仕事でバイクを使用する場合のバイク保険の3つの注意点

公開日:2015年10月30日

レジャーや通勤だけでなく、営業用に使用している方もいると思いますが、車の任意保険と同様にバイクの場合も業務用で使用する場合には保険の契約内容に注意する必要があります。

脱サラをして今までプライベート利用だけだったバイクを営業車として使用する場合なども同様に注意が必要ですので確認しましょう。

仕事でバイクを使用する場合のバイク保険の注意点

仕事でバイクを使用する場合、以下の点に注意する必要があります。

■仕事でバイクを使用する場合のバイク保険の注意点

  • バイク保険の使用目的を「業務用」とする
  • 会社の規定を確認する
  • 事故にあう確率が高くなることを自覚する

バイク保険の使用目的を「業務用」とする

多くの保険会社では保険契約の際にバイクの使用目的を申告させていますが、一般的に使用目的は「業務利用」「通勤通学用」「レジャー日常利用」に分類され、それぞれの利用頻度、事故率などから保険料が決まっています。

そのためバイクを営業用として利用する際はこの使用目的を「営業用」として申告する必要があります。

契約期間中に今まで日常利用だったバイクを営業用として利用する場合にも変更の連絡を保険会社へする必要があり、その際に保険料は再計算され、必要に応じて追加保険料の支払いが発生することもあります。

ばれないと思って保険会社に連絡をしていないと、万が一の事故の時に営業利用していたことがばれると保険金が支払われない可能性もありますので絶対に連絡するようにしましょう。

車両の使用目的は保険会社への告知義務のある項目ですので、変更があったのに変更を届け出ていないと最悪契約を解除されることもあるので、注意が必要です。


会社の規定を確認する

また会社に勤めていて自分の車を営業車として利用する場合、事故時の修理費用などがどうなるのか会社に確認をしておくようにしましょう。

事故時の保険の扱いや修理費用の負担について認識のずれがあると、バイク保険の補償がずれていて会社側とトラブルになる可能性もあります。

逆に修理費用を会社が負担してくれるのに自分で任意保険で補償を用意していると、保険料がその分無駄になり高い保険料を負担する必要が出てしまいますのでもったいないです。

このように自分のバイクを業務用で利用して、会社が何かしら補償を用意してくれている場合、自分のバイク保険と補償がだぶったり、漏れがないようにしておくことは重要です。


事故にあう確率が高くなることを自覚する

さらに業務で利用するということは日常利用と比較すると運転頻度・距離が大きく増加することが一般的です。

運転頻度や距離が上がると事故率も当然上がりますので、事故は起こるものだと考えて、補償も現実的にいくら必要かということをより重視して、補償が足りなかったということは防ぐようにすることが重要です。

これまでレジャー利用だけしていた人などは、その感覚で保険を準備することも多いですが、業務利用とレジャー利用は色々違うことがありますので、その点を理解して保険を検討するようにしましょう。

  • 仕事でバイクを利用する場合は必ず使用目的を「業務用」とする
  • 事故時の会社側の補償を確認しておく
  • 事故が起きやすくなることを考え補償は慎重に選ぶ


自分にあった一番安い自動車保険を見つける

自動車保険に入る時に一括見積りを利用したら、同じ保障内容で、保険料が100,500円⇒65,050円と35,450円も安くなりました。

保険スクエアbang!では最大19社の見積もりを一括で取ることができ、自分にあった保険が安く見つかります。

申込は3分ほどで終わります。

自動車保険の一括見積り(無料)

一括見積もりできる保険会社

  • あいおいニッセイ同和損保
  • アクサダイレクト
  • 朝日火災
  • イーデザイン損保
  • AIU保険
  • SBI損保
  • 共栄火災
  • セコム損保
  • セゾン自動車火災保険株式会社
  • GENERALI(ゼネラリ)
  • ソニー損保
  • 損保ジャパン日本興亜損保
  • そんぽ24
  • ZURICH(チューリッヒ)
  • 東京海上日動
  • 富士火災
  • 三井住友海上
  • 三井ダイレクト
  • 全労済


車を高く売るには無料の一括査定がおすすめ

私がヴォクシーを一括査定で複数の買取会社に査定依頼したら、一番高い会社と一番低い会社で差が36万5000円もありました。(下取り価格との差は50万円以上)

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、査定サービスの中で最も高額査定になりました。運営会社は東証一部上場企業、参加買取店はJADRI加盟店のみ(有名店で固めている)で安心です。

1分ほどの入力ですぐに高額査定の会社が分かり、概算額も申込完了後すぐにわかります。

買取価格の一括査定(無料)

一括見積もりできる保険会社

  • ガリバー
  • カーセブン
  • アップル
  • TAX(タックス)
  • COWCOW(カウカウ)
  • 8710(ハナテン)
  • BIGMOTOR(ビッグモーター)
  • JUMP(ジャンプ)
  • CBOY(シーボーイ)
  • car-bb(カービービー)
  • Woodstock(ウッドストック)
  • AUTOMAX(オートマックス)

サブコンテンツ

このページの先頭へ