代理店の役割と専属代理店、乗合代理店の意味

公開日:2015年10月1日

通販型(ダイレクト型)と代理店型は違いを理解してどちらが良いか決める」で
自動車保険におけるダイレクト型と代理店型の違いを説明しました。

そこで代理店型の魅力としてあげた「きめ細かいサービス」をあげましたが、代理店とは実際にどのようなことをしてくれるのか、自動車保険における代理店の役割と種類について紹介したいと思います。

自動車保険の代理店の役割

一般的に自動車保険における代理店の役割は以下になります。

■自動車保険の代理店の役割

  • 保険契約の締結
  • 保険料の領収
  • 保険契約の変更受付
  • 保険契約の解除受付
  • 保険料領収証の発行・交付
  • 保険証券の交付
  • 保険契約の維持・管理
  • 事故時の事故受付・サポート・保険会社への報告
  • 保険金請求のサポート

保険契約における代理店の役割は多くあり、保険契約締結から保険加入後の管理、有事の際の事故受付や保険金が支払われるまでのサポートと多岐にわたります。

そのため保険以外の商品の販売代理店とは異なり、契約者と保険会社をつなぐとても重要な存在です。


代理店には専業代理店と兼業代理店がある

代理店には色々なお店や会社がなっていますが、大きくは保険ショップなど保険の募集を専業で行っている「専業代理店」とカーディーラーや修理工場などもともとの本業があり副業として自動車保険の募集をしている「兼業代理店」があります。

専業代理店であれば、保険のプロが店舗にいるので専門的な相談にのってもらえますし、カーディーラーなどの自動車販売店が代理店であればワンストップで保険に加入することで保険手続等の手間が省けます。


1社の保険会社を扱う「専属代理店」と複数の保険会社を扱う「乗合代理店」

また代理店は取り扱っている保険会社の数によって、1社のみ保険会社と契約している代理店は「専属代理店」、複数の保険会社と契約している代理店は「乗合代理店」と呼ばれます。

複数の保険を比較したり見積もりを取りたいという時には複数の保険会社を扱っている乗合代理店が便利です。

  • 保険代理店は新規契約時から事故の際の保険金の請求までサポートする重要な存在
  • 代理店は保険を本業とする専業代理店と他に本業を持つ兼業代理店がある
  • 契約する保険会社の数が1社の「専属代理店」と複数の「乗合代理店」がある


代理店の分類まとめ

自動車保険の代理店の分類について見てきました。

大きく代理店が専業かどうかという点と、取り扱う保険会社が単独か複数かどうかという点で分類をすることができます。

■代理店の分類まとめ

分類 名称 特徴
専業かどうか 専業代理店 保険の販売専業の代理店
専門的な知識を有しており案内してもらうことができる。
兼業代理店 ディーラーや不動産会社など本業があって保険の販売も手掛けている代理店
車の購入時など、何かのついでに保険に加入することができるので手間が少ない。
扱う保険会社の数 専属代理店 特定の保険会社の保険のみを取り扱う代理店
特定保険会社の詳細について把握しており聞くことができる。
乗合代理店 複数の保険会社の保険を取り扱う代理店
数ある保険会社から比較して、最適な保険を提案してもらうことができる。

専業代理店は保険の販売が専業ですので、保険の内容にも詳しい場合が多く、じっくり選びたいという場合におすすめの代理店です。

一方で兼業代理店はカーディーラーなどの本業である場合が多く、代理店の本業の方を利用した場合についでに自動車保険にも加入できるので手間が少なく加入することができます。さっと契約をしたいという場合におすすめの代理店です。代理店との付き合いで加入する人も多いようです。

どちらが良いかは人それぞれですが、それぞれの特徴を理解して自分にあった代理店を選ぶようにしましょう。

また、専属代理店と乗合代理店のどちらが良いかについては、専属代理店は単独の保険会社の保険しか取り扱いがないので、乗合代理店の方がおすすめです。

専属代理店は、その分特定の保険会社の保険内容については詳しい場合が多いですが、自動車保険は比較することでお得な保険を探すことができますので乗合代理店の方が選択肢も広くなります。

なお、保険料を重視するなら代理店型よりもダイレクト型の自動車保険の方が同じ補償内容であれば保険料がお得なので、ダイレクト型の保険会社から見積もりをとるのがおすすめです。

ダイレクト型も含めて多くの会社から一括見積をすることで比較して選ぶことができますので、自動車保険の一括見積サービスを利用するのが良いでしょう。


自分にあった一番安い自動車保険を見つける

自動車保険に入る時に一括見積りを利用したら、同じ保障内容で、保険料が100,500円⇒65,050円と35,450円も安くなりました。

保険スクエアbang!では最大19社の見積もりを一括で取ることができ、自分にあった保険が安く見つかります。

申込は3分ほどで終わります。

自動車保険の一括見積り(無料)

一括見積もりできる保険会社

  • あいおいニッセイ同和損保
  • アクサダイレクト
  • 朝日火災
  • イーデザイン損保
  • AIU保険
  • SBI損保
  • 共栄火災
  • セコム損保
  • セゾン自動車火災保険株式会社
  • GENERALI(ゼネラリ)
  • ソニー損保
  • 損保ジャパン日本興亜損保
  • そんぽ24
  • ZURICH(チューリッヒ)
  • 東京海上日動
  • 富士火災
  • 三井住友海上
  • 三井ダイレクト
  • 全労済


車を高く売るには無料の一括査定がおすすめ

私がヴォクシーを一括査定で複数の買取会社に査定依頼したら、一番高い会社と一番低い会社で差が36万5000円もありました。(下取り価格との差は50万円以上)

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、査定サービスの中で最も高額査定になりました。運営会社は東証一部上場企業、参加買取店はJADRI加盟店のみ(有名店で固めている)で安心です。

1分ほどの入力ですぐに高額査定の会社が分かり、概算額も申込完了後すぐにわかります。

買取価格の一括査定(無料)

一括見積もりできる保険会社

  • ガリバー
  • カーセブン
  • アップル
  • TAX(タックス)
  • COWCOW(カウカウ)
  • 8710(ハナテン)
  • BIGMOTOR(ビッグモーター)
  • JUMP(ジャンプ)
  • CBOY(シーボーイ)
  • car-bb(カービービー)
  • Woodstock(ウッドストック)
  • AUTOMAX(オートマックス)

サブコンテンツ

このページの先頭へ