自動車保険で子供の登下校時の事故に備える方法

公開日:2015年10月28日

任意保険に加入すると、自分が事故を起こした時の補償だけでなく、自動車事故に関する様々なリスクに備えることができます。

中には自動車保険を使って子供の登下校時の事故にも備えることができますので、本記事では自動車保険の意外な活用法を見てみましょう。

人身傷害保険で搭乗中以外の事故にも備える

  • 人身傷害保険は搭乗中以外の事故でも補償してくれる
  • 被保険者の家族も補償対象となる

あまり知られていませんが、人身傷害保険に加入していると、運転中の事故だけでなく、契約車以外の車に乗車している時や歩行中に起きた事故に対しても保険金の支払対象となります。

補償の対象は被保険者本人だけでなく、被保険者の家族が対象になりますので、妻が買い物中に他車に巻き込まれて事故となった場合や、子供が登下校中に事故にあった場合にも補償対象となります。

歩行中に事故に巻き込まれた場合、こちらは被害者ですので、加害者や加害者が加入する保険会社と示談交渉をする必要があります。

相手が自動車保険に加入していなくて満足な賠償金が得られなかったり、任意保険に加入していても保険金が自分の手元に支払われるのはずいぶん先になるなど、示談交渉を自分でするストレスだけでなく一時的に金銭的な負担も負うことになります。

人身傷害保険に加入していれば、保険会社が立て替えて損害賠償相当額を支払ってくれ、示談交渉も保険会社の方で行ってくれるので、自分でお金を工面することなく安心して治療をすることができます。

人身傷害保険の詳細内容は保険会社や加入する自動車保険によって異なりますので、人身傷害保険に加入する場合は契約時に補償範囲をきちんと把握しておく必要があります。


事故にあわないようにするのが最優先

  • 自動車保険で補償できるのはお金だけ
  • 時間や命を失うと戻ってこない

人身傷害保険で運転中以外の事故にも備えられることを見てきました。

子供が登校中の事故にあっても相手の状況に関わらず迅速に賠償金や治療費を手にできるとはいえ、自動車保険にできるのは事故にあった場合や事故を起こしてしまった場合の金銭的な補償だけです。

万が一事故によって一生の傷や障害を負うことになったり死亡してしまった時の精神的な苦痛はカバーしてくれませんので、事故は起きないように予防するのが一番と考えて、子供には危険な道は通らせない、赤信号で渡らない、周りの車に注意して歩行するなどの注意を指せるようにしましょう。


自分にあった一番安い自動車保険を見つける

自動車保険に入る時に一括見積りを利用したら、同じ保障内容で、保険料が100,500円⇒65,050円と35,450円も安くなりました。

保険スクエアbang!では最大19社の見積もりを一括で取ることができ、自分にあった保険が安く見つかります。

申込は3分ほどで終わります。

自動車保険の一括見積り(無料)

一括見積もりできる保険会社

  • あいおいニッセイ同和損保
  • アクサダイレクト
  • 朝日火災
  • イーデザイン損保
  • AIU保険
  • SBI損保
  • 共栄火災
  • セコム損保
  • セゾン自動車火災保険株式会社
  • GENERALI(ゼネラリ)
  • ソニー損保
  • 損保ジャパン日本興亜損保
  • そんぽ24
  • ZURICH(チューリッヒ)
  • 東京海上日動
  • 富士火災
  • 三井住友海上
  • 三井ダイレクト
  • 全労済


車を高く売るには無料の一括査定がおすすめ

私がヴォクシーを一括査定で複数の買取会社に査定依頼したら、一番高い会社と一番低い会社で差が36万5000円もありました。(下取り価格との差は50万円以上)

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、査定サービスの中で最も高額査定になりました。運営会社は東証一部上場企業、参加買取店はJADRI加盟店のみ(有名店で固めている)で安心です。

1分ほどの入力ですぐに高額査定の会社が分かり、概算額も申込完了後すぐにわかります。

買取価格の一括査定(無料)

一括見積もりできる保険会社

  • ガリバー
  • カーセブン
  • アップル
  • TAX(タックス)
  • COWCOW(カウカウ)
  • 8710(ハナテン)
  • BIGMOTOR(ビッグモーター)
  • JUMP(ジャンプ)
  • CBOY(シーボーイ)
  • car-bb(カービービー)
  • Woodstock(ウッドストック)
  • AUTOMAX(オートマックス)

サブコンテンツ

このページの先頭へ