財務格付けやソルベンシーマージン比率で保険会社を比較

公開日:2015年10月27日

保険会社を比較する上で、信頼できるかどうかも重要になってきますが、信頼できるかどうかの一つの指標として会社として健全な財務体質になっているかどうかをチェックする方法があります。

保険会社も営利企業である以上倒産する可能性もありますし、企業の業績が悪ければ保険金の支払い条件が悪化するという恐れもあります。

過去には保険会社の不払いも問題になりましたしね。そのような不正が100%ないかということを見抜くのは困難ですが、最低限の財務力や格付けは問題ないという点はチェックしておきましょう。

財務比率や格付けで自動車保険会社を比較するポイント

■財務比率や格付けで自動車保険会社を比較するポイント

  • 保険金の支払い余力を表すソルベンシーマージン比率
  • 保険会社の財務体質全般を評価する格付け

保険会社に求めるのは保険金の確実な支払いですが、その支払いの余力がどの程度あるかを表す指標としてソルベンシーマージン比率があります。

保険会社の自己資本で通常の予測を超える大きな損害をどれだけカバーしているかで計算がされる指標で、一般的には200%を下回ると健全性に問題があるとされています。200%を下回ると金融庁から早期是正措置も出ますので危険な状態になります。

まずは200%を上回っていること、またなるべく大きな数値となっていることを確認します。

次に格付けもチェックするポイントです。

格付けは財務のデータを評価して「A」とか「B」とわかりやすく示したもので、財務データの全般的な健全性を知ることができます。高ければ高いほどよく、通常はアルファベットとプラスマイナスで評価を表し、A+→A→B+→Bとなるほど悪くなります。

格付けをしている機関もいくつかあり、有名なところではS&P(スタンダードアンドプアーズ)やムーディーズなどがあります。


財務比率や格付けで自動車保険会社を比較

主要なダイレクト型保険会社のソルベンシーマージン比率と格付けは以下の通りです。

■財務比率や格付けで自動車保険会社を比較

保険会社 ソルベンシーマージン比率 財務力格付け
ソニー損保 504.2%
(2013年3月期)
三井ダイレクト 429.4%
(2013年3月期)
SBI損保 342.5%
(2013年3月期)
チューリッヒ 443.1%
(2013年12月時点)
イーデザイン損保 1,077.0%
(2013年3月時点)
セゾン自動車火災 1193.6%
(2013年3月時点)

(日本格付研究所(JCR))
そんぽ24 708.1%
(2013年3月時点)
アクサダイレクト 782.8%
(2013年3月時点)
AA-
(S&P AXAグループ格付け)

※2014年3月27日時点の各社WEBサイト情報をもとに作成

ダイレクト系の保険会社は設立から歴史が浅い会社も多く、格付けについては取得していない会社も多いですが、ソルベンシーマージン比率は下回ると健全性に問題があるとされている200%を大きく上回っているので、保険金の支払という面では現状問題ないということになります。

今の段階で問題があっては大変ですが、このような財務の指標は継続的に追っていくと、業績が悪化した場合に早めに察知することができるようになりますので気になる方はチェックしていきましょう。

また、ダイレクト型保険会社で財務力格付けを取得しているのはセゾン自動車火災とアクサダイレクトです。

この2社はソルベンシーマージン比率も700%を超え高く、ソルベンシーマージン比率が1,000%を超えているイーデザイン損保と合わせた3社は安全性が高いダイレクト型の保険会社といえます。

ソルベンシーマージン比率については他社の水準が低いというわけではないので、これらの指標をもとに加入する保険会社を絞ってしまうのはよくありませんが、安全性が少しでも高い保険会社の保険に加入がしたいという場合は、これらの3社から選択すると良いでしょう。


自分にあった一番安い自動車保険を見つける

自動車保険に入る時に一括見積りを利用したら、同じ保障内容で、保険料が100,500円⇒65,050円と35,450円も安くなりました。

保険スクエアbang!では最大19社の見積もりを一括で取ることができ、自分にあった保険が安く見つかります。

申込は3分ほどで終わります。

自動車保険の一括見積り(無料)

一括見積もりできる保険会社

  • あいおいニッセイ同和損保
  • アクサダイレクト
  • 朝日火災
  • イーデザイン損保
  • AIU保険
  • SBI損保
  • 共栄火災
  • セコム損保
  • セゾン自動車火災保険株式会社
  • GENERALI(ゼネラリ)
  • ソニー損保
  • 損保ジャパン日本興亜損保
  • そんぽ24
  • ZURICH(チューリッヒ)
  • 東京海上日動
  • 富士火災
  • 三井住友海上
  • 三井ダイレクト
  • 全労済


車を高く売るには無料の一括査定がおすすめ

私がヴォクシーを一括査定で複数の買取会社に査定依頼したら、一番高い会社と一番低い会社で差が36万5000円もありました。(下取り価格との差は50万円以上)

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、査定サービスの中で最も高額査定になりました。運営会社は東証一部上場企業、参加買取店はJADRI加盟店のみ(有名店で固めている)で安心です。

1分ほどの入力ですぐに高額査定の会社が分かり、概算額も申込完了後すぐにわかります。

買取価格の一括査定(無料)

一括見積もりできる保険会社

  • ガリバー
  • カーセブン
  • アップル
  • TAX(タックス)
  • COWCOW(カウカウ)
  • 8710(ハナテン)
  • BIGMOTOR(ビッグモーター)
  • JUMP(ジャンプ)
  • CBOY(シーボーイ)
  • car-bb(カービービー)
  • Woodstock(ウッドストック)
  • AUTOMAX(オートマックス)

サブコンテンツ

このページの先頭へ