自動車保険の見直し・乗り換えが必要な理由

公開日:2015年11月1日

自動車保険は定期的な見直しが必要になるとよく聞きますが、毎年のことなので手続きが面倒だったりしてついつい更新手続きだけで終わりという方も多いですが、これは結構もったいないことです。

自動車保険は毎年見直しをするのがベストですが、必ず必要というわけではありません。

それでもできれば見直しをしたいタイミングがありますので、見直しが必要な理由から理解してそのタイミング逃さないようにしておきたいですね。

本記事では自動車保険の見直しが必要な理由を見ていきたいと思います。

自動車保険の見直しが必要な理由

■自動車保険の見直しが必要な理由

  • 年齢、家族構成、使用目的等契約者の環境の変化
  • 保険会社の保険料設定など契約者以外の環境の変化

自動車保険の見直しが必要な理由には大きく2つあり、家族構成や使用目的などの「契約者の環境の変化」と、保険会社の保険料改定や安い自動車保険会社の出現などの「契約者以外の外部環境の変化」があります。


毎年変わる契約者の環境

■主な契約者の環境の変化

  • 子供が独立・別居することになった
  • 車の使用目的が変わった
  • 年齢が一つ上がった

自動車保険の定期的な見直しが必要な理由として最も大きいのは、契約者の環境の変化があるからです。

自動車保険はリスク細分型の保険料体系が取られているため、運転者の年齢や車の使用目的、年間走行距離等、様々な項目をもとに保険料が決まっています。

そのため営業車で使用していた車だったが土日のレジャー利用のみとなった場合などは保険料が安くなったりします。

その他の項目についても同様に何か変化があった場合は保険料も変化するので、保険料への影響が大きい利用目的や運転者が変わった場合は保険を見直す必要があります。

何も変わっていないという方でも注意が必要なのが年齢です。

若年者は事故率が高いです。そのため自動車保険では運転者に若者がいないと保険料を安く設定することができる運転者年齢条件があります。

運転者年齢条件は保険会社によって21歳以上のみ、26歳以上のみ、30歳以上のみ、制限なしなどと設定しますが、25歳の息子がいるので21歳以上のみの運転者年齢条件としていた場合、1年後には26歳ですので運転者年齢条件は26歳以上のみとすることができ保険料が安くなることがあります。

このように自分たちの中では何も変わっていなくても、年齢が上がるだけで保険料が変わる可能性があるのです。

最低限、年齢条件の条件が変更になるタイミングや、子供の独立や別居など、家族構成に変化があった場合には自動車保険の見直しをしておきたいですね。


保険会社の保険料改定の可能性もある

■契約者以外の外部環境の変化例

  • 保険会社の保険料改定が行われた
  • 新たな業態の保険会社が出てきた

また契約者以外の環境が変わっていることがあります。

代表的なものは保険会社の保険料設定で、保険会社は発生した事故、保険金支払い実績から保険料を設定していますので、保険料は毎年変わる可能性があります。

そのため契約者の条件が全く変わらなかったとしても、同じ条件で一番安い保険会社は変わっている可能性があるため定期的に自分の条件で最もお得な保険料の保険会社はどこなのかということはチェックしておく必要あります。

また、頻繁にあるわけではありませんが、お得な保険料を提示する新しい業態の保険会社などが現れた場合も、今の保険料と比較して保険を見直す良いきっかけになります。

従来の代理店で販売をせずインターネット等で直接保険を販売するダイレクト型自動車保険が出てきたように、保険業界も何年かに一度は新しい業態が出てくる可能性があります。

そうなるとお得な保険会社は変わりますので、自分の今の保険料や補償内容がお得かどうかチェックする意味でも保険の見直しは有効になります。

契約者自身の環境の変化や保険会社の保険料改定など、見直しが必要なタイミングはなんだかんだで毎年のように訪れます。

毎年保険の見直しをするのが面倒という方は2年に一度や3年に一度など見直しをする時期を決めておき、定期的に見直しをすることで気付いたらお得でない保険に何年も加入していたということを防ぐことができます。

見積もりだけでも毎年更新時にとっておくと、あまり手間もなく自分の保険を最適化することができます。


自分にあった一番安い自動車保険を見つける

自動車保険に入る時に一括見積りを利用したら、同じ保障内容で、保険料が100,500円⇒65,050円と35,450円も安くなりました。

保険スクエアbang!では最大19社の見積もりを一括で取ることができ、自分にあった保険が安く見つかります。

申込は3分ほどで終わります。

自動車保険の一括見積り(無料)

一括見積もりできる保険会社

  • あいおいニッセイ同和損保
  • アクサダイレクト
  • 朝日火災
  • イーデザイン損保
  • AIU保険
  • SBI損保
  • 共栄火災
  • セコム損保
  • セゾン自動車火災保険株式会社
  • GENERALI(ゼネラリ)
  • ソニー損保
  • 損保ジャパン日本興亜損保
  • そんぽ24
  • ZURICH(チューリッヒ)
  • 東京海上日動
  • 富士火災
  • 三井住友海上
  • 三井ダイレクト
  • 全労済


車を高く売るには無料の一括査定がおすすめ

私がヴォクシーを一括査定で複数の買取会社に査定依頼したら、一番高い会社と一番低い会社で差が36万5000円もありました。(下取り価格との差は50万円以上)

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、査定サービスの中で最も高額査定になりました。運営会社は東証一部上場企業、参加買取店はJADRI加盟店のみ(有名店で固めている)で安心です。

1分ほどの入力ですぐに高額査定の会社が分かり、概算額も申込完了後すぐにわかります。

買取価格の一括査定(無料)

一括見積もりできる保険会社

  • ガリバー
  • カーセブン
  • アップル
  • TAX(タックス)
  • COWCOW(カウカウ)
  • 8710(ハナテン)
  • BIGMOTOR(ビッグモーター)
  • JUMP(ジャンプ)
  • CBOY(シーボーイ)
  • car-bb(カービービー)
  • Woodstock(ウッドストック)
  • AUTOMAX(オートマックス)

サブコンテンツ

このページの先頭へ