ソニー損保がやさしい運転キャッシュバック型保険を発売開始

公開日:2015年10月29日

ソニー損保は2015年2月から運転のスムーズさに応じて、支払った保険料がキャッシュバックされる新しいタイプの「やさしい運転キャッシュバック型」の自動車保険を販売することになりました。

自動車保険の保険料は事故率によって決まりますので、事故率が低いスムーズな運転をする人に保険料を安くしようという発想のもと作られた商品です。

「やさしい運転キャッシュバック型」の自動車保険とは

sony-sonpo02

  • 運転のスムーズさを評価する
  • ドライブレコーダで加速・減速のスムーズさを計測
  • 急発進・急ブレーキを検知
  • 評価点数に応じてキャッシュバック

やさしい運転キャッシュバック型の自動車保険は、運転のスムーズさを評価してそれに応じた保険料のキャッシュバックを行う新しいタイプの保険です。

契約者にはドライブレコーダーが配布され、契約者の運転の加速や減速のスムーズさを計測します。また急発進・急ブレーキについても検知して「ぷぷっと」音で知らせてくれます。

■ドライブレコーダー
drivereco01

ドライブレコーダーはダッシュボードの上や、シフトレバー付近などに設置することで計測が可能で、両面テープで工事不要で簡単に設置することができます。

キャッシュバックのために安全運転をするようになり、急ブレーキも検知して教えてくれるので意識するようになって運転意識の向上が期待され、結果的に自動車事故が減るかもしれない良い保険ですね。


保険料のキャッシュバック率

気になるのは具体的にいくらキャッシュバックが行われるかでしょう。

保険料のキャッシュバック率はドライブカウンタによって計測された運転記録をもとにソニー損保が計測結果を点数化し、点数に応じたキャッシュバック率によりキャッシュバックがされます。

運転記録の点数は100点満点で、60点以上の運転記録の人へキャッシュバックが行われます。

■点数ごとのキャッシュバック率

点数 キャッシュバック率
90点以上 20%
80点以上 15%
70点以上 10%
60点以上 5%
59点以下 キャッシュバックなし

90点以上で最大の20%のキャッシュバックがありますので、10万円の保険料の人であれば2万円がキャッシュバックされることになり、結構なインパクトがあります。

2割もキャッシュバックがあると考えると、安全運転の大きなモチベーションになりますね。


やさしい運転キャッシュバック型の自動車保険が向いている人

  • 若くても安全運転をする人
  • 免許を取って年数が浅い安全運転をする人
  • 20等級を何十年も続けている人

やさしい運転キャッシュバック型の自動車保険が向いている人はもちろん安全運転で事故率の低い優良運転者です。

自動車保険は事故率をもとに保険料が決まっており、年齢が若い人など事故を起こしやすい属性の人は保険料が高くなっています。そのため安全運転をする優良ドライバーでも年齢が若いという理由だけで割高な保険料を支払っています。

もちろん事故を起こすかどうかは人によるので、安全運転をしている人にとってはうれしい保険となります。

免許をとって年数が浅いドライバーも同様で、ゴールド免許割引を受けることはできませんが、ペーパードライバーを続けてゴールド免許の人よりもずっと運転がうまく安全運転のドライバーはいます。

免許取得から年数が経っていない優良ドライバーにとっても「やさしい運転キャッシュバック型」の自動車保険はおすすめといえますね。

また等級が最高の20等級を何十年も続けている人にとってもおすすめの保険です。

等級は無事故を続けた実績に応じて割引を受けることができるものですが、20等級が最高になっておりそれ以上は何年無事故を続けても等級によってさらに保険料が割引になることはありません。

そういった無事故運転をずっと続けている人にとっては、さらに保険料を安くする機会を得ることができます。

このように「やさしい運転キャッシュバック型」の自動車保険は、ベテランドライバーでも若いドライバーでも安全運転をしている人にとってはうれしい商品といえますね。

といってもソニー損保で決め打ちはせず、複数の保険会社から一括見積をして比較して決めるのが良いと思います。


自分にあった一番安い自動車保険を見つける

自動車保険に入る時に一括見積りを利用したら、同じ保障内容で、保険料が100,500円⇒65,050円と35,450円も安くなりました。

保険スクエアbang!では最大19社の見積もりを一括で取ることができ、自分にあった保険が安く見つかります。

申込は3分ほどで終わります。

自動車保険の一括見積り(無料)

一括見積もりできる保険会社

  • あいおいニッセイ同和損保
  • アクサダイレクト
  • 朝日火災
  • イーデザイン損保
  • AIU保険
  • SBI損保
  • 共栄火災
  • セコム損保
  • セゾン自動車火災保険株式会社
  • GENERALI(ゼネラリ)
  • ソニー損保
  • 損保ジャパン日本興亜損保
  • そんぽ24
  • ZURICH(チューリッヒ)
  • 東京海上日動
  • 富士火災
  • 三井住友海上
  • 三井ダイレクト
  • 全労済


車を高く売るには無料の一括査定がおすすめ

私がヴォクシーを一括査定で複数の買取会社に査定依頼したら、一番高い会社と一番低い会社で差が36万5000円もありました。(下取り価格との差は50万円以上)

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、査定サービスの中で最も高額査定になりました。運営会社は東証一部上場企業、参加買取店はJADRI加盟店のみ(有名店で固めている)で安心です。

1分ほどの入力ですぐに高額査定の会社が分かり、概算額も申込完了後すぐにわかります。

買取価格の一括査定(無料)

一括見積もりできる保険会社

  • ガリバー
  • カーセブン
  • アップル
  • TAX(タックス)
  • COWCOW(カウカウ)
  • 8710(ハナテン)
  • BIGMOTOR(ビッグモーター)
  • JUMP(ジャンプ)
  • CBOY(シーボーイ)
  • car-bb(カービービー)
  • Woodstock(ウッドストック)
  • AUTOMAX(オートマックス)

サブコンテンツ

このページの先頭へ