任意保険の保険料の相場と保険料を安くする方法

公開日:2015年10月19日

自動車保険に加入する際に最も気になるのは保険料ですが、自動車保険で必要となる補償は人それぞれですし、保険料は人それぞれが求める補償によって異なります。

そうは言っても多くの人が実際にどれくらいの保険料で加入しているのかは気になるところだと思いますので、保険料の相場金額を紹介します。

任意保険の保険料の相場

損害保険料算出機構が公表している2013年度の契約件数と保険料から、車種ごとの1件当たりの平均保険料を算出すると以下のようになります。

■任意保険の平均保険料

車種・用途 平均保険料
自家用乗用車(普通) 76,915円
自家用乗用車(小型) 59,157円
営業用乗用車 108,472円
軽自動車(乗用車) 46,818円
軽自動車(貨物車) 35,758円
二輪車 25,725円
原付 13,132円

出典:損害保険料算出機構

普通乗用車の平均保険料は76,915円、軽自動車は46,818円、営業用乗用車が108,472円となっており、自動車の排気量、使用頻度に応じて保険料が増減していることがわかります。

上記はあくまで全契約の平均金額ですので、実際に加入している人の保険料は大きく異なりあくまで目安です。

なるべく保険料を安くしたいという人の多くは、この平均額を大きく下回った金額で加入することができます。

自動車保険の加入方法はディーラーや修理工場などから加入する代理店経由と、自分でインターネット経由で加入するダイレクト型の自動車保険があります。

無駄なコストがかからないダイレクト型の自動車保険の保険料は代理店型の自動車保険よりも保険料が安くなっています。

代理店型の自動車保険にはダイレクト型の保険にないきめ細かいサービスがありますので、どちらが良いかは人それぞれで判断をする必要がありますが、保険料を優先するならダイレクト型の保険を選ぶことでほぼ確実に保険料を安くすることができます。

上述した平均保険料は代理店型とダイレクト型の両方が含まれていますので、平均的な補償内容であってもダイレクト型の保険を選択すれば平均よりも安い保険料で自動車保険に加入することができます。

さらにダイレクト型の自動車保険の中でも、複数の損保会社の保険料を比較することで最も安い自動車保険を選ぶことができます。

複数の保険を比較するには一括見積サービスを利用して多くの保険会社から見積もりを取ることがポイントです。

1社ずつ見積もりを取るよりも手間は数段少なくて済みますので、保険料を安くしたい人はぜひ利用したいサービスです。


自分にあった一番安い自動車保険を見つける

自動車保険に入る時に一括見積りを利用したら、同じ保障内容で、保険料が100,500円⇒65,050円と35,450円も安くなりました。

保険スクエアbang!では最大19社の見積もりを一括で取ることができ、自分にあった保険が安く見つかります。

申込は3分ほどで終わります。

自動車保険の一括見積り(無料)

一括見積もりできる保険会社

  • あいおいニッセイ同和損保
  • アクサダイレクト
  • 朝日火災
  • イーデザイン損保
  • AIU保険
  • SBI損保
  • 共栄火災
  • セコム損保
  • セゾン自動車火災保険株式会社
  • GENERALI(ゼネラリ)
  • ソニー損保
  • 損保ジャパン日本興亜損保
  • そんぽ24
  • ZURICH(チューリッヒ)
  • 東京海上日動
  • 富士火災
  • 三井住友海上
  • 三井ダイレクト
  • 全労済


車を高く売るには無料の一括査定がおすすめ

私がヴォクシーを一括査定で複数の買取会社に査定依頼したら、一番高い会社と一番低い会社で差が36万5000円もありました。(下取り価格との差は50万円以上)

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、査定サービスの中で最も高額査定になりました。運営会社は東証一部上場企業、参加買取店はJADRI加盟店のみ(有名店で固めている)で安心です。

1分ほどの入力ですぐに高額査定の会社が分かり、概算額も申込完了後すぐにわかります。

買取価格の一括査定(無料)

一括見積もりできる保険会社

  • ガリバー
  • カーセブン
  • アップル
  • TAX(タックス)
  • COWCOW(カウカウ)
  • 8710(ハナテン)
  • BIGMOTOR(ビッグモーター)
  • JUMP(ジャンプ)
  • CBOY(シーボーイ)
  • car-bb(カービービー)
  • Woodstock(ウッドストック)
  • AUTOMAX(オートマックス)

サブコンテンツ

このページの先頭へ