友人の車を運転する時に短期間補償を得る方法と注意点

公開日:2015年10月8日

自動車保険に加入していない、または自分の車にしか補償をしていない人が、車を借りる場合や友人の車を一時的に運転する場合に短期間だけでも補償がほしいときがありますよね。

そのような時に補償を得るための方法を紹介します。

短期間だけ自動車保険の補償を得る方法

他人の車を借りたときに短期間補償を得る方法は以下の通りです。

■他人の車などで短期間だけ自動車保険の補償を得る方法

  • 他車運転時補償特約に加入する
  • ドライバー保険に加入する

他車運転時補償特約に加入する

自動車保険に加入している方であれば、他車運転時補償特約を活用するという方法があります。

他車運転時補償特約とは契約車両以外の車を運転していても補償をしてくれるという特約です。

他車運転時補償特約は被保険者と同居家族であれば有効な場合が多いので、例えば妻の名義の自動車保険に他車運転時補償特約がついている場合、その夫が他の車で事故をしたときに補償の対象となります。

自動付帯していることもあるので、ご自身とご家族がすでに特約としてつけているかを確認するとよいでしょう。


ドライバー保険に加入する

自動車を所有していない方であればドライバー保険に加入すれば、他人の車で起こした事故が補償の対象となります。

ドライバー保険は車ではなく人に紐づく保険で、被保険者の自分名義の車以外であれば起こした事故に対する損害の補償がされます。主にペーパードライバー用の保険といえます。

ドライバー保険も通常の任意保険と同じく1年契約ですので、短期で補償が必要な場合は加入後、車の運転が終わったら保険を解約すると保険金の一部が返金されます。

返金額は完全な日割りではないので、保険料が割高になる場合もあり、何度か他人の車を運転するという方であればそのまま契約をしていた方が得になる場合もあります。


友人の車の保険を利用する場合の注意点

上記は自分で他人の車の運転時の補償を用意するものですが、友人がすでに自動車保険に加入しているのでそれに頼ると考えている方もいると思います。

ただ、その場合いくつか注意点がありますので、運転をする前に必ず確認をしておきましょう。

■友人の車を借りて運転する場合の注意点

  • 友人の車の自動車保険の対象に自分があてはまるか?
  • 事故を起こした場合に友人の等級が下がることになるが問題ないか?

友人の車の自動車保険の対象に自分があてはまるか?

まず友人の車の保険で自分が補償対象にあてはまるか確認をしましょう。

任意保険は保険料節約のため、運転者限定や年齢制限をしている場合があります。

運転者限定特約は運転者を本人、配偶者、同居親族とすることで保険料を安くするもので、このような契約の場合は他人が乗って事故を起こした場合補償がされませんので内容を必ず確認しましょう。

また、20歳以上など年齢条件を保険に設定している場合もありますが、この場合年齢の制限があるのは主に運転をする本人や同居親族で、他人が運転する場合は20歳以下であったとしても補償はされます。

ということで運転者限定がされているかという点を必ずチェックしましょう。

運転者限定がされているにも関わらず、対象外の他人が乗って事故を起こした場合は当然補償がされません。無保険で走っていることと等しくなりますので注意しましょう。


事故を起こした場合、友人の等級が下がることになる

また、補償の対象であったとしても、それで本当に良いのかは確認しておいた方が良いです。

事故を起こして保険を使用すると等級が下がり保険料が上がります。

保険料が上がるのは友人の保険であり、上がった保険料は友人が支払い続けないといけません。

さらに新等級制度では一度事故を起こすと事故有等級となり、以前よりも保険料の上がり方が厳しくなりました。

影響は個々の契約によりますが、将来の保険料を考えると影響は数万円では済まない額になるでしょう。

経験上、ほぼトラブルとなり友人を失うことにもなりますので注意が必要です。

自分が運転する分の保険は自分で用意するのがドライバーとしてのマナーといえますね。

  • 自分が運転する分の保険は自分で用意するのが基本
  • 他人の車を運転する時の補償は他車運転時補償特約かドライバー保険を活用する
  • 他人の保険で車を運転する場合は運転者限定特約があるか確認する


自分にあった一番安い自動車保険を見つける

自動車保険に入る時に一括見積りを利用したら、同じ保障内容で、保険料が100,500円⇒65,050円と35,450円も安くなりました。

保険スクエアbang!では最大19社の見積もりを一括で取ることができ、自分にあった保険が安く見つかります。

申込は3分ほどで終わります。

自動車保険の一括見積り(無料)

一括見積もりできる保険会社

  • あいおいニッセイ同和損保
  • アクサダイレクト
  • 朝日火災
  • イーデザイン損保
  • AIU保険
  • SBI損保
  • 共栄火災
  • セコム損保
  • セゾン自動車火災保険株式会社
  • GENERALI(ゼネラリ)
  • ソニー損保
  • 損保ジャパン日本興亜損保
  • そんぽ24
  • ZURICH(チューリッヒ)
  • 東京海上日動
  • 富士火災
  • 三井住友海上
  • 三井ダイレクト
  • 全労済


車を高く売るには無料の一括査定がおすすめ

私がヴォクシーを一括査定で複数の買取会社に査定依頼したら、一番高い会社と一番低い会社で差が36万5000円もありました。(下取り価格との差は50万円以上)

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、査定サービスの中で最も高額査定になりました。運営会社は東証一部上場企業、参加買取店はJADRI加盟店のみ(有名店で固めている)で安心です。

1分ほどの入力ですぐに高額査定の会社が分かり、概算額も申込完了後すぐにわかります。

買取価格の一括査定(無料)

一括見積もりできる保険会社

  • ガリバー
  • カーセブン
  • アップル
  • TAX(タックス)
  • COWCOW(カウカウ)
  • 8710(ハナテン)
  • BIGMOTOR(ビッグモーター)
  • JUMP(ジャンプ)
  • CBOY(シーボーイ)
  • car-bb(カービービー)
  • Woodstock(ウッドストック)
  • AUTOMAX(オートマックス)

サブコンテンツ

このページの先頭へ