補償は変えずに自動車保険の保険料の支払額を軽減する方法

公開日:2015年10月27日

自動車保険(任意保険)に加入しようとして、見積もりを取るまでは良かったけど、保険料が思いのほか高く何とか安くできないかと考える人は多いと思います。

自動車の維持費用は自動車保険だけではなく、駐車場代、ガソリン代、車検代、修理費用など様々ありますので、できるだけ安く保険に加入したいと考えるのは自然なことです。

強制保険と呼ばれる自賠責保険は、どの保険会社で加入しても保険の内容や保険料は変わりませんが、任意保険は保険会社によって保険料は全然違いますし、補償の内容も自分にあったものを選択することができるので、保険料支払を軽くしたい場合は任意保険の見直しをする必要があります。

補償を削れば保険料を安くすることができますので、不必要な補償がないかどうかを見極めるのは重要なことで、当サイトでも保険料を安く抑えるためのポイントを別記事で紹介しています。

補償内容は万が一に関わる重要なことなので手厚くしておきたいという方もいると思いますので、ここでは補償内容を変えなくても、ちょっとした工夫で保険料負担を軽減する方法を紹介したいと思います。

保険料の支払い額を軽減する方法

■保険料の支払額を軽減する方法

  • 分割払いを検討する
  • クレジットカード払いを検討する
  • 勤務先の団体扱いを活用する

自動車保険の保険料は1年分をまとめて支払うことが多いので、更新時期の負担が大きくなります。この負担を軽くしたいという場合には分割払いを活用する方法があります。

分割払いの方法は保険会社によって異なりますが、「保険料分割払特約」などを付帯することで保険料を分割払いとすることができ、1回の支払金額を減らして負担を軽くすることができます。

ただし、分割払いとしても保険料が安くなるわけではありませんし、大抵の場合分割払いとすると5%程度の保険料の割増がありますので、総支払額で見ると保険料は増加することになります。

そのため分割払いは更新時期にまとまったお金がない場合の緊急手段として考えておくと良いでしょう。

何とか保険料を分割で支払いたいという人にはクレジットカード払いにすることもおすすめです。

保険会社には保険料の支払方法を一括としていても、保険料をクレジットカードで支払い、クレジットカード側の請求を一回払いでなく分割払いとすれば、保険料の割増をなしに分割払いとして保険料負担を軽くすることができます。

クレジットカードでも分割払いにすると手数料がかかることになりますが、支払回数が少なければ5%以内の手数料ですみ、クレジットカード会社によっては2回払いまで手数料無料としているところもありますので、保険料分割払特約を使用するよりも割安なケースが多くなっています。

さらにクレジットカードで保険料を支払うことでクレジットカードのポイントもつくことになりますので、ポイント分保険料が割引されることになりその点でもお得です。

保険料の支払タイミングをずらすこともでき、支払保険料総額も少なくなりますので、一括、分割に関わらずクレジットカードで支払いをするのはおすすめです。

最後に会社員の人であれば、特定の企業の従業員を対象とした「団体扱・集団扱特約」を利用できることもあります。

勤務先の企業がこの団体扱特約の対象であれば、保険料を給与天引きとすることができたり、保険料の割増なく分割払いとすることができるなどのメリットがあります。

一括で支払えば保険料はさらに割引を受けることができるので、分割払いにしたい人以外でもぜひ活用した方が良い制度です。

勤務先の会社にこのような制度があれば絶対に活用した方がお得ですので、企業の総務部や人事部等に確認をしてみると良いでしょう。

自動車保険の保険料は年間数万円から10万円程度となり、時期や収入によっては支払をずらしたり、何度かに分けて支払いたいという人は多いと思いますので、保険料の支払負担が軽くなるこれらの方法をぜひ活用されてみてはいかがでしょうか。

自分にあった一番安い自動車保険を見つける

自動車保険に入る時に一括見積りを利用したら、同じ保障内容で、保険料が100,500円⇒65,050円と35,450円も安くなりました。

保険スクエアbang!では最大19社の見積もりを一括で取ることができ、自分にあった保険が安く見つかります。

申込は3分ほどで終わります。

自動車保険の一括見積り(無料)

一括見積もりできる保険会社

  • あいおいニッセイ同和損保
  • アクサダイレクト
  • 朝日火災
  • イーデザイン損保
  • AIU保険
  • SBI損保
  • 共栄火災
  • セコム損保
  • セゾン自動車火災保険株式会社
  • GENERALI(ゼネラリ)
  • ソニー損保
  • 損保ジャパン日本興亜損保
  • そんぽ24
  • ZURICH(チューリッヒ)
  • 東京海上日動
  • 富士火災
  • 三井住友海上
  • 三井ダイレクト
  • 全労済


車を高く売るには無料の一括査定がおすすめ

私がヴォクシーを一括査定で複数の買取会社に査定依頼したら、一番高い会社と一番低い会社で差が36万5000円もありました。(下取り価格との差は50万円以上)

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、査定サービスの中で最も高額査定になりました。運営会社は東証一部上場企業、参加買取店はJADRI加盟店のみ(有名店で固めている)で安心です。

1分ほどの入力ですぐに高額査定の会社が分かり、概算額も申込完了後すぐにわかります。

買取価格の一括査定(無料)

一括見積もりできる保険会社

  • ガリバー
  • カーセブン
  • アップル
  • TAX(タックス)
  • COWCOW(カウカウ)
  • 8710(ハナテン)
  • BIGMOTOR(ビッグモーター)
  • JUMP(ジャンプ)
  • CBOY(シーボーイ)
  • car-bb(カービービー)
  • Woodstock(ウッドストック)
  • AUTOMAX(オートマックス)

サブコンテンツ

このページの先頭へ