自動車保険の更新時に保険料が高くなる場合と安くなる場合

公開日:2015年10月19日

自動車保険はリスク細分型の保険料の計算などにより、様々な項目が保険料に影響します。

そのため自動車保険の更新時には保険料が変わる場合が多くあります。

自分は何も変わっていないと思っても年齢が上がっていたり、保険会社の計算が変わっていたりする場合もありますので、毎年チェックするとともに保険料が変わる条件を理解しておきましょう。

自動車保険の更新時に保険料が変更になる場合

一般的に保険料を決める要素には以下の項目があります。

■保険料を決める要素

  • 運転者限定条件
  • 年齢条件
  • 用途・車種
  • 型式別料率クラス
  • 補償範囲
  • 補償金額
  • 割引
  • 特約
  • 使用目的
  • 走行距離
  • 等級

上記の項目が保険料に与える影響の詳細は別の記事を参照いただきたいのですが、要は上記項目が変更になった場合は保険料も増減する可能性があるといえます。

非常に多くの項目が保険料に影響を与えるため、基本的には何か環境が変わったら自動車保険の保険料は変わると思っていた方が良いでしょう。

車の使用目的が通勤のみだったのが、営業車としても使用することになったり、子供が独立して別居状態になったとしても保険料は変わります。

保険料が上がるケースは保険会社は見逃しませんが、環境が変わって特約・割引を利用して保険料を安くすることが出来るケースは誰も教えてくれません。

以下の記事などを参考にして、保険料が安くなるパターンを覚えておくことが重要です。


更新時の等級の変化

特に環境に変化がない場合でも保険料が変更になり、また影響が大きいのが「等級」と「年齢」です。

等級は無事故実績を表し、1年経過して無事故であった場合は等級が一つ上がります。逆に前の1年間で事故を起こして保険を使用していたりした場合は等級が下がります。

等級が下がるのは、事故や保険の種類によって3等級ダウンと1等級ダウンする場合に分かれます。

また事故によっては保険を使用しても等級が下がらないノーカウント事故もあります。ノーカウント事故の場合は無事故と同じく他に事故がなければ翌年等級が1つ上がることになります。

つまり、更新時の等級の変化は、1等級アップ(無事故・ノーカウント事故のみの場合)、3等級ダウン、1等級ダウンの3種類に分かれます。

■更新時の等級の変化

  • 1等級アップ(無事故・ノーカウント事故のみの場合)
  • 3等級ダウン(3等級ダウン事故)
  • 1等級ダウン(1等級ダウン事故)

事故が3等級ダウン、1等級ダウン、ノーカウント事故のどれにあたるかは別の記事で解説しています。

3等級ダウン事故を起こしていた場合は保険料への影響がかなり大きく、翌年の保険料は数万円単位で高くなるでしょう。

そのため事故を起こしたタイミングで保険を使用した方が得なのか、損なのかを見極めて判断する必要があります。

保険を使用することでどれくらい保険料が上がるかは、当サイトでも試算していますので気になる方は参考にしてください。


保険料は毎年かなり変わる可能性がある

更新時に保険料が増減する場合を見てきましたが、かなりの場合保険料が前年と変わる可能性があるということがわかると思います。

保険料が変わる可能性があるということは、最適な保険会社も変わっている可能性があります。

そのため毎年同じ保険会社を利用するというのではなく、毎年他の保険会社の見積もりだけでもとっておくと、保険料を無駄に高く払っていたということを防ぐことができます。

一括見積サイトであれば、5分程度の申込で終わりますので、毎年見積もりを眺めながら、自動車保険の保険料について考える時間をつくると良いと思います。

  • 自動車保険の保険料は環境が変わると増減する
  • 自動車保険の保険料は事故を起こしていると増減する
  • 何もしていなくても年齢が上がり保険料が増減する場合もある
  • 最適な保険会社も変わっている場合もあるので、毎年チェックする


自分にあった一番安い自動車保険を見つける

自動車保険に入る時に一括見積りを利用したら、同じ保障内容で、保険料が100,500円⇒65,050円と35,450円も安くなりました。

保険スクエアbang!では最大19社の見積もりを一括で取ることができ、自分にあった保険が安く見つかります。

申込は3分ほどで終わります。

自動車保険の一括見積り(無料)

一括見積もりできる保険会社

  • あいおいニッセイ同和損保
  • アクサダイレクト
  • 朝日火災
  • イーデザイン損保
  • AIU保険
  • SBI損保
  • 共栄火災
  • セコム損保
  • セゾン自動車火災保険株式会社
  • GENERALI(ゼネラリ)
  • ソニー損保
  • 損保ジャパン日本興亜損保
  • そんぽ24
  • ZURICH(チューリッヒ)
  • 東京海上日動
  • 富士火災
  • 三井住友海上
  • 三井ダイレクト
  • 全労済


車を高く売るには無料の一括査定がおすすめ

私がヴォクシーを一括査定で複数の買取会社に査定依頼したら、一番高い会社と一番低い会社で差が36万5000円もありました。(下取り価格との差は50万円以上)

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、査定サービスの中で最も高額査定になりました。運営会社は東証一部上場企業、参加買取店はJADRI加盟店のみ(有名店で固めている)で安心です。

1分ほどの入力ですぐに高額査定の会社が分かり、概算額も申込完了後すぐにわかります。

買取価格の一括査定(無料)

一括見積もりできる保険会社

  • ガリバー
  • カーセブン
  • アップル
  • TAX(タックス)
  • COWCOW(カウカウ)
  • 8710(ハナテン)
  • BIGMOTOR(ビッグモーター)
  • JUMP(ジャンプ)
  • CBOY(シーボーイ)
  • car-bb(カービービー)
  • Woodstock(ウッドストック)
  • AUTOMAX(オートマックス)

サブコンテンツ

このページの先頭へ