メーカー独自の保険は修理やロードサービスが充実

公開日:2015年10月2日

自動車保険の中には通常の自動車保険の補償に加えて、特定のメーカーの車についてはロードサービスなどのサービスを追加して提供しているものもあります。

一般的にメーカー独自の保険は修理やロードサービスを元の保険よりも充実させていることが特徴です。

小さな傷であれば車両保険を使うことなく、少ない自己負担額で修理サービスを受けることができたり、自動車保険に付帯しているロードサービスよりもきめ細かなサービスを受けることができるということです。

良いことずくめのメーカー独自保険は、該当自動車メーカーのカーディーラーからのみ申込ができるようになっています。

  • メーカー独自保険は元の保険から保険料はそのままで修理やロードサービスなどが充実している
  • 特定のメーカーのカーディーラーから申し込むことができる

メーカーが保険にサービスを加えているのは自動車の購入促進というよりも、自動車購入時の自動車保険成約率を高めるための狙いがあるようです。

契約者にもメリットがあるのでWin-Winと言えそうですが、保険料などはダイレクト型の保険が安いので、補償や付帯サービスと保険料を考えて検討する必要があります。


代理店から自動車保険に加入するメリットと注意点

自動車保険の加入の仕方は、主に代理店から加入する代理店型の自動車保険会社とインターネットから申し込みをするダイレクト型の自動車保険会社の大きく2種類があります。

代理店型の自動車保険に加入するメリットは、担当者と直接やり取りをすることができるので、プロにアドバイスをもらうことができ、対面で相談できる安心感がある点です。

また手続き面でも代理店の担当者が手配してくれるので、自分で郵送しないといけないダイレクト型と比較して手間がなく便利である点もメリットです。

■代理店から自動車保険に加入するメリット

  • 担当者に対面で相談でき、きめ細かいサービスを受けることができ安心感がある
  • 担当者が手続きをしてくれるので、簡単で手間がない

一方で、人件費が安くなるダイレクト型と比較して、代理店型の自動車保険は担当者や店舗の費用が保険料に乗る分、保険料が高くなりますので注意が必要です。

特徴を考えると、費用重視の方はダイレクト型、手間や安心感重視の方は代理店型の自動車保険を選ぶのが良いといえます。

代理店型とダイレクト型の自動車保険の違いや特徴は以下の記事で詳細に説明していますので、ぜひ参考にしてください。


自分にあった一番安い自動車保険を見つける

自動車保険に入る時に一括見積りを利用したら、同じ保障内容で、保険料が100,500円⇒65,050円と35,450円も安くなりました。

保険スクエアbang!では最大19社の見積もりを一括で取ることができ、自分にあった保険が安く見つかります。

申込は3分ほどで終わります。

自動車保険の一括見積り(無料)

一括見積もりできる保険会社

  • あいおいニッセイ同和損保
  • アクサダイレクト
  • 朝日火災
  • イーデザイン損保
  • AIU保険
  • SBI損保
  • 共栄火災
  • セコム損保
  • セゾン自動車火災保険株式会社
  • GENERALI(ゼネラリ)
  • ソニー損保
  • 損保ジャパン日本興亜損保
  • そんぽ24
  • ZURICH(チューリッヒ)
  • 東京海上日動
  • 富士火災
  • 三井住友海上
  • 三井ダイレクト
  • 全労済


車を高く売るには無料の一括査定がおすすめ

私がヴォクシーを一括査定で複数の買取会社に査定依頼したら、一番高い会社と一番低い会社で差が36万5000円もありました。(下取り価格との差は50万円以上)

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、査定サービスの中で最も高額査定になりました。運営会社は東証一部上場企業、参加買取店はJADRI加盟店のみ(有名店で固めている)で安心です。

1分ほどの入力ですぐに高額査定の会社が分かり、概算額も申込完了後すぐにわかります。

買取価格の一括査定(無料)

一括見積もりできる保険会社

  • ガリバー
  • カーセブン
  • アップル
  • TAX(タックス)
  • COWCOW(カウカウ)
  • 8710(ハナテン)
  • BIGMOTOR(ビッグモーター)
  • JUMP(ジャンプ)
  • CBOY(シーボーイ)
  • car-bb(カービービー)
  • Woodstock(ウッドストック)
  • AUTOMAX(オートマックス)

サブコンテンツ

このページの先頭へ