットル超の場合は111,000円の税金がかかります。

その他、上述した重量税や自動車を取得する際に課税される自動車取得税などもありますので、自動車を持とうとすると様々なタイミングで課税がされることになります。

このように自動車を持つことで様々な費用がかかることになります。

自動車を持つことで家族で旅行に行くことができたり、遠くへドライブをすることができるようになるなど楽しいことは多いと思いますが、これらの費用がかかることを考えて自動車を持つべきかどうかを考えるようにしましょう。


自分にあった一番安い自動車保険を見つける

自動車保険に入る時に一括見積りを利用したら、同じ保障内容で、保険料が100,500円⇒65,050円と35,450円も安くなりました。

保険スクエアbang!では最大19社の見積もりを一括で取ることができ、自分にあった保険が安く見つかります。

申込は3分ほどで終わります。

自動車保険の一括見積り(無料)

一括見積もりできる保険会社

  • あいおいニッセイ同和損保
  • アクサダイレクト
  • 朝日火災
  • イーデザイン損保
  • AIU保険
  • SBI損保
  • 共栄火災
  • セコム損保
  • セゾン自動車火災保険株式会社
  • GENERALI(ゼネラリ)
  • ソニー損保
  • 損保ジャパン日本興亜損保
  • そんぽ24
  • ZURICH(チューリッヒ)
  • 東京海上日動
  • 富士火災
  • 三井住友海上
  • 三井ダイレクト
  • 全労済


車を高く売るには無料の一括査定がおすすめ

私がヴォクシーを一括査定で複数の買取会社に査定依頼したら、一番高い会社と一番低い会社で差が36万5000円もありました。(下取り価格との差は50万円以上)

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、査定サービスの中で最も高額査定になりました。運営会社は東証一部上場企業、参加買取店はJADRI加盟店のみ(有名店で固めている)で安心です。

1分ほどの入力ですぐに高額査定の会社が分かり、概算額も申込完了後すぐにわかります。

買取価格の一括査定(無料)

一括見積もりできる保険会社

  • ガリバー
  • カーセブン
  • アップル
  • TAX(タックス)
  • COWCOW(カウカウ)
  • 8710(ハナテン)
  • BIGMOTOR(ビッグモーター)
  • JUMP(ジャンプ)
  • CBOY(シーボーイ)
  • car-bb(カービービー)
  • Woodstock(ウッドストック)
  • AUTOMAX(オートマックス)

サブコンテンツ

このページの先頭へ