主な道路交通法違反の違反点数と反則金

公開日:2015年10月25日

交通違反には様々なものがあり、それぞれ犯すと違反点数と反則金が科せられます。

違反点数がたまると免許停止や免許取消ということもありますので、免停が近い人やゴールド免許の取得を目指している人は特に注意して運転する必要があります。

本記事では主な道交法違反となる違反と違反点数、反則金を見ていきます。


主な道路交通法違反の違反点数と反則金

主な道路交通法違反の違反点数と反則金は以下の通りです。

■主な道路交通法違反の違反点数と反則金

違反内容 違反点数 罰則
スピード違反(50km以上) 12点 6月以下の懲役又は10万円以下の罰金
スピード違反(30km-49km) 6点 6月以下の懲役又は10万円以下の罰金
スピード違反(25km-29km) 3点 18,000円
スピード違反(20km-24km) 2点 15,000円
スピード違反(15km-19km) 1点 12,000円
スピード違反(15km未満) 1点 9,000円
無免許運転 19点 1年以下の懲役又は30万円以下の罰金
安全運転義務違反 2点 9,000円
踏切不停止 2点 9,000円
指定場所一時不停止 2点 7,000円
整備不良(制動装置等) 2点 9,000円
整備不良(尾灯等) 1点 7,000円
騒音運転等、消音器不備違反 2点 6,000円
積載物重量制限超過普通等10割以上 3点 35,000円
通行禁止違反 2点 7,000円
歩行者用道路徐行違反 2点 7,000円
通行区分違反 2点 9,000円
急ブレーキ禁止違反 2点 7,000円
法定横断等禁止違反 2点 7,000円
追越し違反 2点 9,000円
交差点安全進行義務違反 2点 9,000円
徐行場所違反 2点 7,000円
安全地帯徐行違反 2点 7,000円
本線車道横断等禁止違反 2点 9,000円
高速自動車国道等運転者遵守事項違反 2点 9,000円
免許条件違反 2点 7,000円
通行許可条件違反 1点 4,000円
通行帯違反 1点 6,000円
路線バス等優先通行帯違反 1点 6,000円
軌道敷内違反 1点 4,000円
道路外出右左折方法違反 1点 4,000円
指定横断等禁止違反 1点 6,000円
進路変更禁止違反 1点 6,000円
交差点右左折方法違反 1点 4,000円
指定通行区分違反 1点 6,000円
交差点等進入禁止違反 1点 6,000円
減光等義務違反 1点 6,000円
合図制限違反 1点 6,000円
警音器吹鳴義務違反 1点 6,000円
乗車積載方法違反 1点 6,000円
制限外許可条件違反 1点 4,000円
牽引違反 1点 6,000円
転落等防止措置義務違反 1点 6,000円
転落積載物等危険防止措置義務違反 1点 6,000円
停止措置義務違反 1点 6,000円
初心運転者等保護義務違反 1点 6,000円
初心運転者標識表示義務違反 1点 4,000円
最低速度違反 1点 6,000円
本線車道出入方法違反 1点 4,000円
牽引自動車本線車道通行帯違反 1点 6,000円
故障車両表示義務違反 1点 6,000円
仮免許練習標識表示義務違反 1点 6,000円

ここであげた違反は一部ですので、道交法違反となるものはきりがないほどたくさんあります。

一発で免停や取消となる重大な違反行為や違反点数1点の軽微な違反については別の記事で紹介していますので参考にしてください。

毎日運転していると、無違反というのは中々厳しいですが、5年間無事故無違反を継続してゴールド免許になると、ゴールド免許割引など自動車保険で大きな割引を受けることもできますので、何とか無事故無違反を目指したいですね。


反則金を支払わないと逮捕される?

たまに「反則金を支払わないと逮捕された」ということを聞くことがあります。

結論から言うと、反則金を支払わなかっただけでは逮捕されることはありませんが、交通違反を犯しておきながら警察を無視していると逮捕される可能性はあります。

道路交通法上、刑事上の責任として、懲役または反則金が科せられます。

道路交通法上の反則金制度とは、軽微な違反者に対する簡易的な措置として反則金を納めることで刑事上の責任を果たしたとするための制度です。

反則金の支払いは任意となっており、支払わなかった場合は刑事事件となり、懲役や罰金などの刑事罰が下されることになります。

刑事事件となると、多くは交通裁判所等に出頭して、略式の裁判で罰金を科せられることになります。

そのため、反則金を支払わないでいると、刑事手続きが始まり交通裁判所への出頭要請が来ることになりますが、これを無視していると、場合によっては「逃亡や証拠隠滅の恐れあり」ということで、警察が逮捕状をとり逮捕されることがあります。

たまにニュースなどで出る「交通違反して反則金を支払われなかった結果、逮捕された」というのは、このように再三の出頭要請を無視している場合に起きることなのです。

反則金を支払わなかっただけで逮捕されるわけではないという点では安心ですが、態度を間違えると逮捕につながることもあるので、反則金で済むうちは素直に支払うのが賢明で、万が一刑事事件になった場合は警察のいうことに従い出頭要請には必ず応えるのが安全です。


自分にあった一番安い自動車保険を見つける

自動車保険に入る時に一括見積りを利用したら、同じ保障内容で、保険料が100,500円⇒65,050円と35,450円も安くなりました。

保険スクエアbang!では最大19社の見積もりを一括で取ることができ、自分にあった保険が安く見つかります。

申込は3分ほどで終わります。

自動車保険の一括見積り(無料)

一括見積もりできる保険会社

  • あいおいニッセイ同和損保
  • アクサダイレクト
  • 朝日火災
  • イーデザイン損保
  • AIU保険
  • SBI損保
  • 共栄火災
  • セコム損保
  • セゾン自動車火災保険株式会社
  • GENERALI(ゼネラリ)
  • ソニー損保
  • 損保ジャパン日本興亜損保
  • そんぽ24
  • ZURICH(チューリッヒ)
  • 東京海上日動
  • 富士火災
  • 三井住友海上
  • 三井ダイレクト
  • 全労済


車を高く売るには無料の一括査定がおすすめ

私がヴォクシーを一括査定で複数の買取会社に査定依頼したら、一番高い会社と一番低い会社で差が36万5000円もありました。(下取り価格との差は50万円以上)

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、査定サービスの中で最も高額査定になりました。運営会社は東証一部上場企業、参加買取店はJADRI加盟店のみ(有名店で固めている)で安心です。

1分ほどの入力ですぐに高額査定の会社が分かり、概算額も申込完了後すぐにわかります。

買取価格の一括査定(無料)

一括見積もりできる保険会社

  • ガリバー
  • カーセブン
  • アップル
  • TAX(タックス)
  • COWCOW(カウカウ)
  • 8710(ハナテン)
  • BIGMOTOR(ビッグモーター)
  • JUMP(ジャンプ)
  • CBOY(シーボーイ)
  • car-bb(カービービー)
  • Woodstock(ウッドストック)
  • AUTOMAX(オートマックス)

サブコンテンツ

このページの先頭へ