バイクと自動車を所有している場合のファミリーバイク特約の活用

公開日:2015年10月30日

自動車とバイクを所有している場合、当然ながら保険は自動車とバイク両方にかけておく必要があります。

バイクの任意保険にはバイク保険という商品がありますので、自動車とバイクそれぞれ任意保険に加入するというのが最もシンプルな発想ですが、自動車保険の保険会社、加入保険によってはファミリーバイク特約に加入することができることがあり、保険料がお得になることがあるので検討すると良いです。

ファミリーバイク特約とは

ファミリーバイク特約とは

  • ファミリーバイク特約とは自動車保険の特約で、記名被保険者と家族が125CC以下のバイクで起こした事故の損害を自動車保険と同じ内容で補償する

ファミリーバイク特約とは自動車保険に加入している場合に付加できる特約で、自動車保険の記名被保険者とその家族であれば、125CC以下のバイクで起こした事故の損害を自動車保険と同じ内容の補償をすることができます。

特約を付加することによる追加の保険料は年間数千円程度で、バイク保険に単独で加入するのに比べて保険料が割安になる点が特徴です。

そのため自動車とバイクを所有している場合、まず自動車の方の保険にファミリーバイク特約を付加するという方法を検討すると良いです。


ファミリーバイク特約のメリット、デメリット

自動車保険のファミリーバイク特約には以下のメリット、デメリットがありますので、これらを考慮した上でバイク保険に加入するのか、自動車保険のファミリーバイク特約を付加するのかを検討する必要があります。

■ファミリーバイク特約のメリット

  • 保険料が単独でバイク保険に加入した場合よりも割安になる
  • 複数のバイクを所有していてもすべて補償の対象とすることができる
  • 記名被保険者とその家族であれば、自動車保険の契約者とバイクの所有者が別人でもよい

■ファミリーバイク特約のデメリット

  • 対象の車両は125CC以下のバイクに限られる
  • 補償が対人賠償保険、対物賠償保険、自損事故保険に限られる場合が多い

ファミリーバイク特約を利用した場合のメリットはやはり保険料で、年間数万円かかるバイク保険に対してファミリーバイク特約では年間数千円の保険料で補償を受けることが出来ます。

さらに記名被保険者の家族であれば、別居していてもまた複数台所有していても補償の対象となるのでファミリーで所有しているバイクを幅広に補償することができます。

また名称こそファミリーバイク特約ですが、家族である必要はなく独身者でも加入することができます。


ファミリーバイク特約の補償は対人賠償、対物賠償が基本

一方でファミリーバイク特約を検討する上で注意する点もあります。

ファミリーバイク特約の補償は対人賠償保険、対物賠償保険、自損事故保険で、人身傷害補償保険や搭乗者傷害保険、車両保険は対象外となることが多いです。

そのため自分や同乗者のけがや死亡に備えたい場合はファミリーバイク特約ではなく、バイク保険に加入して人身傷害補償保険や搭乗者傷害保険をつけた方がよいといえます。

車両保険についても同様で、バイク事故の修理費用などを保険で支払いたい場合はバイク保険に加入して車両保険を付帯させる必要があります。

バイクの場合は自動車よりも事故の時に被害者となることが多いです。そのため保険料も割高に感じることが多くあります。ただそれはそれだけリスクが高いということですので保険料と事故時の補償を天秤にかけて保険を決める必要があります。

また、同じ理由でバイクの車両保険も保険料が割高になっています。

さらに事故時の保険金額は全損の場合、契約車両の時価になりますので、カスタムなどを多くしている車両だと同じ車両に戻すための費用には足りないことが多いため、その点は覚悟しておく必要があります。

カスタムをするようなバイクに愛情がある方は特に事故を起こして愛車が損壊してしまわないよう、細心の注意を払う必要がありますね。

  • 自動車とバイクを所有している場合、自動車保険のファミリーバイク特約を利用すると保険料が割安になる
  • ファミリーバイク特約は家族であれば、複数バイクが補償の対象になる
  • ファミリーバイクの補償は対人、対物が基本で人身傷害、車両保険は別途必要になる

自分にあった一番安い自動車保険を見つける

自動車保険に入る時に一括見積りを利用したら、同じ保障内容で、保険料が100,500円⇒65,050円と35,450円も安くなりました。

保険スクエアbang!では最大19社の見積もりを一括で取ることができ、自分にあった保険が安く見つかります。

申込は3分ほどで終わります。

自動車保険の一括見積り(無料)

一括見積もりできる保険会社

  • あいおいニッセイ同和損保
  • アクサダイレクト
  • 朝日火災
  • イーデザイン損保
  • AIU保険
  • SBI損保
  • 共栄火災
  • セコム損保
  • セゾン自動車火災保険株式会社
  • GENERALI(ゼネラリ)
  • ソニー損保
  • 損保ジャパン日本興亜損保
  • そんぽ24
  • ZURICH(チューリッヒ)
  • 東京海上日動
  • 富士火災
  • 三井住友海上
  • 三井ダイレクト
  • 全労済


車を高く売るには無料の一括査定がおすすめ

私がヴォクシーを一括査定で複数の買取会社に査定依頼したら、一番高い会社と一番低い会社で差が36万5000円もありました。(下取り価格との差は50万円以上)

かんたん車査定ガイドは、最大10社から一括査定が受けられ、査定サービスの中で最も高額査定になりました。運営会社は東証一部上場企業、参加買取店はJADRI加盟店のみ(有名店で固めている)で安心です。

1分ほどの入力ですぐに高額査定の会社が分かり、概算額も申込完了後すぐにわかります。

買取価格の一括査定(無料)

一括見積もりできる保険会社

  • ガリバー
  • カーセブン
  • アップル
  • TAX(タックス)
  • COWCOW(カウカウ)
  • 8710(ハナテン)
  • BIGMOTOR(ビッグモーター)
  • JUMP(ジャンプ)
  • CBOY(シーボーイ)
  • car-bb(カービービー)
  • Woodstock(ウッドストック)
  • AUTOMAX(オートマックス)

サブコンテンツ

このページの先頭へ