搭乗者傷害保険と人身傷害保険は両方保険金を受け取れるか

公開日:2015年10月10日

自動車保険に限らず保険に加入していると、補償が重複していることがあるので、何かがあった際に支払がされる保険が2つ以上あり保険金がダブルでもらえるのではないかと考える人もいると思います。

結論から言うと、加入している保険によってはダブルで保険金を受け取ることができます。

搭乗者傷害保険と人身傷害補償保険はダブルで保険金を受け取れる

  • 搭乗者傷害保険と人身傷害補償保険は自分のけがを補償する保険
  • 搭乗者傷害保険と人身傷害補償保険の両方に加入しているとダブルで保険金を受け取れる

自動車保険で補償の重複が多いのは搭乗者傷害保険と人身傷害補償保険です。

人身傷害補償保険と搭乗者傷害保険はどちらも自分や同乗者がけがをしたり死亡した場合の治療費等が補償される保険で、搭乗者傷害保険は保険金額の上限の範囲内でけがの種類に応じて定額の保険金が支払われる保険です。

一方、人身傷害補償保険は実際にかかった治療費をもとにした損害額を補償してくれる保険です。

搭乗者傷害保険と人身傷害補償保険の両方を加入していれば、両方の保険から保険金を受け取ることができるので、一つのけがに対してダブルで保険金を受け取ることができます。

けがや死亡をした場合、その他の保険に加入している人は医療保険や生命保険からも保険金が支払われる可能性があります。

けがをした時だけで見ると保険金をダブルで受け取ることができるのは良いことのように思えますが、保険金をダブルで受け取ることができるということはその分保険料を多く支払っているということです。

保険金がダブルで受け取れるという状態は、逆に言うと補償が重複している状態と言えますので、保険の入り方としてはあまり賢い加入状況とは言えません。

補償と保険料のバランスを考えると、できる限り補償の重複はなくすようにしないといけません。


補償の重複をなくすために保険を選択する

補償の重複をなくしたいという場合は、加入している保険から一つを選択して他の保険を解約する必要があります。

人身傷害補償保険であれば治療費の実費を受け取ることができるので、自己負担をする必要がなく万が一の事故の時も安心です。

一方で保険料は人身傷害補償保険は割高なことが多いので、保険料の面を考えると搭乗者傷害保険に加入しておいた方がお得です。

どの保険に加入すべきかどうかに正解はありませんので、上記を踏まえて自分の状況や好みから加入する保険を選択すると良いと思いますので、まずは今自分が加入している保険を洗い出して補償の重複がないかチェックすると良いでしょう。


自分にあった一番安い自動車保険を見つける

自動車保険に入る時に一括見積りを利用したら、同じ保障内容で、保険料が100,500円⇒65,050円と35,450円も安くなりました。

保険スクエアbang!では最大19社の見積もりを一括で取ることができ、自分にあった保険が安く見つかります。

申込は3分ほどで終わります。

自動車保険の一括見積り(無料)

一括見積もりできる保険会社

  • あいおいニッセイ同和損保
  • アクサダイレクト
  • 朝日火災
  • イーデザイン損保
  • AIU保険
  • SBI損保
  • 共栄火災
  • セコム損保
  • セゾン自動車火災保険株式会社
  • GENERALI(ゼネラリ)
  • ソニー損保
  • 損保ジャパン日本興亜損保
  • そんぽ24
  • ZURICH(チューリッヒ)
  • 東京海上日動
  • 富士火災
  • 三井住友海上
  • 三井ダイレクト
  • 全労済


車を高く売るには無料の一括査定がおすすめ

私がヴォクシーを一括査定で複数の買取会社に査定依頼したら、一番高い会社と一番低い会社で差が36万5000円もありました。(下取り価格との差は50万円以上)

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、査定サービスの中で最も高額査定になりました。運営会社は東証一部上場企業、参加買取店はJADRI加盟店のみ(有名店で固めている)で安心です。

1分ほどの入力ですぐに高額査定の会社が分かり、概算額も申込完了後すぐにわかります。

買取価格の一括査定(無料)

一括見積もりできる保険会社

  • ガリバー
  • カーセブン
  • アップル
  • TAX(タックス)
  • COWCOW(カウカウ)
  • 8710(ハナテン)
  • BIGMOTOR(ビッグモーター)
  • JUMP(ジャンプ)
  • CBOY(シーボーイ)
  • car-bb(カービービー)
  • Woodstock(ウッドストック)
  • AUTOMAX(オートマックス)

サブコンテンツ

このページの先頭へ