ゴールド免許の保有割合が半数以上となる原因

公開日:2015年10月26日

自動車保険ではゴールド免許割引などがあり、保険料の割引がありますね。

ゴールド免許とは優良運転者に交付される免許証のことで、有効期限部分がゴールドであるためゴールド免許と呼ばれるものです。免許証にも「優良」の2文字が刻まれ優良ドライバーの証であるといえます。

少なくとも5年間は無違反を継続しないとゴールド免許を取ることはできないので、リスクの小さいドライバーという証明になり自動車保険でも割引を受けることができます。


ゴールド免許の保有割合は?

毎日のように運転する方だと、何かしら違反を犯してしまうことから縁遠く感じる方もいらっしゃると思いますが、全免許保有者のうちゴールド免許保有者の割合は約52%とかなり高い割合になっています。

以下の表は警察庁が公表している、運転者区分別の講習受講者の数の推移です。

各年に講習を受講する割合が受講者区分ごとに同じだとすると、以下の免許証区分の割合が世の中の免許証区分の割合であるといえます。

■運転者区分別の講習受講者の数の推移
gold-menkyo
出典:警察庁ホームページ

平成24年(2012年)を見ると総受講者数15,964,845名に対して、ゴールド免許を持つ優良運転者は8,298,364名となっており、その割合は約52%となっています。


ゴールド免許の大半はペーパードライバー?

割合を見ると、半数以上の人がゴールド免許となります。

以前自動車保険のCMで「半数以上がゴールド免許保有者です」と謳うものがあり、多くのドライバーの方は驚かれたと思いますが、今回確認した結果も似た結果になっています。

感覚値とのずれの原因は、優良運転者の多くにはペーパードライバーが含まれるからです。

ペーパードライバーは免許証を取得してから車を運転せずに更新を続けているドライバーで、無違反5年でゴールド免許を取得できることから免許取得後、5年間運転をしなくても自動的にゴールド免許証となります。

ペーパードライバーがどの程度含まれるかはデータがなく、ペーパードライバーの定義もあやふやなため不明ですが、感覚値としては半分近くペーパードライバーの可能性もあると思います。

このような状況の中、保険会社が揃ってゴールド免許所有者に大きな割引をしているのは、ペーパードライバーのゴールド免許保有者が事故を起こしたとしても補ってしまうほどゴールド免許所有者全体の事故率が低いということを表していますね。

そもそもペーパードライバーは運転しないから事故率が低いという可能性もありますが、ゴールド免許所有者は事故率、リスクの低い保険会社にとっても車社会にとっても良いドライバーですね。

毎日のように運転をしているとゴールド免許の取得条件である5年間無違反というのはかなり難しいですが、保険料の割引も大きいのですべてのドライバーはゴールド免許を目指したいですね。

  • ゴールド免許証の所有割合は約52%
  • ゴールド免許所有者の中にはペーパードライバーも含まれる


ゴールド免許になった場合の保険料への影響

自動車保険の保険料は、ほとんどの保険会社が、事故を起こすリスクによって様々な項目を評価して保険料を決める「リスク細分型」の保険料を採用しています。

免許証の色によっても保険料が変わり、ゴールド免許になるとゴールド免許割引の適用を受けることができ、3%から8%程度保険料の割引になります。

  • ゴールド免許になると、多くの保険会社でゴールド免許割引を受けることができ、保険会社によって3%から8%保険料の割引を受けることができる

年間保険料が10万円であれば3,000円から8,000円の割引になるので、結構大きな割引になります。ゴールド免許は優良ドライバーの証でもありますので、当然といえば当然でしょうか。

なお、ゴールド免許割引の適用を受けるには、自動車保険の契約時点でゴールド免許である必要があります。

そのため、契約期間中に免許証の更新があって、ゴールド免許になってもゴールド免許割引を受けることができるのは次回の更新からになります。

逆に、更新の時にゴールド免許でなくなったとしても、保険料が高くなるのは翌年からです。ゴールド免許割引は契約時点の免許の色によって適用されると覚えておきましょう。


自分にあった一番安い自動車保険を見つける

自動車保険に入る時に一括見積りを利用したら、同じ保障内容で、保険料が100,500円⇒65,050円と35,450円も安くなりました。

保険スクエアbang!では最大19社の見積もりを一括で取ることができ、自分にあった保険が安く見つかります。

申込は3分ほどで終わります。

自動車保険の一括見積り(無料)

一括見積もりできる保険会社

  • あいおいニッセイ同和損保
  • アクサダイレクト
  • 朝日火災
  • イーデザイン損保
  • AIU保険
  • SBI損保
  • 共栄火災
  • セコム損保
  • セゾン自動車火災保険株式会社
  • GENERALI(ゼネラリ)
  • ソニー損保
  • 損保ジャパン日本興亜損保
  • そんぽ24
  • ZURICH(チューリッヒ)
  • 東京海上日動
  • 富士火災
  • 三井住友海上
  • 三井ダイレクト
  • 全労済


車を高く売るには無料の一括査定がおすすめ

私がヴォクシーを一括査定で複数の買取会社に査定依頼したら、一番高い会社と一番低い会社で差が36万5000円もありました。(下取り価格との差は50万円以上)

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、査定サービスの中で最も高額査定になりました。運営会社は東証一部上場企業、参加買取店はJADRI加盟店のみ(有名店で固めている)で安心です。

1分ほどの入力ですぐに高額査定の会社が分かり、概算額も申込完了後すぐにわかります。

買取価格の一括査定(無料)

一括見積もりできる保険会社

  • ガリバー
  • カーセブン
  • アップル
  • TAX(タックス)
  • COWCOW(カウカウ)
  • 8710(ハナテン)
  • BIGMOTOR(ビッグモーター)
  • JUMP(ジャンプ)
  • CBOY(シーボーイ)
  • car-bb(カービービー)
  • Woodstock(ウッドストック)
  • AUTOMAX(オートマックス)

サブコンテンツ

このページの先頭へ