自動車保険に未加入の場合の事故時の補償はどうなるか

公開日:2015年10月2日

自賠責保険は加入が義務づけられており、自動車の購入時および車検時に加入させられることになりますが、任意保険はその名の通り強制ではありません。

そのため一部のドライバーは任意保険に加入していない人がいますが、自動車保険に未加入の場合、事故の加害者となった時の補償はどうなるでしょうか。


自動車保険(任意保険)に未加入の場合の事故時の補償

結論としては、自分が加害者となり事故により発生した賠償額は強制保険部分を除いてすべて負担することになります。

任意保険に加入せず、自動車保険に未加入の状態で事故を起こしてしまった場合、損害賠償金について自賠責保険の補償額を超える部分はすべて自己負担になります。

自賠責保険の補償金額は傷害事故で最大120万円、死亡事故で最大3,000万円、後遺障害で最大4,000万円までしか補償されません。

以下の記事で記載している通り、交通事故による高額の賠償金は対人でも対物でも1億円を超えることは珍しくありません。

また自賠責保険は対人補償のみの保険ですので、対物や自分けがや車に対しての損害賠償は補償していません。

自動車運転をする以上自動車事故のリスクはつきものです。任意保険に加入せずに公道を走ることはそのようなリスクをすべて受けることになるため自殺行為です。

うっかりではすまず、加害者は一生を棒に振る(損害賠償金を支払うために生きる)ことになりますし、なにより事故の被害者へさらなる負担を強いることになりますので、任意保険には必ず加入しておく必要があります。

  • 自動車保険に未加入で事故を起こすと損害額は全額自己負担で賠償
  • 自賠責保険は対人補償しかなく、対物や自損事故への対応が必要


自動車保険に未加入の人との事故で被害者になった場合

一方、自動車保険に未加入の人の事故に巻き込まれた場合はどうなるでしょう。

もちろん事故の被害者となった場合でも、加害者の保険加入有無に関わらず賠償責任は発生するので、全額自己負担で支払ってもらうことになります。

しかし一般人には支払うことができないほど高額になることもあるため、保険に加入していないと高額の賠償金を支払うことができずに、損害額がいつまでたっても支払われないという事態に陥ります。

公道を走る際に自動車保険に加入するのは常識ですので、にもかかわらず保険に加入しないで自動車に乗っている人は、保険料を支払う余裕のない人か、マナーがない人が多いです。

高額の賠償金が発生しても支払うことができない(支払われない)という事態になることは十分ありえます。

損害賠償額のうち、自賠責保険で支払われる金額が払えない場合は政府保証事業という国の制度を使って支払いを受けることができますが、任意保険で支払われる分についてはセーフティネットがなく、事故の加害者に支払能力がないと損害額の補償がされません。

事故を起こされた上に損害賠償金も支払われないということになると目も当てられないので、そのような無保険車と事故を起こした場合に支払われない賠償金分を補償してくれる「無保険車傷害保険」という保険があります。

  • 任意保険に加入していない人との事故にあった場合に備えるための「無保険車傷害保険」という保険がある

無保険車傷害保険は、その名の通り、保険に入っていない無保険車と事故を起こした場合に、相手方が支払い不能な金額について自分の保険会社から支払いを受けることができる保険です。

相手が悪い場合で、支払い能力がない場合への備えを自分でするのは、何ともやるせない気持ちになりますが、現実問題リスクがある以上備えておく必要があります。

無保険車傷害保険は対人賠償保険の特約として自動付帯する保険会社が多いので、自動車保険の契約前にチェックしておくと良いでしょう。

なお、無保険車傷害保険の特徴については以下の記事で紹介していますので、気になる方はぜひチェックしてみてください。


自分にあった一番安い自動車保険を見つける

自動車保険に入る時に一括見積りを利用したら、同じ保障内容で、保険料が100,500円⇒65,050円と35,450円も安くなりました。

保険スクエアbang!では最大19社の見積もりを一括で取ることができ、自分にあった保険が安く見つかります。

申込は3分ほどで終わります。

自動車保険の一括見積り(無料)

一括見積もりできる保険会社

  • あいおいニッセイ同和損保
  • アクサダイレクト
  • 朝日火災
  • イーデザイン損保
  • AIU保険
  • SBI損保
  • 共栄火災
  • セコム損保
  • セゾン自動車火災保険株式会社
  • GENERALI(ゼネラリ)
  • ソニー損保
  • 損保ジャパン日本興亜損保
  • そんぽ24
  • ZURICH(チューリッヒ)
  • 東京海上日動
  • 富士火災
  • 三井住友海上
  • 三井ダイレクト
  • 全労済


車を高く売るには無料の一括査定がおすすめ

私がヴォクシーを一括査定で複数の買取会社に査定依頼したら、一番高い会社と一番低い会社で差が36万5000円もありました。(下取り価格との差は50万円以上)

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、査定サービスの中で最も高額査定になりました。運営会社は東証一部上場企業、参加買取店はJADRI加盟店のみ(有名店で固めている)で安心です。

1分ほどの入力ですぐに高額査定の会社が分かり、概算額も申込完了後すぐにわかります。

買取価格の一括査定(無料)

一括見積もりできる保険会社

  • ガリバー
  • カーセブン
  • アップル
  • TAX(タックス)
  • COWCOW(カウカウ)
  • 8710(ハナテン)
  • BIGMOTOR(ビッグモーター)
  • JUMP(ジャンプ)
  • CBOY(シーボーイ)
  • car-bb(カービービー)
  • Woodstock(ウッドストック)
  • AUTOMAX(オートマックス)

サブコンテンツ

このページの先頭へ