チューリッヒ、スーパーバイク保険に車両保険を新設

公開日:2015年10月29日

チューリッヒ保険が提供するバイク保険「スーパーバイク保険」に車両保険が新設されました。

保険始期日が2015年1月1日以降の契約に車両保険を付帯させることができ、あわせて保険料の改定も行うと発表しました。

チューリッヒのスーパーバイク保険の車両保険の内容

zurich01

チューリッヒの車両保険は他の自動車との接触によって起きた事故(車対車の事故)で契約バイクに損害が生じた場合に補償をするものです。

また他車運転補償に関する車両特則もあり、友人から借りたバイクなど契約車以外の事故も車対車の事故であれば補償するようになりました。


30代から50代の人の保険料がお得に

チューリッヒでは車両保険提供のタイミングで保険料の改定も行う予定です。

具体的な保険料は人によりますが、30代から50代の年齢の人やゴールド免許保有者、年間予定走行距離が短い人などにとっては保険料がお得になります。

また、弁護士費用等補償特約において、弁護士費用だけではなく行政書士や司法書士への報酬についても補償の範囲内となり、示談が確定する前に着手金などを保険金として受け取ることもできるようになるなど、補償範囲が広がり便利になりました。


バイク保険の車両保険は加入率が低い

バイクでも自動車と同様、公道を走行している限りは事故に合う可能性があり車両保険は必要です。しかしバイクはもともと任意保険の加入率が3割と低く、車両保険をつけることも一般的ではありません。

バイクも自動車も事故のリスクは同じですので、自動車の任意保険と同じくらいの加入率であってもおかしくありませんが、バイク運転者の経済力かリスクへの意識が原因なのかわかりませんが、加入率は芳しくありません。

バイクは自賠責保険に加入していない車両も3割あるというデータもあり、世間的にも若干ダーティーなイメージがあります。。

とはいえ車両保険が必要なことには変わりありませんので、チューリッヒとしてもこのタイミングで車両保険の提供を始めたのでしょうね。車両保険に加入するかどうかは保険料と補償のバランスを見て決めれば良いですが、最低限任意保険には加入して万が一の補償に備えましょう。

少しでも安いバイク保険に加入したい人がほとんどだと思いますが、バイク保険の保険料を安くするには複数の会社に見積もりを取ることです。

バイク保険も一括見積を利用することで、一番安い保険料を探すことができるので、一括見積サービスを利用して保険料を比較しましょう。

インズウェブのバイク保険一括見積


車両保険の免責金額の意味

事故の時には自分の車両はまず修理が必要な状況になりますので、車両の修理費用を保険金から支払ってくれる車両保険は加入していると安心の保険ですが、その分保険料が割高になっています。

そのため自動車保険でも車両保険の加入率は5割を切っていますが、車両保険の保険料を節約する方法として免責金額を設定するという方法があります。

免責金額とは保険を使用した時の自己負担分のことで、修理費用が100万円で免責金額を30万円で設定していた場合、免責金額分を除いた70万円の保険金が支払われます。

修理費用のうち、30万円分は保険金が出ないことになるのでその分の金額を自己負担することになります。

車両保険は使用すると等級が3等級ダウンすることになるので、使用することで翌年以降の保険料が値上がりすることになります。そのため低額な修理費用の場合には、受け取ることのできる保険金よりも保険を使用したことによる値上がりの方が大きくなります。

低額の修理費用の場合は保険を使用しない方が得することが多いので、車両保険を高額の修理費用が発生した時の備えとして加入する人も多くいます。

そのような人にとっては、免責金額を設定して高額の補償にだけ備えておき、普段の保険料を安くすることができます。

車両保険の割高な保険料が気になる人は免責金額を設定して保険料を節約するようにしましょう。


自分にあった一番安い自動車保険を見つける

自動車保険に入る時に一括見積りを利用したら、同じ保障内容で、保険料が100,500円⇒65,050円と35,450円も安くなりました。

保険スクエアbang!では最大19社の見積もりを一括で取ることができ、自分にあった保険が安く見つかります。

申込は3分ほどで終わります。

自動車保険の一括見積り(無料)

一括見積もりできる保険会社

  • あいおいニッセイ同和損保
  • アクサダイレクト
  • 朝日火災
  • イーデザイン損保
  • AIU保険
  • SBI損保
  • 共栄火災
  • セコム損保
  • セゾン自動車火災保険株式会社
  • GENERALI(ゼネラリ)
  • ソニー損保
  • 損保ジャパン日本興亜損保
  • そんぽ24
  • ZURICH(チューリッヒ)
  • 東京海上日動
  • 富士火災
  • 三井住友海上
  • 三井ダイレクト
  • 全労済


車を高く売るには無料の一括査定がおすすめ

私がヴォクシーを一括査定で複数の買取会社に査定依頼したら、一番高い会社と一番低い会社で差が36万5000円もありました。(下取り価格との差は50万円以上)

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、査定サービスの中で最も高額査定になりました。運営会社は東証一部上場企業、参加買取店はJADRI加盟店のみ(有名店で固めている)で安心です。

1分ほどの入力ですぐに高額査定の会社が分かり、概算額も申込完了後すぐにわかります。

買取価格の一括査定(無料)

一括見積もりできる保険会社

  • ガリバー
  • カーセブン
  • アップル
  • TAX(タックス)
  • COWCOW(カウカウ)
  • 8710(ハナテン)
  • BIGMOTOR(ビッグモーター)
  • JUMP(ジャンプ)
  • CBOY(シーボーイ)
  • car-bb(カービービー)
  • Woodstock(ウッドストック)
  • AUTOMAX(オートマックス)

サブコンテンツ

このページの先頭へ