自転車も左側通行をしていないと道路交通法違反になる

公開日:2015年10月25日

2013年12月から自転車も左側通行が原則となり、右側の路側帯を走行することは禁止されています。

右側の路側帯を走行していない場合、罰金などの罰則もあり自転車の交通ルール整備が進められています。


自転車が右側の路側帯を逆走した場合の罰則

■自転車が右側の路側帯を逆走した場合の罰則

  • 3カ月以下の懲役または5万円以下の罰金

元々自転車は道路交通法上は自動車と同じ「車両」として扱われており、原則は車道通行となっています。

車道の左端を走行しないといけないことになっており、道路標識等で認められている場合ややむをえない場合のみ歩道を走行することができます。

歩道がない道路を走行する場合は路側帯を走行することになりますが、路側帯を走行する場合は左側を走行しないといけず、右側の路側帯を走行することは禁止されています。

右側の路側帯を走行していると正面衝突の危険があることは以前から指摘されており、2013年についにルール化されることになりました。

右側の路側帯を走行した場合は3カ月以下の懲役または5万円以下の罰金が科せられます。

bicycle-rule01
※出典:警視庁


自転車の違反で逮捕者も出ている

自転車の違反は道路交通法上は違反となっているものの、現場では注意などにとどまり、実際に検挙されたり、まして逮捕されることはまずないと考えている人も多いと思います。

自転車の交通違反は軽微なことが多く、免許を所持している人も少ないので、検挙されることは少ないですが、昨今自転車による事故や危険運転が増えていることもあり、逮捕されている人も出ています。

2013年上半期の自転車による取り締まり件数は1,484件に上り、遮断中の踏切への立ち入り、信号無視、ブレーキ不良運転が多くなっています。

いずれも重大な事故につながりかねない危険な違反が取締の対象になっています。

■取締の多い自転車の違反

  • 遮断中の踏切への立ち入り
  • 信号無視
  • ブレーキ不良運転

警察はしばらくの間ルール浸透に努めると予想されるので、右側の路側帯走行の検挙がすぐに大幅に増えるとは考えづらいですが、危険度では取締の多い違反と同じかそれ以上ですので、徐々に取締が増えていくことになるでしょう。

都内では自転車ブームから、自転車による事故が多くなってきており危険度も増しています。取り締まりが強化されるのは当然の流れで、道路交通法についても厳罰化の流れになっていくでしょう。

ルールも変わっていますので、自分が自転車を運転する際には「知らなかった」で済みませんので、定期的に自転車のルールは確認するようにしておきましょう。


自分にあった一番安い自動車保険を見つける

自動車保険に入る時に一括見積りを利用したら、同じ保障内容で、保険料が100,500円⇒65,050円と35,450円も安くなりました。

保険スクエアbang!では最大19社の見積もりを一括で取ることができ、自分にあった保険が安く見つかります。

申込は3分ほどで終わります。

自動車保険の一括見積り(無料)

一括見積もりできる保険会社

  • あいおいニッセイ同和損保
  • アクサダイレクト
  • 朝日火災
  • イーデザイン損保
  • AIU保険
  • SBI損保
  • 共栄火災
  • セコム損保
  • セゾン自動車火災保険株式会社
  • GENERALI(ゼネラリ)
  • ソニー損保
  • 損保ジャパン日本興亜損保
  • そんぽ24
  • ZURICH(チューリッヒ)
  • 東京海上日動
  • 富士火災
  • 三井住友海上
  • 三井ダイレクト
  • 全労済


車を高く売るには無料の一括査定がおすすめ

私がヴォクシーを一括査定で複数の買取会社に査定依頼したら、一番高い会社と一番低い会社で差が36万5000円もありました。(下取り価格との差は50万円以上)

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、査定サービスの中で最も高額査定になりました。運営会社は東証一部上場企業、参加買取店はJADRI加盟店のみ(有名店で固めている)で安心です。

1分ほどの入力ですぐに高額査定の会社が分かり、概算額も申込完了後すぐにわかります。

買取価格の一括査定(無料)

一括見積もりできる保険会社

  • ガリバー
  • カーセブン
  • アップル
  • TAX(タックス)
  • COWCOW(カウカウ)
  • 8710(ハナテン)
  • BIGMOTOR(ビッグモーター)
  • JUMP(ジャンプ)
  • CBOY(シーボーイ)
  • car-bb(カービービー)
  • Woodstock(ウッドストック)
  • AUTOMAX(オートマックス)

サブコンテンツ

このページの先頭へ